April 16, 2006

◇フィリピンのお米

前回の投稿《フィリピンのパエリャ》では、フィリピン版パエリャ”ARROZ VALENCIANA(アロス・バレンシアナ)”の写真がないのをいいことに、スペイン、バレンシアの「お米博物館」に話を脱線させてしまいました。
これはちょっとまずかったかな?と思い、フィリピンのお米の本を紹介することにします。(毎回申し訳ないことですが、現地出版です。Amazon では買えません。 アメリカのAmazon を通じて、出品業者からの購入は可能です)

BOOK RICE1■BEYOND RICE
A CENTRO ESCOLAR UNIVERSITY CENTENNIAL COLLECTION
全202ページにもわたる、フィリピンのお米について行われたリサーチの集大成。
リサーチというと、難しい学術書のように聞こえますが、お米作りにたずさわる農民の立場を尊重しながら、リサーチの結果を実にやさしく、わかりやすくまとめた本です。 
また、フィリピンの本には珍しく、最後の章(RICE GRANARY)以外、ページのほとんどが写真付きです。人々の農作業風景はもとより、世界遺産の BANAUE (バナウエ)ライステラス(棚田)、MAYON (マヨン)火山を背景に成長する稲、田んぼの中にそびえる椰子の木。田畑の一角の十字架にかけられたイエス・キリストとそれを見守る人々の像、などなど。
最後の章はイラストがふんだんに掲載されています。(英文ですが、写真だけでも楽しめます)

そして、フィリピン人にとっての主食「お米」がいかに生活に密着しているかを教えてくれています。
「お米を主食とするのは日本人の専売特許」、そう思われがちですが、私達日本人以外にも、「お米」を重要視する国が他にもある、ということもこの本から教えられます。

A RICE STORY... (ライス・ストーリー)
   神に教えられた米栽培の経緯など、米栽培にまつわるお話。

THE RICE SEASONS (米のシーズン)
   米栽培のタイミングは、すべて自然状況によることを米の作り手は知りえています。

RITUALS AND FESTIVALS (儀式と祭り)
   生活習慣におけるお米とのかかわり。 
   米から作るカラフルなデコレーションで有名なPAHIYAS(パヒヤス)はじめ、豊作を祝う各地のお祭り。   

RICE CREATIONS(米の創造物)
   わらを利用した動物人形、シャンプーなど、お米から何ができるかな?

RICE FOODS (米製品)
   お米を使った料理。竹の筒にいれて炊いたご飯、ココナッツやバナナの葉に包んで炊いたご飯、もち米のお菓子の数々、麺、ライスワイン、・・・数え切れないほど。

RICE GRANARY(穀倉)
   直訳すれば「穀倉」ですが、米栽培に関する伝統的な道具のイラストと、米にまつわる神話や伝説、米用語、各地の米祭り、米料理レシピといった、お米に関す情報の倉です。


フィリピンのご飯はパラパラ、パサパサと言われがちですが、炊き方にも原因があるのでは?と感じます。 フィリピンで知人達がご飯を炊くのを見ていると、日本のようにお米に水分をふくませるためしばらくお水につける、ということはなくお米を洗ったらすぐにお水を入れて炊いているようです。
(たっぷりのお湯でゆでる、という方法もあるらしい)
知人宅で食事作りをまかされた時、日本風にしばらくお水につけて多めのお水で炊いたら、結構パサパサ感はなくなりました。


今話題の TIENDESITAS (ティエンデシータス)には、こんなにいろんな種類のお米が売られていました。
色米や香り米にははずっと興味があったので、少しずつトライしてみようかとお店の人に色々聞いてきたら、すべてのお米が「ご飯」として炊いて食べるのでなく、お菓子用のものもあるとわかりました。フィリピン各地方には、その地方ならではのお米のお菓子がありますね。

   RICE


(BEYOND RICE の1ページ、半分に割ったいくつもの竹筒に、色とりどりのお米が並べられている写真が見開きで掲載されています。お米にこんなに胸を打たれるとは思ってもみませんでした。)


BOOK RICE2■BEYOND RICE
出版: Centro Escolar University; [1st ed.] edition (1999)
ISBN: 9718865071
著者:Maria Elena Paterno- Locsin

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/harana/50336660
この記事へのコメント
爺さまもお米は大好きで宇都宮から取り寄せて
家で精米してる、でもあまり味を求めると昼の
外食が楽しくなくなるから何でもほどほどにせなあかん、
特に孫達は粗食で鍛えなあかん。
Posted by かつ爺 at April 18, 2006 12:52
かつ爺、今回はコメント成功! おめでとう!
Posted by harana at April 18, 2006 13:10
5
はじめまして!セブに住んでいるものです。
フィリピンの雑貨で検索してたどり着きました。
HPも商品もすごくステキですね〜。
お料理の知識も豊富でいろいろ勉強になることばかり♪
自分のブログにもリンクさせていただきました。
Posted by midori at April 18, 2006 19:28
midori さん、コメントありがとうございます。
フィリピン在住の方からのコメント、光栄です。

セブは、数回しか行ったことがありません。
これから色々教えてください。
そちらのブログ、一度伺ったことがあります。
これからゆっくり読ませていただきます。
Posted by harana at April 18, 2006 21:02