February 15, 2006

◇”ちょっと” 気になる フィリピンの習慣〔2〕 - 「曜日」編

MAGNET1

 フィリピンは HALO HALO(ハロハロ=ごちゃ混ぜ)の国。
 言葉だって、英語やら、スペイン語やら・・・

 特にスペイン語はフィリピン語の中に根強く残っている。
 11以上の数字、時間の表現、曜日や月の呼び方・・・。

 アルファベットや発音はフィリピン風に変化して、
 スペイン語の綴り "C”が "K" になろうが、
 "F" が "P" と発音されようが、それはいいんですが、




   ●月曜日
     スペイン語=LUNES    
     タガログ語=LUNES(ルネス)

   ●火曜日
     スペイン語=MARTES
     タガログ語=MARTES(マルテス)

   ●水曜日
     スペイン語=MIERCOLES 
     タガログ語=MIYERKULES(ミイェルクレス)

   ●木曜日
     スペイン語=JUEVES
     タガログ語=HUWEBES(フウェべス)

   ●金曜日
     スペイン語=VIERNES
     タガログ語=BIYERNES(ビイェルネス)

   ●土曜日
     スペイン語=SABADO
     タガログ語=SABADO(サバド)

       ここまでは理解できるけど、

   ●日曜日
     スペイン語=DOMINGO
     タガログ語=LINGGO(リンゴ)

       どうして、日曜日だけこうなるの?????


     ====================================

   <注> アクセント記号をつけると、文字化けすることがあるので省きました。
               MAGNET2 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/harana/50282670
この記事へのコメント
昨日は失敗チョコの現住所?とイカハンバーグの事を
書いてエラーでした。
Posted by 爺 at February 16, 2006 12:18
3
Haranaさん、こんにちは。
ビサヤ語では、日曜はDommingoといいます。ちなみに、小文字で書いたlinggoはタガログ語では、「週」の意味ですが、ビサヤ語ではsemanaといいます。これもスペイン語です。
マジェランが最初に上陸したビサヤでは、スペイン語の名残がより強く残っているのかもしれませんね。
タガログではmagandaが一般的な「美しい」もguwapa (スペイン語のguapaより)男性形のguwapoと対で使われます。

Posted by SHIN at February 16, 2006 18:29
shin さん、またまた貴重な情報をありがとうございました。
さすがビサヤですね、スペイン語の影響力がそんなにマニラと違うとは、知りませんでした。
丁度今、次の記事用にまた言葉について書きかけているところです。
お気づきの点があれば、またお知らせください。
Posted by harana at February 17, 2006 10:36