March 14, 2006

◇フィリピン と "豊臣秀吉"の関係 − 『えっ、教科書で習った?』

BOOK N.JOAQUIN2 
 しつこいようですが、NICK JOAQUIN(ニック・ホアキン)著、「物語 マニラの歴史」についてもう少し。

 週末はフィリピンからショップ用(FILIPINIANA SELECT SHOP HARANA − フィリピン・グッズのネットショップです。) の新製品が届いたりで忙しく、読書に費やす時間はあまりありませんでしたが、少しだけ先に進むとまた「日本」とのかかわりについて書かれていました。

以下、引用します。

* * * * * * *
 〜 1591年、日本の覇者 、豊臣秀吉が、フィリピンは日本帝国の領土の一部であるから、マニラ総督府は秀吉を君主として認めよと要求している、という風聞が流れた。 マニラ政庁が結集できる海軍より強力な海軍を、日本の覇者が派遣できることを、マニラ政庁は承知していた。 そこで、マニラ政庁は和平のための使節団を派遣することを決めた。 〜 

* * * * * * *
ドミニコ会の修道士が、秀吉との和平交渉のため日本に送られ、両人は最終的に友情関係を確認しあい、これでマニラ政庁が日本から侵攻を受ける恐れはなくなった、ということです。

え、秀吉って、あの秀吉? 
マニラとかかわりがあった?

この歴史的事実って、私達の教科書に載ってましたっけ?
習っただけで、忘れているのでしょうか?

「マニラの交易船が日本へ入港するための許可を勝ち取った」、というのですから、
やはり教科書には記述されていたのかも・・・・。


まだまだ先が長い「物語 マニラの歴史」。

この先が気になるところですが、またもや今、もうひとつ荷物が届きました。
これから荷ほどきです。

今日のところは、この辺で。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/harana/50309602
この記事へのコメント
4
はじめまして
最近ちょくちょく見ています。
実は母が日本語教師の研修で三ヶ月間フィリピンへいくのです。
何を持っていけばいいですか?またオススメの辞書ってありますか?
教えてください。
Posted by ひつじ at March 14, 2006 21:42
ひつじさん、コメント、そして当ブログにアクセスいただき、ありがとうございます。

何を持っていくかは、ケースバイケースです。
泊るところによって、かなりシチュエーションが違うと思いますよ。
もう少し詳しくわかればいいのですが、でもどんなシチュエーションであれ、薄手のジャケットやカーディガンのようなものは必需品です。
暑い国なのに、寒いです。 というのは冷房をこれでもか、というぐらいガンガンにかけています。オフィスでも、車の中でも。 
私はこのせいで、フィリピンでよく風邪をひきます。

あとは、そちらにメールさせていただきます。この欄は文字数制限があるので。
Posted by harana at March 14, 2006 22:47