April 26, 2006

◇フィリピン "アクラン州” の50周年記念イベント

ビサヤ諸島のひとつパナイ島は、イロイロ、アクラン、カピス、アンティケの4州で構成されています。
そのうち毎年1月に行われるアティアティハンのお祭りで有名なカリボがあるアクラン州は、カピスから独立し今年で50周年ということで、街では様々な催しが企画されています。

アクランは、パイナップル繊維のピーニャ、バナナに似たアバカ、椰子の一種ブリの繊維ラフィアなどの織物の産地としても名高く、50周年を祝うハイライトのひとつは、4月24日〜30日まで開催される第7回アクラン・ピーニャ&ファイバーフェスティバルです。
昨日(4月24日)、このイベントのオープニング・セレモニーに参加することができました。

PINA FEST
メインホールには、QUEEN OF PHILIPPINE FABRIC (フィリピン繊維の女王)PINA(ピーニャ)を中心に構成されたディスプレイ。そしてそれを囲むように、ピーニャ、アバカ、ラフィア、ニト(nito 蔓植物)、などアクランを代表する製品のブースが配置されています。

ホール外では、ステージ、そして野菜、果物、海産物、花、といった、この地方の特産品を販売するブースや、屋台が並びます。

FATHER1

さすがにカトリックの国、神父さんのイベントの成功を祝う儀式から始まります。

FATHER2

出展者すべてに聖水が。


今日は学校もお休みで、朝からパレードが行われていました。

4月30日には、ピーニャを中心とした盛大なファッションショーが開催されるそうです。 
これを見ることができないのは、とても残念。
後ろ髪をひかれる思いでマニラに戻るべく、KALIBO(カリボ)空港に向かいました。

飛行機は例によって DELAY(ディレイ=遅れ)のよう。
約20分遅れで出発ゲートがあきかけたかと思ったら、突如ゲート閉鎖。 「5分」待てとのアナウンス。

CHOPPER
ゲートの前に並んでいたので、ガラス越しに外の様子が見えます。
フィリピンフラッグ付のCHOPPER (チョッパー=ヘリコプターのこと)と、何か物々しい雰囲気。

原因はこういうことでした。(↓)

ARROYO

画像がよくないので、わかりにくいかもしれません。バナーにはこう書いてありました。
   MARAMING SALAMAT PO AT MABUHAY!
   HER EXCELLENCY
   PRES. GLORIA MACAPAGAL ARROYO AND PARTY

このお方がすーっと、出発ゲート前を通過して行かれました。

アクラン州、50周年 おめでとう! MABUHAY!


◆キメ細かいホワイトサンドと透明度の高い海で知られる、いまや大人気のリゾート地、BORACAY (ボラカイ)島も、アクランに属します。
 ボラカイについては、近日中に投稿するつもりです。



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/harana/50343631