November 07, 2005

◇フィリピンのパームツリー <2>

<<<今日もココ椰子を材料とした、フィリピン・フードのご紹介です。>>>

 マニラ近郊、LAGUNA (ラグーナ)州は、ホットスプリング(温泉)やフィリピンの英雄、JOSE RIZAL (ホセ・リサール)の生誕地として知られています。 そして、ココナッツも!

 「LAGUNA に行くなら」、とみんながお目当てにするのが BUKO PIE (ブコ・パイ)、未熟のココナッツの柔らかい果肉(=ブコ)がたっぷりつまったパイです。

 数あるブコ・パイ屋の中、LOS BANOS に超有名なお店があります。
いつも長い列ができていて、焼きあがったばかりのブコ・パイがすぐに売り切れてしまうのです。
おまけに店の周りは、店に群がるお客を目当てに水牛のチーズ、ケソンプティや、よそのブコ・パイを手にした物売りで、ごったがえしているのだから。

 その日も我々一行は、マニラを出発した直後から、「目的地に着く前にまずこの店のブコ・パイをゲットして」、と意欲満々で LAGUNA に向かったのでした。

その超有名店、その名も"ORIGINAL"。 お店に着いたときには、既に長蛇の列。やっとカウンターにたどりついたら、既に売り切れとのこと、まだ午前中なのに〜。
COCO7 COCO6

 
 COCO3
  泣く泣く、代わりにトロピカル・パイを買って我慢の子となったのです。
「代わり」といっても、トロピカル・パイもすてたものではありません。 トロピカル・パイにもブコはしっかり、入っています。 ブコ・パイがぜーんぶブコなのに比べ、トロピカル・パイはブコとパイナップルのミックスです。



COCO4
  焼きたてなのでアツアツで、「今食べないでどうするの?」というささやきが。
誘惑にかられ、車に戻るやいなや、か弱きトロピカル・パイは我らの餌食とあいなったのでありました。
(手でちぎったので、この始末!おまけに熱くって)



我々一行、これであきらめたわけではありません。 日に何度か焼かれるブコ・パイ。 LAGUNA で一仕事終えたあと、マニラへの帰りに再び挑戦する我らでありました。

  やりました、やっとゲットしました、ORIGINAL のブコ・パイを!
COCO5  今度は、お店の人にお願いして、ちゃーんとナイフで切ってもらいましたよ。
ただ残念なのは、ブコがたっぷり入った切り口の写真を撮るのを忘れてしまったこと。食べる手が先に出てしまい・・・・ (トホホ)


           


            ○●○ おまけ ○●○

 同じLAGUNA 州、SAN PABLO までもう少し足をのばすと、ココナッツプランテーション、VILLA ESCUDERO (ビラ・エスクデーロ)があります。
 ココナッツで財を成した、ESCUDERO ファミリーがココナッツ農園を観光用に一般開放しています。
ユニークな滝つぼでのバイキングランチがここの売り物。ホテルやチャペル、アンティックの博物館まであります。
パームツリーの間をカレッサ(馬車)に乗って、チャペルでセレモニー、っていう<ウェディングプラン> はいかが?

<FOR MORE INFORMATION>


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/harana/50163890