June 21, 2018

◇フィリピン・マニラで晩ごはん 2018/05 - <2> イカのバタフライ揚げ???



salo 21

《 SALO PARK 》


*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*


《◇フィリピン・マニラで晩ごはん 2018/05 - <1> 屋台村風食ビル》の続きです。


前回は、屋台村風食ビルのご紹介だけに終わってしまったので、今回はオーダーした内容の報告です。



まずは何をさておき、必須不可欠 "San Miguel" ビール


salo 22

Pilsen 3本、Light 2本がバケツに入って運ばれてきました。

アイスペールには山盛りの氷。(フィリピンでは氷を入れるのが常識)

オープンプロモだとかでビールが格安!!! なんと45ペソ!!!

コンビニでも(缶入りだけど)50数ペソするこのご時勢に!?

更に更にアイスペールの氷は無料!




事情通がスターターにオーダーしてきてくれたのがこちら

salo 23

2Fメキシカン Amigo's Fil-Mex Cantina のバイトサイズタコス

お味、食べやすさという点意外に、この選択が後々に、

『吉』という結果をもたらすのでした。グッド・チョイス!!!




タコスをつまみながら、San Miguel をグビグビ。 すると事情通が

面白いイカ料理があるというのでオーダーしてきてもらいました。

salo 24

こちら番号札です。(この時点で意味不明)




やがて2F のお店から現物が運ばれてきました。 ↓

salo 25

料理名 《Giant Butterfly Squid》

多少歪んではいるものの、番号札にそっくりな物体が・・・。




salo 26

ちなみに、この手造り風の台の上に鎮座していました。



切り目を入れ揚げたイカを、逆さまにこの台に突き刺していたのです。



プラスティックのスプーン&フォーク、ビニール手袋がついてきます。

が、スプーン&フォークはフニャフニャ間違いなし!

「引きちぎった方が早いよ!」と両者同意見により、

salo 27

解体中の事情通



salo 28

解体されたイカは、先ほどのタコスのお皿にどんどん乗せられていきます。

というか、取り皿がないのでここに乗せるしかありません。

このお皿がなかったら、食べずらいことこの上なし。でも味はよし!!


「キッチン鋏があれば簡単なのに」と言うと、

「持って帰る奴がいるからだめだよ」と事情通。


なるほど、栓抜きもビールが入ったバケツにチェーンで繋がれていました。


salo 29

解体完了の図




salo 30

Above Sea Level

イカのバタフライ揚げを提供しているお店です。



メニューです。

salo 31

なんと、イカフライは4サイズもあったんだ! 3本セットまで!



イカフライは、これ一品で結構ボリュームがありました。

おまけにビールを何度もお代わりしているし、もう入らない。

といいつつ、何かおつまみがないとね。


結局、和食の大虎さんの

salo 32

こういうのや、


salo 33

こういうのをアテに)


ひたすら San Miguel のボトルを空にする夜でありました。


*イカのバタフライ揚げがお目当てなら、マイキッチン鋏持参をお勧めします。


* * *

SALO PARK

562 Julio Nakpil Street




* * * * *


にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ フィリピン旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ



本日も "ポチッ" よろしくお願いします。 m(_ _)m







facebookフィリピン雑貨のセレクトショップ、Filipiniana Select Shop HARANA の新製品情報などをお知らせしています。





 

  

June 14, 2018

◇フィリピン・マニラで晩ごはん 2018/05 - <1> 屋台村風食ビル


salo 01


*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*


《◇ PAL (フィリピン航空) の機内食 2018/05》 の続きです。



マニラに到着したその日のディナーは、

現地にほぼ移住しちゃった状態の日本人事情通と共に。



まだ明るい午後6時半過ぎ、グランドオープンして間もない

屋台村がある、と事情通に連れて行ってもらったのがこちら

↓ ↓ ↓



salo 02

コンテナを積み上げたようなアートなこのビル、

3階まであって、数軒の飲食店が入っています。




salo 03

1階の左側入り口から入ると、こんな感じ。


お好きなテーブルで、お好きな店の料理がいただけます。




上の画像のテーブル左側は、

salo 08

和食屋さん。 

以前和食のはしごをした(⇒)内の一軒、大虎さんの支店です。




右側はバー。

salo 15

こちらでドリンクをオーダー。

結局、ここで何度 San Miguel をお代わりしたことか・・・?




あ、ビルの中には右側、左側両方から入れますが、

salo 07

その丁度間、道路に面して Goto(お粥)屋がありました。




1階を奥に進むと、

salo 04

左は台湾料理、正面は見た目そのまま、たこ焼き屋。

右手の階段で2階に上がってみましょう。




salo 05

2階から階下を見下ろしたところ。




salo 06

2階には、韓国料理や、ビサヤスタイルのBBQ、




salo 09

シーフード料理、メキシコ料理、

画像はないけど、あとドリンク専門店も。





3階にはお店はないけども、居心地よさそうな席が用意されています。

salo 11




2階から3階を見上げて、一回りしてみましょう。

salo 10



salo 13



salo 14



入店したばかりの早い時間は客足も少なくて、大丈夫なのか?と

思いましたが、夜も更けるにつれどんどん人が集まってきて、

皆さん思い思いのテーブルで楽しんでいるようでした。



おーっっと、まだお料理の報告ができていません。

すみませんが、長くなりそうなのでひとまずこの辺で。

次回は、数時間飲み続けながらいただいたお料理を紹介します。




・・・ 続く ・・・







* * * * *


にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ フィリピン旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ



本日も "ポチッ" よろしくお願いします。 m(_ _)m







facebookフィリピン雑貨のセレクトショップ、Filipiniana Select Shop HARANA の新製品情報などをお知らせしています。





 

  

May 30, 2018

◇ PAL (フィリピン航空) の機内食 2018/05


pal


*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*


約半年ぶりにフィリピンに行ってきました。

自宅を出る瞬間からトラブル続出でしたが、

なんとか無事に帰ってきました。


いつものことですが、取り急ぎ機内の様子、及び機内食から。


* * *


往路。関空のチェックインカウンターで搭乗手続きをした後、ラウンジでふとボーディングパスに目をやると、「予約した席じゃない!」
まだ時間があったので、カウンターに戻りその旨告げると、JAL のネームプレートをつけたオネーサンに、「たまにあります」と『自分には関係ない』、といわんばかりにチケットを付き返されるも、引き下がることなく別の席に変えてもらったのでした。

なんだか先が思いやられる旅のはじまりでありました。



* * *


往路 PR407 : KIX - MNL


搭乗し、席について納得しました。

PR407-1

パーソナルモニターがない!!!

つまり、 「”上質な空の旅” を体感できる新仕様機」ではなっかったのです。

関空−マニラ間に飛ぶはすのA330ではなく、



PR407-2

A340-300!?

だから予約したシートじゃなかったんだ。納得。
(シート数、並び方がちがいます)



A330には、個人モニターと共にUSBポートが搭載されています。それで充電するのを見込んで空港に着くまでiponeで惜しみなくインターネットにアクセスしていたのです。
搭乗した頃にはバッテリー残量がかなり減っていました。マニラのホテルにチェックイするまでもつかな・・・

個人モニターがないので、ipad にインストールしたままの myPAL player(⇒ご参照) を起動してみました。



PR407-3

アクセスできたみたい。

いえ、ホーム画面だけかも。





PR407-5

あ、アクティブみたい。

PALのプログラム意外に映画やTVも観れそうです。




PR407-4

飛行状態も見ることができます。





安心したところで機内食

PR407-6

《Beef SUKIYAKI》

サラダ/卵焼き・煮物/スキヤキ&ご飯/フルーツ/水ようかん

チョイスは「ビーフスキヤキ」、または「フィッシュ・パスタ」でした。「フィッシュ・パスタ」って何? 今回サンプル写真の提示はなしでした。フィッシュ・パスタも気になりますが、日本発なら牛肉に間違いはないはず。冒険はやめておきました。
「スキヤキ」というより、牛丼でしたが十分満足できるレベルでした。 よかった「和」にしておいて。




* * * * *


復路: PR408 MNL - KIX


PR408-1

パーソナルモニター付き! 




PR408-2

予定通り、「”上質な空の旅” を体感できる新仕様機」A330でした!




モニターがあるからいいのですが、ちょっとトライ

PR408-3

今回は ipad で myPAL playerはアクセスできませんでした。




PR408-5

でも(条件付で)myPAL wi-fiにはアクセス可能です。





さて、機内食です。

PR408-6

《Pork Pasta》

ポテトサラダ/ポークソース&フェットチーネ/パン/
ドライマンゴ/チョコレート


チョイスは「ジャパニース・チキン」、または「ポークのなんやらパスタ」、ポークスライス入りソースがかかったパスタでした。
写真を見せられましたが、ろくに見もせずポークをチョイスしたのは言うまでもありません。
消去法で選んだポーク。それ自体、どうってことなく、半分くらいしか口にしませんでしたが、それよりも驚いたのが・・・



PR408-7


予想外のデザート!!!




PR408-9

前回 ビジネスクラスに採用されていたAUROのチョコ x 2枚!

それにあの絶品マンゴチョコのCebu Bestのドライマンゴ!


「和」を選んでいたお隣の席をチラッとみたら、

チョコもマンゴもなく、カップに入った何かがデザートの

ようでした。「洋」のチョイスで正解でしたね。




ということで、今日のところはこの辺で。


マニラで滞在記は、おいおいアップしていきます。

(【追記】: まずは、第一弾 ⇒ 




* * * * *


にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ フィリピン旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ



本日も "ポチッ" よろしくお願いします。 m(_ _)m







facebookフィリピン雑貨のセレクトショップ、Filipiniana Select Shop HARANA の新製品情報などをお知らせしています。





 


  

May 17, 2018

◇ フィリピンのプロビンス、”Ilocos Sur(南イロコス)”の伝統食を知る


naimas 1


*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*



naimas 2

"NAIMAS" は、イロカノ語で「おいしい」を意味するそうです。

"The Food Heritage of Ilocos Sur(南イロコスの食遺産)" の

サブタイトルがついたこの一冊は、文字通り南イロコスにおける

食の伝統を保持し、促進させることを目指しているということです。




naimas 3

南イロコス州は、ルソン島北西部、イロコス地方(Ilocos Region, Region I)に

属する州のひとつ。 イロコス地方全体としてならともかく、南イロコス州に

のみ特化しているとは、非常に興味深い一冊であることはまちがいありません。




筆者であり、編集者でもあるこの二名の序文から始まります。

naimas 4

Deogracias Victor "DV" B. Savellano

南イロコス州 副知事




naimas 5

Heny Sison

有名女性シェフ、クッキングスクール運営



実はこのお二人、以前チラリとだけですが、当ブログに登場しました。

[◇ お邸風フィリピン料理レストラン - Victorino's] として投稿した

イロコス地方の料理を提供するレストラン、Victorino's のオーナーです。




もうひとり、この本の完成に欠かせなかった人物がいます。

筆者の序文のあと、彼のプロローグが続きます。


naimas 6

Neal Oshima

写真家


当ブログではもう何度も何度も登場するほど、フィリピンの文化、

特に食文化に関する書籍には大きなかかわりをもつ重要な人物です。

面識はありませんが、長年お慕いもうしあげているのであります (^ ^;


全301頁、テキストよりも彼の写真の方が多くを占めていて、読み物という

だけでなく、写真集としても、いえむしろ私には写真集として楽しめます。


(Neal Oshima 氏に関する過去の投稿リスト ⇒ こちら をスクロールダウン!)



* * *


この本は、南イロコスの 32の町と 2つの都市へのフードトリップを通して、

文書化されたレシピと、旅行記、そして夜明けから日没まで、自然光だけで

撮影された息をのむようなすばらしい写真で成り立っています。



naimas 7

目次

この段階で、もうドキドキ、ワクワク。胸が高鳴ります。




naimas 8

内陸部・北部の章

ロマンティックでノスタルジックな街、

州都 Vigan から旅物語は始まります。




naimas 9

内陸部・南部の章

虫食った葉っぱも彼の手にかかればアートの域


この後、沿岸部の章へと続き、

naimas 10

レシピの章へ。

野菜、シーフード、肉類、パン&デザートのジャンルに

分かれて、53種類の伝統的レシピが網羅されています。

おなじみのロンガニーサやエンパナーダだけではありません。

この地方ならではの料理の数々をお楽しみください、もち写真付き!




* * *

naimas 11

NAIMAS! The Food Heritage of Ilocos Sur

By Deogracias Victor "DV" B. Savellano
&
Heny Sison

Photographer : Neal Oshima

Publisher: Sanicua Publication

ISBN-13: 9789719446736






* * * * *


にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ フィリピン旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ



本日も "ポチッ" よろしくお願いします。 m(_ _)m







facebookフィリピン雑貨のセレクトショップ、Filipiniana Select Shop HARANA の新製品情報などをお知らせしています。





 


  
Posted by harana at 15:29Comments(0)* BOOKS / 本 | * PEOPLE / 人物

April 28, 2018

◇ フィリピン製 "Bean to Bar" チョコレート


theophilo-5


*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*


今年のホーリーウィーク(聖週間)休暇には、様々なお土産を手にマニラから続々とP友が来日。いただいたお土産のひとつがフィリピン初の "Bean to Bar" ブランドと言われる "Theo&Philo" のチョコレート。

近頃話題の "Bean to Bar" とは、カカオ豆(bean) を選び、焙煎・粉砕するところから、板チョコ=チョコレートバー(bar)にするまでの製造過程を、ひとつの工房で行うことです。



いただいたのは、こちら

theophilo-1

フレーバーは、グリーンマンゴ&ソルト入りのダークチョコ




theophilo-2

パッケージの紙質は厚みがありしっかりしていて、箱と呼んでもいいくらい。



パケージの裏面から開封してみると、

theophilo-3

直接チョコレートを包むフォイルは、THEO&PHILO の文字と模様が入っています。

パッケージだけをとっても、作り手のこだわりを感じてしまいます。




theophilo-6

フォイルの反対面には、トップ写真のチョコレートの山が浮き出ています。
(トップ写真には写っていませんが、バーにはTHEO&PHILOの文字も入っています)




さて中身は?

theophilo-4

乾燥させたグリーンマンゴ(未熟のマンゴ)がたっぷり。ソルトはシーソルト。

グリーンマンゴの酸味と塩味が、バランスよくチョコの甘さと溶け合っています。



* * *

Theo&Philo は、自国で収穫された素材だけを厳選して最高のチョコレートづくりをしているとのこと。 数年前にマニラで開催される国際食品展 IFEX にも出展しているのを見かけ、数種類のフレーバーを買ったことがあります。 確かそのひとつが Labuyo(ラブヨ=唐辛子)入りだったかと。 メーカーのHPにアクセスしてみると、ほかにもフィリピンらしいフレーバーがありました。
例えば、
・Calamansi(カラマンシー);おなじみ、フィリピンを代表するシトラス入りです。
・Turon (トゥロン):バナナ入り揚げ春巻き Turon をイメージした、ドライバナナとゴマ入りミルクチョコ。
・Pili nut & Pinipig(ピリナッツ&ピ二ピグ):ビコール地方の特産品ピリナッツとはじけ米ピ二ピグの食感を活かしたミルクチョコ。
・Barako(バラコ)Coffee:フィリピン産イベリカ種バラコ豆入り
・Adobo(アドボ):なんと、フィリピンの代表的料理アドボフレーバー!? アドボの調味料である醤油とブラックペッパー入り。



そうそう、実はこの THeo&Philo は、日本にも進出しているのです。

今年のバレンタインデー前に、蔦屋書店・TSUTAYA の「気持ちを贈るチョコレート」フェア と題したイベントに採用されていました。アップする機会がなくて、今頃になってしまいましたが、その際の画像です。(大阪府・枚方市 T-SITE)↓


theophilo-7

theophilo-8

theophilo-9

 

蔦屋のイベントだけでなく、ELLE gourmet にまで採り上げられているし、なんといっても一番驚いたのは、日本語のHPまで存在していました。更に、取扱店は蔦屋だけではなかったのです。 ⇒お近くのショップ をチェックしてみてください。

尚、日本で紹介されているパッケージのデザインは、本投稿にアップした画像とは異なります。 (多分本国ではパッケージがリニューアルされているのでしょう。)また、本国サイトには、日本のサイトに紹介されていないフレーバーもあります。それらの違いが気になる方は、両方のサイトをご覧ください。 ⇒ [フィリピン サイト] [日本 サイト]

お値段は、当然フィリピンの方が安いです。 日本の1/3くらい。 フィリピンに行くチャンスがあれば、是非現地でお買い求めを! 日本にないフレーバーもあるしね。(^ ^)




* * * * *


にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ フィリピン旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ



本日も "ポチッ" よろしくお願いします。 m(_ _)m







facebookフィリピン雑貨のセレクトショップ、Filipiniana Select Shop HARANA の新製品情報などをお知らせしています。





 



  

April 10, 2018

◇ 近頃のフィリピン土産


phil souvenir 1


*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*


ご無沙汰しております。 休み癖がつき、久々の投稿となってしまいましたが (^ ^; 、今回はフィリピン旅行のお土産についてちょっとしたヒントをお届けします。

前回渡比した際、P友の一人から色々持たされました。 (失礼な言い方かもしれませんが、)ドライマンゴくらいしか持ち帰れるものがなかった以前と比べると、フィリピン土産もずいぶんあか抜けしたものです。(^ ^; 

トップ写真のお菓子類、ほぼ SM のフィリピン製品特設売り場(または Kultura)で購入されたものだと推測します。 



phil souvenir 2

お菓子類を入れて渡されたトートバッグも同様でしょう。 Made in the Philippines のタグがついていました。

思いのほか、どれも結構なお味。 仕事先にばら撒くお土産としては最適です。 近々フィリピン旅行を予定しておられる方々への参考になればと思います。



phil souvenir 3

フィリピン産チョコレート&レーズンのクッキーと

マンゴ&カシューナッツのクッキーのセットです。

見かけは地味ですが、素材はそれぞれ存在感があります。

飲み会に持参したところ、好評でほっとしました。





phil souvenir 4

流行の波に乗ったドライマンゴ x チョコレート

PALのビジネスクラス にも採用されている高級感満載の

例のもの とは異なり、こちらは面白いくらいに手作り感満載。

というのは、それぞれのピースの厚みが違い過ぎ、倍ほど違う物も。

マンゴの厚さを均一化していないのか、チョコレートのかけ具合が

まちまちなのか??? まったく手作業なのだろうと想像させます。

こういう点も 「お土産話し」 をするきっかけになるかも、ですね。





phil souvenir 5

Pナ親子が定番として絶賛していた素朴なビスケット

スペイン統治時代の名残を感じさせられる一品です。

期待大でいただいてみると、悪くはないのですが・・・

お口の中の水分がすべて持っていかれました。(^ ^;

ご近所のPノイ君達にお裾分けしたところ、大喜び (^ ^)v

在日フィリピン人のお友達がいる方にお勧めです。





phil souvenir 6

ドライマンゴ入りソフトクッキー、

いただいた中で、これが一番気に入りました。

しっとりとした生地とソフトなマンゴがベストマッチ。

個包装なので、オフィスへのお土産にも適していますね。





phil souvenir 7

まだ開封していないバナナチップ

パッケージだけで、お味にはまちがいないと確信。

一旦開封すると、大変なことになります。なので

大人数がいる場に持っていくつもりで未開封。

期待通りでも、期待はずれでも、後日報告することにします。





いただきものではないのですが、P国ファン友の為に買ったもの ↓


phil souvenir 8

おなじみ Goldilocks のポルボロンが、洒落たパッケージ入りに。

スーパーで132 - 139 ペソ、300円強とポルボロンの中では

少々お高い方ですが、P国ファンに受けること間違いなし!





phil souvenir 9

「かっぱえびせん」もどきでおなじみの oishi ブランド

左はチョコレート、右はウベ(紫芋)のクリームが入った

日本でいえば、コロンのようなお菓子です。

お味は期待せずに、単にウケ狙いで買いました。

チョコ入りの方は自分で食しました。

⇒ 期待はずれでした。いえ、つまり期待に反して美味でした。

期待していなかったのでお値段も覚えていませんが、数十円でしょう。



 
駄菓子といえど、侮れませんねー。 

駄菓子ジャンルで買ったものはまだまだあります。 

休み癖が続かなければ、そのうちに投稿します。

期待せずにお待ちくださいませ〜。




* * * * *


にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ フィリピン旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ



本日も "ポチッ" よろしくお願いします。 m(_ _)m







facebookフィリピン雑貨のセレクトショップ、Filipiniana Select Shop HARANA の新製品情報などをお知らせしています。





 



  

March 19, 2018

◇ フィリピンのフルーツ : "kaimito(カイミト)"


kaimito 1

《 kaimito/caimito 》

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*


今回アップする写真は、昨年(2017年)の3月初旬に撮影したものです。 帰国後すぐに投稿できなくて、いつの間にか一年が経ってしまいました。
丁度同じ時期なので、旬のフルーツの紹介ということで当時の写真を使用することにします。

 


marikina market 1

Pナに同行して行った Marikina のパブリックマーケット




kaimito 2

前日の Rizal 州、Baras 行きの道中、ずーっと ”Kaimito を買いたい”と連呼していたPナ、結局その日は買えずじまいだったので、翌日別の目的で行った Marikina で購入することに。 私もPナに便乗して買うことにしました。



wikipedia によれば(抜粋)、
Kaimito/caimito (カイミト)は、英名 「star apple (スターアップル)」、和名は「スイショウガキ」。

「中央アメリカや西インド諸島など熱帯の低地を原産とするアカテツ科の樹木である。急速に成長し、20mの高さに達する。別名カイニット、ホシリンゴ、ミルクアップルなど。」

「果実は濃い紫色のものと緑がかった茶色のものと2種類ある。」
とのことですが、買ったものはこんな色でした。 ↓


kaimito 3


wikipedia の記述を続けます。
「紫色のものの方が果皮が厚く果肉の水分が少ない。がくの周りは通常緑色で、果肉を割ると星型の模様が見られる。果皮には蝋が多いため、皮は食べられない。扁平な種子は明るい茶色で硬い。」


星型の模様」が確かにみられました。 ↓

kaimito 4

「スターアップ」と呼ばれる所以ですね。

(緑っぽい方は縦に切ったので、星型は見られません。)

更にwikipedia を続けます。
「果実は甘く、冷やしてデザートで食べるととても味が良い。葉で作ったハーブティーは糖尿病や関節リウマチの治療用に用いられた。樹皮は強壮剤や覚せい剤になると考えられ、樹皮の煎じ汁は咳止めに用いられた。」


atis(アティス= sugar apple) によくにたクリーミーな食感でした。
赤っぽい方が甘そうだと想像していましたが、より甘いのは緑っぽい方でした。Pノイにそれを告げると、「そうだよ」との返事。みかけだけでは判断できないものです。



* * *


mango grape

ちなみに、kaimito のほかにもまだ買ったものがあります。




indian mango

Indian Mango (インディアン マンゴ)

未熟だから皮がグリーンというわけではありません。





grape

Seedless grape (種無しグレープ)

kaimito が 1/2kg 50 ペソ(約 110円)、Indian mango が 1/2 kg 30ペソ(約66円)であるのと比べると、このグレープは 1/2kg 175 ペソ(約 385円)もします。輸入物に間違いないでしょうね。日本でもオーストラリア産クリムゾン(赤)、トンプソン(緑)としてスーパーマーケットでみかけますが、あれと同じです。
実はこのグレープ、マニラで食べたのが初めて。 SMで買ったサラダにはいっていました。種がない上に皮が薄く食べやい。甘くて食感もよくあまりにも美味しかったので、それ以来マニラでも日本でも買っています。 ワインのお供にも最適です。




kaimito 5

翌日の朝食です。

前日に買ったフルーツのほか、お決まりの「デルモンテの Four seasons ジュース」、「pan de sal」、「Terry's のサラミ」でした。

ホテルではビュッフェ式の朝食を提供しているところが多いですが、敢えて「朝食無し」で予約してマーケットで仕入れたものを食べるようにしています。


年中暑いイメージのあるフィリピンですが、暑いなりにもシーズンがあります。フルーツにも旬があります。 現地のマーケットに出向いていって、旬のフルーツを味わってみるのも旅の醍醐味です。是非お試しを!





にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ フィリピン旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ



本日も "ポチッ" よろしくお願いします。 m(_ _)m







facebookフィリピン雑貨のセレクトショップ、Filipiniana Select Shop HARANA の新製品情報などをお知らせしています。





 



  

February 27, 2018

◇ お邸風フィリピン料理レストラン - Romulo Cafe


romulo cafe 1


*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*


前回 に続き、お邸風レストランのご紹介です。 今回は、Makati のレストラン・ストリート、Jupiter 通りの Romulo Cafe です。
あ、ちなみにこのレストランは、前回アップした Q.C.(ケソンシティー)の Victorino's の近くや、Alabang にもブランチがあります。

オーナーは、フィリピン人政治家であり、ジャーナリストでもあった Carlos P. Romulo 氏のお孫さんで、祖父である Romulo 氏に敬意を表してこのレストランをオープンしたとのことです。

Carlos P. Romulo 氏は、外務次官、米国大使を務め、国際外交において重要な存在であった人物であり、第2次世界大戦ではダグラス・マッカーサーの補佐官にもなったことで知られています。 また、ピューリーッツァー賞受賞のほか、世界中の大学から多くの賞と名誉学位を受賞していたそうです。
店内中に飾られた数多くのモノクロ写真が、当時の彼の活躍する姿を物語っているようです。



romulo cafe 2

エントランスを入ったところ。

店内は、白と黒のモダンなインテリアで統一されています。




romulo cafe 3

予約してくれたPナの名前を告げると、2階へと案内されました。





romulo cafe 4

踊り場にも多くのモノクロ写真が飾られています。




romulo cafe 5

踊り場から階段越しに見上げた2階の様子。




romulo cafe 6

階段を昇りきると、ガラス越しにダイニングルームが見えます。



部屋に入ると、


romulo cafe 8

左側の壁、ファミリーの写真でしょうか。




romulo cafe 9

右側には飾り棚。 


その向こうは・・・



romulo cafe 7

1階のダイニングルームが見下ろせます。





romulo cafe 10

テーブルには、メニューの他に写真付きでファミリーのオールアバウトが用意されています。 お料理が運ばれてくるまでの間、ROmulo 氏とファミリーのバックグラウンドを知るよい機会となるかもしれません。





ではそろそろお料理といきましょう。

romulo cafe 11

上左:Cool as Cucumber
(そのまま訳すと「冷静沈着」となるミント入りキュウリのドリンク)

上右:Pinoy Caesar Salad
(スパイシーな塩魚 tuyo をトッピングしたピノイ風シーザーサラダ)

中左:Beef Kaldereta with Keso de Bola
(フィリピン風ビーフシチュー。水牛のチーズをトッピング)

中右:Cheese and Vigan Longganisa Dumplings
(チーズとビガン風ソーセージを春巻きの皮に包んで揚げたもの)

下左:Flying Tilapia
(ネーミングは、「揚げてる」ではなく、”「飛んでる」ティラピア”!?)

下右:Tofu and Ampalaya with Tausi Sauce
(豆腐とニガウリの豆鼓炒め)




別腹用です (^ ^; ↓


romulo cafe 12

左:Suman Latik
(揚げたフィリピン風チマキを、キャラメルライズしたココナッツのソースで)

右:Mango Tango
(フローズンマンゴケーキ。 名前は違えど、Victorino's のMango Torte と同種ね)



*今回特別にお気に入りとなったのは、

・Flying Tilapia:お魚のカットの仕方なのでしょう、身の表面はカリカリに揚げられています。 オイリーさはなく、特に皮の部分は絶品です。

・Suman Latik:発見! いつもはそれほど好んで食べない Suman も、揚げる(焼く?)と表面が香ばしくなって、ソースをつけてもしつこくない! というか濃厚なソースともあう! 少量というもの理由なのだろうけど。 このアレンジが貴重なのかも。 

 


cocowel cafe 14

2階は、私達のテーブルがあった部屋の奥にももうひと部屋あり何かのセミナー中で、1階にはCR(トイレ)前の廊下の先にももうひと部屋あったようでした。 正面から見た印象とは違い、中は結構広かったようです。

お料理は、伝統的ご馳走系フィリピン料理、それを現代的にひと工夫したもの、そしてヘルシー志向にアレンジしたもの、と基本はフィリピン料理でありながらピノイには許容できる範囲内のアレンジがほどこされたもの、という印象でした。
ヘビーなものあり、ヘルシーなものあり、でもどれをとってもピノイにとっては慣れ親しんだコンフォートフードに変わりないのでしょうね。 平日のランチ時を過ぎても、尚満席なのがわかる気がしました。





romulo cafe 13

■ Romulo Cafe
148 Jupiter Corner
Comet Street, Bel-Air,
Makati City





* * * * *



にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ フィリピン旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ



本日も "ポチッ" よろしくお願いします。 m(_ _)m







facebookフィリピン雑貨のセレクトショップ、Filipiniana Select Shop HARANA の新製品情報などをお知らせしています。





 

  

February 17, 2018

◇ お邸風フィリピン料理レストラン - Victorino's


victorino's 1


*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

セレブのお邸をダイニング向けに改装したレストランは、特に有名な 《 La Cocina de Tita Moning (ご参照 ⇒ こちらこちら) 》 をはじめ、過去にいくつか紹介してきましたが、2017年最後のフィリピン滞在中にまた別のお邸風レストランで2度食事をする機会がありました。


1件目に訪れたのがこちら

victorino's 2

Q.C.(ケソン・シティー)の Victorino's

Ilocos 地方の料理を提供するレストランで、オーナーは南イロコス州の副知事とその妹、そして有名な女性シェフであり、クッキングスクールも運営する Heny Sison だそうです。




victorino's 3

Ilocos 地方に関りがあるだけあって、インテリアにもこの地方を代表する手織り布 "Abel" が多用されています。 (Abel については ⇒ ほかで紹介しています。)





victorino's 4

Abel は、ディスプレイだけでなく、販売もされています。




さすがお邸、ダイニングスペースが広い!

victorino's 5

この写真のスペースは一階の中央辺り。





victorino's 6

私達のテーブルはその右奥だったのですが、更にその先にも別の部屋があるようでした。





victorino's 7

2階へと続く階段があったので、お店の人に頼んで2階を見せてもらいました。 この日は2階は使っていなかったらしく、やや殺風景でしたが、確かファンクションルームが3部屋はあったと思います。





victorino's 8

バーカウンターもあり、その右側奥はIlocos 地方の特産品販売とデリのコーナー。


あと、撮影はしていないのですが、エントランスを入ってすぐ右側にもうひと部屋ありました。




さて、お料理です。

victorino's 9


 上左:Poqui-Poqui(グリルしたナスをタマネギ、トマトとソテーしたもの)
 上右:Bagnet(豚バラ肉のカリカリ揚げ。イロカノ版 Lechon Kawali)
 中左:Ginisar nga pusit(小イカのオリーブオイルソテー)
 中右:Pinakbet ala Nana Jaen(イロカノ名物、野菜煮込み Nana Jean風)
 下左:Paksiw nga Malaga(魚=スズキ目の酸っぱいスープ煮)
 下右:Relyenong alimasag (カニの身を甲羅に詰めたオムレツ)

*一番のお気に入りは、「小イカのオリーブオイルソテー」でした。 ご飯と一緒にいただくと、もうご飯が止まらなくなる罪な一皿。

この滞在中に、何故だか「小イカ」料理を三度もいただくことに・・・。



そして、別腹にはこちら

victorino's 10

Mango Torte

フローズンのマンゴケーキ。 ご本家は あのお店の Mango Bravo (こちらこちら) だと思うけど。 

何故かデザートも滞在中に同じようなのを三度いただきました。 もしかして流行ってる?



  ■Victorino's
     114 Scout Rallos Corner 11th
     Jamboree Street, Tomas Morato,
     Quezon City



・・・ 次のお邸風レストランに 続く ・・・








* * * * *



にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ フィリピン旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ



本日も "ポチッ" よろしくお願いします。 m(_ _)m







facebookフィリピン雑貨のセレクトショップ、Filipiniana Select Shop HARANA の新製品情報などをお知らせしています。





 

  

January 20, 2018

◇ フィリピンのお米袋


rice sac 1


*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*


気になると、どうしても気になってしまいます。

事の起こりは、こちらでした。↓



rice sac 5

乗っていた車がこの前で停車したのです。




rice sac 6

Rizal 州、Baras に向かう途中に立ち寄った、

Teresa のパブリックマーケットのお米屋さん。

ウインドウも開けずに思わずシャッターを押してました。




大きなお米のパッケージがあまりにもカラフルで、

マニラに戻ってからも、スーパーのお米売り場が

気になってしょうがありませんでした。


思い出してみると、フィリピンに行き始めたン年前、

お世話になっていたおうちでよく目にした積み上げられた

お米袋はこんなにカラフルじゃなくて、再生素材を編んだ

ような袋にただ文字が入っていただけのような気がする・・・


どうも、あのときの印象のまま、何度もスーパーに行きながら、

変化に気づかなかった、というかあまり気にしていなかったけれど、

いつの間にこんなにバラエティ豊かな売り場になっていたのかなぁ?





rice sac 2

確かに最近の高級スーパーマーケットは、ディスプレイにも凝っています。




rice sac 3

庶民派 SM だって




rice sac 4

それぞれのお米に合ったお料理が写真付きで紹介されています。





rice sac 7

でもその傍らには、この通り。





rice sac 8

現地生産されている日本米だって





rice sac 9

25kg 入りの大袋も





rice sac 10

5kg 程度の小袋も、やはりこの通り。


どれもこれもパッケージはとてもカラフル


それだけお米の種類が多くて、どれもが購買意欲を

勝ち取るためにアピールしてるということでしょうね。


ちなみに、Teresa の市場でみたのは 50kg 入り袋でした。


パッケージのイメージから中身のお味が想像できそうですね。



ちょっと気になるお米パッケージでした。 (^ ^;







* * * * *



にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ フィリピン旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ



本日も "ポチッ" よろしくお願いします。 m(_ _)m







facebookフィリピン雑貨のセレクトショップ、Filipiniana Select Shop HARANA の新製品情報などをお知らせしています。





 
  

January 10, 2018

◇ フィリピン産ココナッツ専門店のカフェでローカーボランチ


cocowel cafe 1


*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*


皆様、遅ればせながら、新年明けましておめでとうございます。

2018年もゆった〜りと更新していくことになると思いますが、

お付き合いいただけると幸いです。 よろしくお願いいたします。


* * *


さて、年末に伺ったにもかかわらず、アップできなかったお店のご紹介です。


当ブログを開始した当時からのお付き合い、フィリピンのココナッツ製品を

輸入販売されている cocowell さんのカフェにランチしに行ってきました。


お近くであるが故、ついついいつでも行けるやと思ってしまったのが、

思いのほかこんなに遅いデビューとあいなりました。(^ ^;)




cocowel cafe 2

ココナッツ食材をふんだんに使ったローカーボカフェ、cocowell cafe

場所は、大阪でもお洒落なエリアのひとつとして知られる 「北堀江」。




cocowel cafe 3

お料理の素材は可能な限り自然栽培・有機にこだわっている、

というだけあって、インテリアもナチュラルテイストです。 




cocowel cafe 4

ココナッツも自然とインテリアの一部となって溶け込んでいます。





店内では低温圧搾製法にこだわったエキストラヴァージンココナッツオイル、

ココナッツシュガーなど体に優しい自社製品が販売されています。


cocowel cafe 6

ココナッツを原料としたマヨネーズやドレッシングは珍しいですね。




cocowel cafe 7

ココナッツオイルを使用した化粧品や雑貨なども。




cocowel cafe 8

Francis+Dale

レイテ島の耐久性、加工性に優れたマホガニー材を使った食器類のコーナー



* * *


さて、ココナッツと素材をうまく調和させたヘルシーメニューランチです。


cocowel cafe 9

チョイスしたのは、月替わりの 《cocowell plate》

雑穀ごはんと、おかず3品+スープの月替わりプレート、

雑穀ごはんはココナッツオイルを加えて炊き上げてあります。

12月はビーフシチューでした。 1,000円(税別)

(今月の cocowell plate はこちらを ⇒  )




cocowel cafe 10

お仲間のチョイスは、《ココナッツミルクリゾット(サラダ付き) 》

こちらも雑穀米使用のクリーミーなリゾット。750円(税別)





cocowel cafe 11

《カラマンシーソーダ》

ランチには +200円でコーヒー、紅茶がつけられますが、

せっかくなので、フィリピンレモンのカラマンシーを。

ノンシュガーで、ココナッツシロップがついてきます。

日本ではなかなかお目にかかれません。 650円(税別)



コーヒーはフィリピン北部の山岳地帯、コーディリエラ地方で

作られたアラビカ種のフェアトレードコーヒーだそうです。

ココナッツオイルを添えて提供されます。 珍しいですね。






cocowel cafe 12

もちろんココナッツシュガーもスタンバイ。

スイーツなどに使用するお砂糖もすべて低GIのココナッツシュガー使用



ランチは他に、ほうれん草カレー、チキンカレー、キーマカレーなど

カフェ自慢のカレーが週替りで提供されています。 サラダ付きです。

サラダのココドレッシングも週替り。 色々試してみたいですね。


* * *


ココナッツ原料を直接フィリピンから輸入しているココナッツ専門店

だからこそできる、上質のココナッツ原料を贅沢に使用したメニュー。

ココナッツの恵みを活かしたヘルシーなランチを是非お試しください。

「遠いよ」、とおっしゃる方には オンラインショップ はいかが? (^ ^)


cocowel cafe 13 >

店先の自転車まで cocowell カラーでした。 偶然?





毎年、年頭に誓うも数日でギブアップするダイエット。

今年こそなんとかせねば・・・


今年も当ブログをよろしくお願いします。






* * * * *



にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ フィリピン旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ



本日も "ポチッ" よろしくお願いします。 m(_ _)m







facebookフィリピン雑貨のセレクトショップ、Filipiniana Select Shop HARANA の新製品情報などをお知らせしています。





 
  

December 31, 2017

◇ フィリピン製スマートフォン


myphone 1


*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*


これまで海外旅行には docomo 携帯のほか、フィリピンで購入した歴代の Nokia を持参していたのですが、とうとう Nokia ガラケーでは現地での行動に不自由を感じできたため、2017年3月の渡比の際、フィリピンでスマホを購入することにしました。

マニラ到着の翌日、ランチを一緒にしたPナ母娘にそのことを話すと、スマホショップに同行してくれるとのこと。 iphone があるのでフィリピン用は安いのでいいからと言うと、何社かあるフィリピンスマホの内、こちらを選んでくれました。 ↓



myphone 3

my|phone

庶民派モール、Market! Market! 内にある支店です。




myphone 2

安いのを!が条件 (^ ^; 2,299 ペソ(約¥5,300)だったかな。

これまでも使っていた Smart のプリペイド SIM 付き

裏にはフィリピンの地形が浮き出ています。



myphone 9

付属品です。 




myphone 4

OS は Android 搭載


たくさんのアプリがインストールされていましたが、必要だった Grab がなかったのでこれだけインストール。

といっても、実はPナ娘に丸投げ。 初日は使い方がよくわからないので、my|phone、古い Nokia、 日本用の iphone の3台を駆使してやっと事が足りる有様 (^ ^;



すると、夜中に突然女性の声が!?


myphone 8

何事かと飛び起きると、my|phone が光ってる!!!

よく聞いてみると、スマホがお祈りしている!!!

この後も、03:00, 06:00, 12:00, 15:00, 18:00 になると勝手にスマホがお祈りをはじめるのです。 これってデフォ? Pナ母曰く、「これは消せない!」のだそう。 そんなバカな!



あちらこちら触っていて見つけました。

myphone 5

さすがにフィリピンスマホ。 お祈りのアプリ付きでした。



myphone 6


myphone 7

用途に合わせたお祈りがインストールされています。


今年2度目の渡比、11月にも my|phone を持参しました。ようやく慣れてきて、やっと見つけました! やはりデフォで指定した時間に勝手にお祈りが始まるよう設定されていました! フィリピンスマホのご親切には申し訳ないですが、勝手にお祈りしないように設定を変更させていただきました。 何しろタクシーの中、エレベーターの中でもお祈りがはじまっていたので・・・。 その度に電源を切ったり、音を小さくしたり、大変たったのです。




あと、”my|phone アプリ” にはフィリピンらしいコンテンツが満載

myphone 12

テキスト版のインデックスではわかりにくいですが、



myphone 11

アイコン版でも表示できます。



myphone 13

その中に MyCountry という項目があります。

左上 Alam mo ba? (ご存知?)というアイコンをタップしてみましょう。



myphone 14

フィリピンに関する事柄が見れるようになっています。

年末らしく Jose Rizal をタップしてみましょう。
(以前は年末には Jose Rizal ネタで締めくくっていました。
 今回これがネタ代わり。 昨年版はこちら ⇒




myphone 15

残念ながら、ここから先はネットに繋がらないとみれません。 この画像は帰国後に撮影しています。 Globe の SIM なので、更に残高なしなので、無理ですね。

でも電源さえ入っていれば、日本でも設定時間にお祈りは始まります (^ ^;


sim1

あ、3月に Smart の SIM 付きを買ったといいましたが、もう期限切れだったので、今回は 行きの PAL 機内で配布された Globe のフリー SIM を使いました。




sim3

NAIA ターミナル2の場合、税関を通って外に出ると

中央よりやや左の方にこのサインが見えます。



sim2

更に左に行くと、Globe, Smart 両方のスタンドがあるので、こちらで SIM、チャージ用のカードが購入できます。
PAL でもらった SIM カードを持っていくと、日数や使用目的にあったカードを勧めてくれて、設定もしてもらえます。電話、テキスト、インターネットを使用するということで、500ペソのカードを購入し、それに合わせた設定までしてもらいました。


フィリピンでのスマホの使い方はまだイマイチ習得できていません。
今後も新たな経験があれば、アップしていきます。


* * * * *

今年も多くのアクセス、ありがとうございました。

来年も引き続き、よろくお願いいたします。

では皆さま、よいお年を!

A H A P P Y N E W Y E A R !

M a n i g o n g B a g o n g T a o n !






* * * * *



にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ フィリピン旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ



本日も "ポチッ" よろしくお願いします。 m(_ _)m







facebookフィリピン雑貨のセレクトショップ、Filipiniana Select Shop HARANA の新製品情報などをお知らせしています。





 
  

December 22, 2017

◇ 世界一長いはずのフィリピンのクリスマスは?


xmas 1


*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*


クリスマス間近! 現在フィリピンは、

一年で最も盛り上がるシーズン。

連日のようにパーティーが開催されていて、

きっと国全体がうかれているはず。



P人にとって一大イベントであるクリスマスは、

もうずーっと前から始まっているのです。



↓ これは今からひと月前、11月20日でした。

xmas 3

ディナーに招待され、マニラのP友宅を訪れると、



xmas 4

家中がすっかりクリスマスバージョンなのでした。





モールでも

xmas 2

ジャンボツリーにクリスマスデコレーション





スーパーマーケットはもちろんクリスマス商戦真っ只中


xmas 7



クリスマスならではの商品が勢揃い

xmas 6

まずはこちら



xmas 12

おなじみのクリスマスバスケットです。




丸いエダムチーズ Queso de bola (ケソ・デ・ボラ)

xmas 8


xmas 9

各社から発売されています。




ハムもクリスマスのマストアイテム

xmas 10



xmas 12

ディスプレイスタンドはクリスマス仕様



xmas 5

呼び込み販売も





でも、以前に比べると、クリスマスシーズンへの突入が年々遅くなっているような・・・。 
以前はもっとクリスマス色が濃かったというか、もっと盛り上がっていたような・・・
と感じるのは気のせいなのでしょうか???

特に街中のライトアップやクリスマスデコレーションは、減少しつつあるのでは?と思わずにはいられません。




xmas 14

NAIA 第2ターミナル、 PAL 出発ゲート付近

そういえば、空港内も、以前はもっとクリスマスしてたよな。


「世界一長い」と言われていたフィリピンのクリスマスも、時代の流れと共に姿をかえつつあるのかもしれません。



=クリスマスに関する過去の投稿=

   ◇クリスマス前のフィリピン

   ◇フィリピンはバザー真っ盛り

   ◇フィリピンの "クリスマス" 特集

    他、


* * * * *



にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ フィリピン旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ



本日も "ポチッ" よろしくお願いします。 m(_ _)m







facebookフィリピン雑貨のセレクトショップ、Filipiniana Select Shop HARANA の新製品情報などをお知らせしています。





   

December 12, 2017

◇ PAL (フィリピン航空) の新仕様機で ”上質な空の旅” を!


pal new 1


*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*


《◇ PAL (フィリピン航空) の機内食 2017/11》 の続きです。



今年の7月初めに投稿した 《◇ フィリピン・ビジネスミッション 2017 PAL 新仕様機導入 》 でお伝えしたにもかかわらず、関空発 PR407便に搭乗するまですっかり忘れていました。(^ ^;

そうでした! A330 の新仕様機の関西就航予定は11月16日でした。 今回の渡比で、うまい具合に就航直後の新仕様機に搭乗できたわけです。


ビジネスミッションでは、”上質な空の旅” を提供すべくシートピッチを拡大したゆとりある新仕様機導入の発表がありました。 さてさて、実際に搭乗してみると・・・



[エコノミークラス]

pal new 3

”予定通り”、エコノミークラスにも個人モニターが搭載されています!





pal new 2

”予定通り”、USB ポートがついています! これは便利!





pal new 4

映画、TV 番組、音楽、トラベルガイド、お子様向けコンテンツ等、

楽しんでいる間に、 スマホ の充電までできてしまいます。


シートピッチが拡大することにより、エコノミークラスは

323席 (3-4-3) ⇒ 267席 (2-4-2) になっているはず。



これだけでも十分 "上質な空の旅" を感じられますが、

ビジネスクラスでは更なる "上質な空の旅" を体験できます。


* * *


[ビジネスクラス]

pal new 5

18席 (1-2-1) に変わりはありませんが、シート回りが全然違う!

シートベルトは、腰ではなく車のように肩から装着するタイプ。



pal new 8

モニターは、エコノミーの10.1インチよりはるかに大きい18.5インチ

エコノミーではモニター下にあったUSBポート、イヤホンジャックがありません。





pal new 6

小物置き場のほか、USBポート, イヤホンジャック、ライト、

リクライニング操作は、すべてテーブル横で行うように完備。





pal new 10

シートはなんと、フルフラットになります。





pal new 7

まだリクライニングにしていない状態で、足元に余裕有り過ぎ!





pal new 12

ある程度リクライニングにしてみましたが、まだ余裕があります。





pal new 13

フルフラットで無理やり足を伸ばしてこの状態。まだ余裕!


快適過ぎて、飛行時間たった3時間半ってもったいないくらい。

この状態でヨーロッパに行けるなら PAL を選びたい、と実感したのでした。




新仕様機が導入された PAL で、快適な空の旅はいかがですか?





* * * * *



にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ フィリピン旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ



本日も "ポチッ" よろしくお願いします。 m(_ _)m







facebookフィリピン雑貨のセレクトショップ、Filipiniana Select Shop HARANA の新製品情報などをお知らせしています。





   

December 06, 2017

◇ PAL (フィリピン航空) の機内食 2017/11


pal


*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*


久々のマニラ行き。

取り急ぎ、機内食のアップです。



[ 往路 PR407 KIX - MNL ]

pal 407 2

シートは最後尾。 「またもやノーチョイスかも?」とドキドキする瞬間ですが、今回は大丈夫でした。苦手なチキンは選択肢には無し。 
「チキン or ・・・?」というおなじみのフレーズを聞くこともなく、すんなりフィッシュを選べたのでもう一方が何だったかも覚えていません。 多分「ビーフ」か「ポーク」だったはずなのですが。




pal 407 1

メインはイタリアンなソースがかかった白身魚の温野菜&フェットチーネ添え。 
好みの「フィッシュ」を選択できたのは良かったのですが、残念なのがパスタのかぶり。イタリア風に仕上げたのであろうサラダはショートパスタ入り、それもトマト味って。確か 前々回 もかぶってたよな。




* * *


[ 復路 PR408 MNL - KIX ]

pal 408 2

帰りはアップグレードに成功!

なので、まずはシャンパンです (^ ^)



pal 408 1

マニラ滞在中にかなり食べ過ぎてしまったので、和食メニューを選択。

一皿ずつ運ばれる洋食とちがって、和食はすべてセットされています。

・前菜:鮭南蛮漬け
・小鉢:冷やし茶碗蒸し
・甘味:きんとんの抹茶ソース添え
・漬け物:胡瓜と柴漬け
・お椀:味噌汁
・台の物:すき焼き




pal 408 6

マニラ⇒関空ではまず和食は選びません。できるだけP国っぽいものを食べたいのと、大きな声ではいえませんが、海外発の和食にやや不安があるので・・ (^ ^;

綺麗に盛り付けられた "PAL御膳"、洋食の方の「バニラ・カラマンシープディング(ミコ・アスピラス氏製作)」とやらを捨ててまで選択してよかった!と思ったのですが・・・
ひとつだけ残念な点が・・・(>_<)

メニューブックに、すき焼きは「牛肉と野菜の鍋」というサブタイトルと、「豆腐、椎茸、えのき茸、しめじ、しらたき」と具も記載されていました。
で、牛肉以外ほとんど味が無い! 綺麗に盛り付けるためにそれぞれ別に煮ているのでしょうけど、味のしみにくい豆腐としらたきにいたっては、水炊きを食べているみたいでした。 全部の具を混ぜてはみたけどイメージする「すき焼き」ではなかったことがとても残念。 

あ、ついでにもうひとつ。和食にパンを配りに来てくれるよりは、できれば小さくていいので、型抜きご飯でもひとつ足してほしいような・・・。




pal 408 3

何故か食事の途中で運ばれてきたカナッペ。

シャンパンがまだ残っていたから? 出し忘れ?




pal 408 4

食後のアイスクリームもしっかりいただきました。

フレーバーは、ロッキーロード。




pal 408 5

コーヒーをたのむと、新作チョコレートがついてきます。 カカオニブのカリカリ感とミルクチョコがベストマッチ。
前回 までのチョコマンゴに引けをとらない優れもの。こんな場面でも、最近のP国におけるカカオ産業の発展が垣間見れます。



・・・ 続く ・・・


★ 過去の機内食は → こちら から




* * *



にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ フィリピン旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ



本日も "ポチッ" よろしくお願いします。 m(_ _)m



  

November 27, 2017

◇ 「次なるトレンドフードは、フィリピンのあの料理だって!?」


sisig 1

《 Tuna Sisig 》

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*


「次なるトレンドフードは、フィリピンのシシグ!?」

この信じがたい一行は、先日みつけた Yahoo ニュースのヘッドラインのタイトル。11/9(木) 20:50 に配信されたものです(⇒)。当然即クリックしてみると、そこには 「ELLE」誌のオンライン版から引用した記事が。
アメリカの食のエキスパート、アンソニー・ボーデイン氏が予測した、としてフィリピンのB級グルメ Sisig が紹介されていました。

引用元である ELLE もググってみると、ELLE groumet Online 版に確かに掲載されていました!(⇒
↓ ↓ ↓


sisig 4

”シェフであり、作家、タレントとしても活躍する食のエキスパート、アンソニー・ボーデイン。そんな彼が、次に流行するのはフィリピン料理と発言して話題に。なかでも、あるメニューが大人気になると予想しているんだって。

CNNフィリピンのインタビューに対して「アメリカ人やアメリカ料理界では、最近フィリピン料理に関心が集まっているよ」と答えたシェフ・アンソニー。CNNでグルメ旅番組『Parts Unknown』のホストを務める彼は、「アメリカでもすぐに定着しそうな料理もあれば、そうじゃないものもあるね。たとえば “シシグ” は、世界中で受け入れられる料理だと思うよ。きっとすぐに人気が出るんじゃないかな?」とコメント。

ところで、“シシグ” っていったいどんな料理? シシグは鼻、耳、アゴにいたるまで、豚のあらゆる部位を使ったフィリピンの豚肉炒め。どんな味や食感なのか想像がつかないけれど、アンソニーの説明を聞くとおいしそうに聞こえてくるから不思議。「アツアツ、ジューシー、サクサク、しっとり……と、ポークのあらゆる食感を楽しめるんだ。ビールを飲んだ後のシメに最高だよ!」

シシグの魅力はリーズナブルな価格にもある。フィリピンでは一皿約1〜2ドル。アンソニーは、ニューヨークに2019年オープン予定のフードコート、ボーデイン・マーケットのメニューにもシシグを入れる予定で、10ドル以下で提供したいと考えているとのこと。

フィリピン料理といえば、フィリピン系アメリカ人のトム・ククナンがシェフを務めるワシントンDCのフィリピン料理レストラン「Bad Saint」が、米『Bon Appétit』誌における2016年アメリカ・ベスト・レストラン・ランキングのニューオープン部門で2位に輝いている。そのおかげで、ククナンのレストランには連日行列ができ、多くの人々がシシグ目当てに何時間も並んでいるらしい。
また、アメリカで最もフィリピン系住民が多く住むカリフォルニアでは、より手軽に本格的なフィリピン料理の人気が楽しめるらしい。なかでもサンフランシスコのフードトラック「Señor Sisig」のシシグ・ブリトーは大ヒットになっているんだとか。この勢いにのって、シシグが全米、そして世界でトレンドフードになる日も近い?”


これはすごい内容!!! 信じられない!!!  この記事は、海外のサイト『delish』で掲載されたものの翻訳版とのこと。そのネタ元 『delish』 がこちら (⇒


↓ ↓ ↓

sisig 5

Food Trend の前に "BIG" までついているではないですか!!!


sisig 6

余談ですが、何故か Sisig の写真が ELLE のとは別のものでした。


(追記: 更に、そのネタ元は CNN Philippine でした。)

* * *

それからもうひとつ、Yahoo ニュースで見つけたのが、Polvoron (⇒

polvoron


”年末に向けて、街中にクリスマスの飾りが登場している。スイーツ好きはそろそろ、クリスマスのお菓子を思い浮かべているのでは? そこで今回は、スペインの「ポルボロン」をご紹介。“名物”だから、買おうと思えば年中買えるけれど、伝統的にクリスマスから年末、年始にかけてのホリデーシーズンに食べるお菓子だ。口の中でホロホロっと溶けるようなクッキーの秘密は、焼く前に小麦粉をいること。ラードを使う人も多いが、今回はバターで作ってみよう。”

ネタ元は共同通信社が運営する情報サイト、 ovo
「スペインのお菓子」として紹介されているけど、スペインの統治下にあったフィリピンでは、Polvoron は伝統的なフィリピンのお菓子。このところ、フィリピンでは進化形 Polvoron が続々と登場していて、スーパーマーケットに行くのが楽しくなります。

先日 も書きましたが、あの成城石井さんでも「スペインのお菓子、ポルボローネ」という名で和三盆を使用した国産ポルボロンを発売されています。ブームの兆し???



まじでシシグが、いえフィリピン料理が世界でトレンドフードになる日が近いのかも? 「ポルボロン」がフィリピンお菓子として注目を浴びる日が来るのかも?


* * *


=過去の Sisig に関する投稿 (新着順)=

フィリピンの B級グルメ 、「Sisig (シシグ) ”モドキ”」

フィリピンの B級グルメ ”Sisig (シシグ)” をお探しですか?

フィリピンのウイークエンド・マーケット @ Q.C. 2012/05 [Vol.1 凝りもせず]

フィリピン料理 "SISIG (シシグ) " のインスタントミックスでパスタ

フィリピン産 "おさかな缶詰” をもうひとつ

フィリピンのプロビンス、Pampanga (パンパンガ)州へ [Vol. 1 クッキングデモ]

モダン・フィリピン・キュイジーヌ

フィリピン・マニラ のシーサイドマーケット&レストラン ( 前編 )

フィリピン料理の検索キーワード


sisig 3

《 マーケットに並ぶ様々なバージョンの Sisig 》

世界のトレンドフードになる日が近いかも???




* * *



にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ フィリピン旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ



本日も "ポチッ" よろしくお願いします。 m(_ _)m





  

November 14, 2017

◇ フィリピンでなくても "マルンガイ(モリンガ)" 三昧ができる。


malunggay 21


*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*


《◇ フィリピンでなくても "マルンガイ(モリンガ)" が買える!?》 の続きです。

8日間で3回、合計4パックのマルンガイを購入し、

毎日マルンガイ三昧を満喫しております。

日常食に加えるだけなので、調理は簡単。

クセが無いので、元の味を邪魔することもありません。



まずは、本場で食したお料理を回想してみます。

↓ ↓ ↓


malunggay 22

Makati の Fely J's Kitchen の Utan Ilongo(⇒




malunggay 23

Moalboal の The Blue Orchid Resort でメニューには

ないのに特別に作ってもらったマルンガイスープ(⇒


どちらもカボチャがはいっています。

ネット上でもカボチャ入りレシピが目立ちます。

一応、念頭にいれておこう・・・



で、実際に色々作ってみたら、こうなりました。

↓ ↓ ↓



malunggay 24
フライパン上で焼いているのは、

ミニお好み焼きのようなに見えますが・・・、





malunggay 25
オムレツ
マルンガイ、カニカマ、タマネギ入り。

そして

玄米ミックス&コーンのソテー
玄米ミックスは市販品。キューピーから発売されています。
ガーリックパウダーで調味してあります。
マルンガイは粗く刻んで加えました。





malunggay 28
ピンチョス
前日の残ったカニカマオムレツをピンチョスに。

ソースは、1パック分ペースト状にしておいたマルンガイとマヨネーズを混ぜてレッドペッパーを飾りました。





malunggay 26
ペンネ
冷凍してあったミートボールを潰してソースに。

最後に加えたマルンガイの葉が鮮やかなグリーンに変わり、バジルのようにも見えます。





malunggay 27
スペイン風オムレツ
マルンガイ、挽肉、ジャガイモ、赤しし唐入り。





malunggay 29
マッシュポテト&トマトマリネ
レンチンしたポテトにマルンガイを乗せ、再度数秒だけレンチン。それからフレンチドレッシング、マヨネーズ、胡椒で味付け。
マルンガイの葉は、みかけより結構厚みがあるので、口当たりがわるくならないよう加熱しました。

トマトマリネにはごく小さいマルンガイの葉だけを選んで生で加え、フレンチドレッシングで和えました。




malunggay 30蕪と椎茸のスープ
蕪は同じくホリスティックファームさんで買ったもの。
お店に貼ってあったマルンガイの食べ方に「茎はスープのダシに!」と書いてあったので、椎茸の軸と一緒に煮出しました。もちろん、最後にはマルンガイの葉を加えてひと煮立ち。

ソース
マルンガイペースト + マヨネーズ + ワサビ を混ぜ合わせてスモークハムのソースに。

クセがないと思っていたマルンガイなのに、ペーストにするとたちまち青臭いような香りがしてきます。お味もハーブのような爽やかさに変身。




マルンガイペーストが続きます。


malunggay 31
マルンガイバター トースト
香草バターならぬ、マルンガイバター。
バターにガーリックパウダーとマルンガイペーストを練りこみ、食パンに塗ってトーストしました。





malunggay 32
マルンガイトースト
ほぐしたカニカマをマルンガイペーストとマヨネーズで和えてトーストしました。
マルンガイバタートーストとは、またひと味ちがいます。





malunggay 37
カマンベールのバーニャカウダ風
六等分したカマンベールをスキレットにのせ、アンチョビー缶のオイルを回りにまわしかけます。
アンチョビーフィレ、マルンガイペーストを乗せて火にかけます。

  ↓ 



malunggay 38
時々スプーンでカマベールを潰しながら溶かします。
途中で中央に白ワインをかけました。
チーズがトロトロになったら、フランスパンにつけていただきます。

加熱しすぎたせいか、マルンガイペーストの香りと爽やかさが飛んでしまいました。火を止める前に加えた方がよかったと思います。




ペーストはこれくらいにしておいて、次はスープ類を。

なんといっても一番簡単な利用法はスープのトッピング。


malunggay 36
Utan Ilongo もどき
やっとフィリピン風の登場。
具はマルンガイ、アサリ、エビ、生姜、カボチャ、しし唐(赤、緑)、長芋。 魚醤、塩、胡椒だけのシンプルな味付けですが、生姜が効いているのでこれだけでも十分味わい深い一品です。
本来、マルンガイのほかにオクラやモロヘイヤのようなネバネバ野菜を入れるようですが、長芋があったので細切りにして代用することにしました。




malunggay 33
キムチスープ
冷蔵庫の残り物(白菜キムチ、豚バラ、椎茸、しめじ、しし唐、豆腐)でスープを。
最後にマルンガイの葉を散らします。たっぷり散らしたつもりなのに、加熱すると少なくなってしまいますね。





Malunggay 35
鮭のチャウダー
こちらも残り物(冷凍鮭、玉ネギ、長芋、カボチャ、椎茸、しめじ)で。
スープが白っぽいと、マルンガイのグリーンとブラックペッパーが引き立ちます。





malunggay 34
レンズ豆のシチュー
フィリピンでは、モンゴ(緑豆)スープにもよくマルンガイが使われます。
見た目も食感もよく似たレンズ豆のシチューが冷凍してあったので、これを利用しマルンガイを加えました。シャウエッセン、赤しし唐も。





インスタントスープでも十分利用できます。


malunggay 42
ワカメスープ
リケンの焙煎胡麻入りワカメスープ。
火にかけないので、マルンガイの硬さがどうなるか気になりました。
そこで、まず沸騰したお湯を器に注ぎ、器を温めておきました。
お湯を捨てたら先にマルンガイの葉、沸騰したお湯を入れてひとまぜ。
それからインスタントスープの素を加えて混ぜました。マルンガイも適度に柔らかくなっていました。





malunggay 39
■カップヌードルにも挑戦
たっぷり入れたマルンガイ
どうなることかと心配しましたが、

   ↓ ↓





malunggay 40
3分後はには、ちょうどよい蒸され具合に。



malunggay 41
同じカップヌードルでも、チリトマト味のスープにはマルンガイのグリーンがより映えます。
って、どれだけカップヌードルを食べてるんだ!!!

カップ麺にヘルシー食材を加えることで、罪悪感から開放されます(笑)




* * *


「奇跡の木」 と呼ばれ、数々の効能を持つマルンガイ。 こんなに簡単に摂取できるなら、常備野菜として取り入れたいものです。スーパーに並ぶようにならないかなぁ・・・

ただ残念のことに、日本の冬にはさすがのマルンガイも育ちません。春になるのを待つしかありませんね。 ホリスティックファームさん、来春も期待しています。


*マルンガイを使ったレシピは、こちら で紹介した "The Malunggay Book" にも掲載されています。  (こちらで販売中 ⇒ 




* * *


《 Malunggay に関する過去の投稿 》


  ◇ フィリピンでなくても "マルンガイ(モリンガ)" が買える!?

  ◇フィリピン生まれの Malunggay (マルンガイ= モリンガ) を育ててみる

  ◇フィリピン生まれの Malunggay (マルンガイ= モリンガ) の種

  ◇フィリピン発行 "奇跡の木 Malunggay (モリンガ)" の本

  ◇フィリピンならではのニュー・フレーバー

  ◇冬の助っ人、フィリピンのヘルシー・ドリンク

  ◇フィリピンのヘルシー・ドリンク


Malunggay は、上記以外に こちらこちらこちらこちらこちら にもちょこちょこっと登場しています。





* * * * *



にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ フィリピン旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ



本日も "ポチッ" よろしくお願いします。 m(_ _)m







facebookフィリピン雑貨のセレクトショップ、Filipiniana Select Shop HARANA の新製品情報などをお知らせしています。





   

November 06, 2017

◇ フィリピンでなくても "マルンガイ(モリンガ)" が買える!?


malunggay 01


*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*


当ブログにはもう何度も登場している Malunggay (マルンガイ) は、

「奇跡の木」 とも呼ばれ、人間に必要な栄養素を多く含んでいます。


先日、「グランフロントで生のマルンガイが販売されていた!」

想像もしなかったような、とんでもない情報が飛び込んできました。


ヒントは「グランフロント大阪」、「野菜を販売するイベント」だけ。

ググって、ググって、ググって執念で見つけ出しました。

↓ ↓ ↓

Umekiki 木曜 マルシェ

『生産者さんと直接会話を楽しみながら食材を購入できるマルシェ。
 毎週木曜日にグランフロント大阪 うめきた広場 地下1階で開催。』


「出展者一覧」にありました、「モリンガ」の記載が。

●ホリスティック自然ファーム(奈良県桜井市)
モリンガ・ケール・小松菜・大根・キャベツ・玉ねぎ・じゃがいも・りんご・みかん・柿・米・ピーマン・ししとう・はちみつ

↑ ↑ ↑

これにちがいない。


直近の開催は、2017.11.2(木) 12:30〜19:00

これは行かなくては。


malunggay 02

モチロン、行ってきました。

生産者に「ホリスティックファーム」さんのお名前もあります。




malunggay 03

熱帯地方で育つマルンガイ、本当出会えるの? Doki Doki




malunggay 05

こちらのブースが「ホリスティックファーム」さん




malunggay 04

本当にありました!!!  感激!!!




malunggay 06

ふむふむ・・・




malunggay 11

マルンガイを買いにいったはずなのに、ついつい・・・ (^ ^;



malunggay 08

マルンガイ、1パック分。 結構な量です。



malunggay 09

1パック分を茎から粗めに葉っぱをはずすと、600ml の容器にこんなに。



malunggay 10

2パック購入したので、残りの1パックはペーストにしておきました。

オリーブオイル、塩少々を入れてフープロでブーン。⇒ 少なっ。



* * *


マルンガイをいかに食したかは後にして、

もうひとつ朗報♪♪♪ を先に。



malunggay 13

11月4日(土)@難波神社の 「大阪ぐりぐりマルシェ




malunggay 14

『Green Good Link !=ぐりぐり

人・農・食・緑がつながるマーケットです!』




malunggay 14

いつもは毎月第二土曜日開催。 

今月は都合で第一土曜になったそうです。


マルンガイは、こちらにも出品されていました。


malunggay 15

もちろん生産者さんは、ホリスティックファームさん。



malunggay 16

よかった、あった。 買い足そう。



malunggay 17

さすがに熱帯に育つ植物。 そろそろ・・・


でも 「Umekiki 木曜 マルシェ」 にはまだ出品できるそうです。

次の 木曜日 (11/9) は、グランフロントに GO!!!!!



・・・ 続く ・・・
(次回はマルンガイでお料理)




* * *


《 Malunggay に関する過去の投稿 》


  ◇フィリピン生まれの Malunggay (マルンガイ= モリンガ) を育ててみる

  ◇フィリピン生まれの Malunggay (マルンガイ= モリンガ) の種

  ◇フィリピン発行 "奇跡の木 Malunggay (モリンガ)" の本

  ◇フィリピンならではのニュー・フレーバー

  ◇冬の助っ人、フィリピンのヘルシー・ドリンク

  ◇フィリピンのヘルシー・ドリンク


Malunggay は、上記以外に こちらこちらこちらこちらこちら にもちょこちょこっと登場しています。





* * * * *



にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ フィリピン旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ



本日も "ポチッ" よろしくお願いします。 m(_ _)m







facebookフィリピン雑貨のセレクトショップ、Filipiniana Select Shop HARANA の新製品情報などをお知らせしています。





   

October 30, 2017

◇ フィリピン・パビリオン @FABEX 関西 2017 [Part 2]


fabex 21


*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*


《◇ フィリピン・パビリオン @FABEX 関西 2017 [Part 1] 》の続きです。


「FABEX 関西 2017」 に参加したフィリピンのメーカーは18社。 各社時代のニーズに応えるべく、自慢の製品を出展していましたが、その中でも特に注目したい製品がいくつかあったので、ご紹介します。


* * * * *


まずは、Pili Nut (ピリナッツ)から。


fabex 23

[By J. Emmanuel Pastries]


当ブログにも何度か登場していますが(⇒  )、Bicol 地方 でのみで採れる栄養バランスに優れたナッツです。 
こちらのメーカーは、フィリピンを代表するピリナッツ製造業者で、これまでも IFEX 等の展示会によく出展しています。 今回は、以前からよく目にするフレーバー以外に新製品も加わったらしく、全8種類のフレーバーが披露されました。

フレーバー:ロースト/ガーリック/ハニー/ナチュラル/バーベキュー/ヒマラヤンソルト/シーソルト/チリ



fabex 22

ブースの試食サンプル

日本ではまだ知名度の低いピリナッツ。来場者は初めて試食する方がほとんどで、噛んでみると以外に柔らかいので皆さん驚かれます。 特徴ある食感が、ピリナッツを印象づけたにちがいありません。


fabex 33

以前から目にしているロースト、ガーリック、ハニー以外の5種類はパッケージデザインが一新され、より洗練された感があります。多分これらは新製品なのでしょう。パッケージが違うだけで、ずいぶん商品イメージが変わります。国内だけでなく、海外市場をも意識した表れなのかもしれません。


* * *

お次は Polvoron (ポルボロン)


fabex 24

[By Chocovron Global Corporation]

ポルボロンは、スペインをルーツとするホロっと崩れる食感のクッキーです。日本の落雁を柔らかくしたような、といったイメージでしょうか。

ここ数年、フィリピンではチョココーティングをしている製品が増えました。そのトレンドがポルボロンにも表れています。こちらのメーカーは、その名も Chocovron。従来のポルボロンのチョココーティング版がメイン商品です。


fabex 25

チョココーティング版だけでも数種類。


つい最近、成城石井さんで国産のポルボロンを見つけました。商品名は「ポルボローネ」でしたが、パッケージには「ほろっとサクっと 香ばしい スペインのお菓子」と記されていたので、ポルボロンに間違いないはず。成城石井さんオリジナルで、和三盆使用とのことです。数々のヒット商品を生み出してるお店がオリジナルで発売するということは、もしかしてポルボロンにヒットの兆し? 今後も注目したいアイテムです。



* * *


今回、個人的には一番の注目株がこちら
(実際、来場者にはかなりの注目を浴びていた模様)

fabex 26

[By Sangkutsa Food Products Incorporated]

グリーンマンゴ(未熟マンゴ)のピクルスです。



fabex 27


レギュラーとスパイシーの2種類。 試食した人によってはスパイシーは辛すぎるとのことでしたが、どちらも美味しくいただけました。 個人的には、カレーのお供に、サラダのトッピングに、ワインのアテにと、幅広い利用価値を感じました。

写真の小さな丸いパックは、元々ダイスカットされています。少量というだけでなく切らずにそのままいただけるので便利だなと思っていたら、コンビニや機内食への参入を意図しているのだとか。

実は、過去の経験からマンゴのピクルスには良いイメージはありませんでした。はっきり言ってしまうと「まずい!」 (^ ^; P友から何度かいただくものの、美味しくなかったので、それ以来食べようとは思わなかったのです。
ところが、今回はパッケージのデザインも功を奏したのか、何か感ずるものがあったのか、試食をしてみようという気持ちになったのです。
直感は間違いではありませんでした。 過去のグリーンマンゴピクルスとは似ても似つかない、別物でした。適度な歯ごたえがあり、漬け汁もくせがなく、とても食べやすい一品でした。



fabex 28

瓶入り(大・小)、パウチ入り、少量パック入りと用途によったパッケージング。



* * *


あとは相変わらずヘルシー志向

そのトレンドに即したドリンクの数々

fabex 29

右上から時計回りに

2点 [By Muy Bien Ventures Co., Incorporated]
1点 [By Philippine Moringa & More Corporation]
3点 [By Nattural Quality Corporation]



fabex 31

[Philippine Moringa & More Corporation]

スーパーフード・Malunggay (モリンガ)が主力製品。
ドリンクの他、スナック菓子や乾麺もマルンガイ入り。

(Malunggay = モリンガはこちらをご参照 ⇒


*


fabex 30

[Nattural Quality Corporation]

マルンガイだけではありません。 
Ampalaya(ニガウリ)製品も勢ぞろい。


* * *


番外編をおひとつ

fabex 32

[By Amarich Marketing International]


フィリピンの乾麺 といえば、Pancit Canton。当ブログには度々登場しています。 が、同じ乾麺でもこちらの Pancit Lucban は初登場。 カラフルなあのお祭り の地が発祥の麺です。見た目は Pancit Canton 麺より固そうですが、果たしてどんな違いがあるのやら??? 機会があれば、調理済みをアップします。

ただ、ひとつの疑問が。 Pancit Lucban と Pancit hab-hab は別物? 同じ Lucban 名物だけど。



フィリピン製品は、どんどん世界レベルに近づいています。 又、スーパーフードと呼ばれる素材も多く存在し、世界に認知されていないスーパーフードもまだまだ存在しています。 
今回 FABEX 2017 に出展したメーカーはごく一部。 今後もフィリピンの生産業者の動向から目をはなすわけにはいきません。





* * * * *



にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ フィリピン旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ



本日も "ポチッ" よろしくお願いします。 m(_ _)m







facebookフィリピン雑貨のセレクトショップ、Filipiniana Select Shop HARANA の新製品情報などをお知らせしています。





  

October 20, 2017

◇ フィリピン・パビリオン @FABEX 関西 2017 [Part 1]


fabex 01


*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

先週の10月11日から13日まで、インテックス大阪で開催された業者向け食関連の展示会『FABEX 関西 2017』にフィリピンも参加したので、視察してきました。



fabex 02


会場の一角にフィリピンから来日したメーカー18社とフィリピン政府のブースが集まり、フィリピン・パビリオンが築かれていました。


* * *


もう終わってしまいましたが、参加企業を紹介しておきます。 
基本的に業者向けですが、気になる製品は各社HPをチェックしてみてください。(社名が太字になっているメーカーは HP にリンクします。)


fabex 03
AISHA-FIL FOODS INC.
[取扱品目]
バナナチップ




fabex 04
AMARICH MARKETING INTERNATIONAL

[取扱品目]
プレミアム・ナチュラルコーヒー、ジャム、マーマレード、フルーツ瓶詰、イワシ瓶詰、乾麺




fabex 05
CHOCOVRON GLOBAL CORPORATION

[取扱品目]
スペインがルーツのホロっと崩れる食感のクッキー、”Polvoron(ポルボロン)” - クラシック/クッキー&クリーム/チョココーティング/ココナッツクリーム/ステビア




fabex 06
COCOPLUS AQUARIAN DEVELOPMENT CORPORATION

[取扱品目]
ココナッツベースのマッサージオイル、ソープ




fabex 07
■D’FARMERS MARKET FRUITS AND PASTRIES CENTER

[取扱品目]
冷凍フルーツ:ドリアン/マンゴ/パイナップル/グアバ/グヤバノ/ジャックフルーツ/マンゴスチン




fabex 08
■GREENLAND ASPARAGUS MULTI PURPOSE COOPERATIVE

[取扱品目]
フレッシュアスパラガス
フィリピンで唯一新鮮なアスパラガスを生産し輸出している企業です。




fabex 09
HEALTHY SWEETS MINDANAO CORPORATION

[取扱品目]
ココナッツシュガー、キャンディー&ティー(ジンジャー/ターメリック/グヤバノ/マンゴスチン)、ココナッツ・チョコ(粉末/顆粒)
2015年の Asian Food Show にも出展していたメーカーです。




fabex 10
J. EMMANUEL PASTRIES

[取扱品目]
ピリナッツ(ナチュラル/ロースト/ハニー/バーベキュー/シーソルト/ヒマラヤンソルト/ガーリック/チリ)




fabex 11
JOHN N’MICO FOOD PRODUCTS

[取扱品目]
バナナチップ、ローストカシューナッツ、油分控え目ピーナッツ、チチャロン(豚皮をカリカリに揚げたスナック菓子)




fabex 12
MAPAGMAHAL FOODS

[取扱品目]
カラマンシー(フィリピンレモン)ジュース&濃縮ジュース、ダランダン(フィリピンオレンジ)ジュース&濃縮ジュース、カラマンシー天然果汁、カラマンシー冷凍果汁




fabex 13
MARDAK GLOBAL EXPORT INCORPORATED

[取扱品目]
瓶詰フルーツシロップ漬、ソース、調味料




fabex 14
■MUY BIEN VENTURES CO., INCORPORATED

[取扱品目]
ターメリック製品、レモングラスジュース、カラマンシー入りジュース、ジンジャー製品(パウダー/ティー)




fabex 15
NATTURAL QUALITY CORPORATION

[取扱品目]
ゴーヤ、ウコン、ジンジャー、マンゴスチンなど、フルーツやハーブを成分とする健康食品、サプリメント




fabex 16
NISCO PHILIPPINES ENTERPRISE

[取扱品目]
回転式ロースター、スナック押出し機、トレイパック機、ボトル充填機、フルーツ洗浄機、製麺機、包装機




fabex 17
PASCIOLCO AGRI VENTURES

[取扱品目]
ココナッツ製品(バージンオイル/ナタデココ/ジャム/ビネガー/ウォッカ/シュガー/シロップ/バルサミコ)、パパイヤピクルス




fabex 18
PHILIPPINE MORINGA & MORE CORPORATION

[取扱品目]
モりンガ、レモングラス、ステビア、ターメリックなどを成分とする健康食品、健康飲料(ハーバルティー/パウダー/フレーク)、乾麺、スナック菓子




fabex 19
PHILIPPINE SEAWEALTH FOOD INCORPORATED

[取扱品目]
イカや小魚などのおつまみ、珍味




fabex 20
SANGKUTSA FOOD PRODUCTS INCORPORATED

[取扱品目]
野菜のピクルス、果物のピクルス(ベストセラーはマンゴのピクルス)





* * *

次回 [Part 2] では、今回出会った注目アイテムをご紹介します。


・・・ [Part 2] に 続く ・・・





* * * * *



にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ フィリピン旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ



本日も "ポチッ" よろしくお願いします。 m(_ _)m







facebookフィリピン雑貨のセレクトショップ、Filipiniana Select Shop HARANA の新製品情報などをお知らせしています。