April 27, 2006

◇ "ENJOY TROUBLE" フィリピンの旅

「旅」にトラブルはつきもの。 
パッケージツアーはさておき、自由旅にはどんなハプニングが待っているやもしれません。
でもそれを恐れていては、「旅」はできません。
『ハプニングをいかに克服するか』、それも旅の醍醐味のひとつ。
楽しかった旅の思い出のワンシーンとして、アルバムの1ページに綴りたいものです。

フィリピンを旅していると、つくづくセルフォーン(携帯電話のこと。もともとはセルラーフォンのことですがメーカーに関係なく、こう呼ばれます)のありがたみを感じます。
何しろ国民性があの通りののんびりムード、行き当たりばったり、予定はあくまでも予定・・・・、ふぅ。
コロコロと変わる状況に対処するには、セルフォーンは必需品です。
今回も、セルフォーンには何度もお世話になりました。

             ◇ ◆ ◇ ◆ ◇

BORACAY4きめ細かいホワイトサンドと、透明度の高い海で人気のあるリゾート地、BORACAY(ボラカイ)島に行ってきました。

ボラカイは、パナイ島の北西に隣接する、南北に7km、東西に1−2kmほどの小さな島です。
島には空港がないので、マニラからだといくつか乗り物を乗り継がなければなりません。

1.飛行機で マニラ → PANAY(パナイ)島 KATICLAN(カティクラン) <所要時間 約1時間>
2.トライシクル(またはホテル送迎車)で カティクラン空港 → ボートの発着場, <約5−10分>
3.バンカ・ボート でカティクランのボートの発着場 → ボラカイのボート発着場 <約20−30分>
4.トライシクル(またはホテル送迎車)で ボート発着場 → ホテル

1.については、マニラ → パナイ島 KALIBO(カリボ) <約1時間> という手もあります。
この場合、2.は空港から車(シャトルバン有り)でカティクランのボート発着場まで約1時間半かかります。

パッケージツアーなら、この複雑な行程もすべて込みで手配されていますが、自由旅となるとそうはいきません。
荷物さえなければ何とかなるかも、とは思いますが、荷物を持ってのバンカボートの乗り降りは大変です。
もちろん手助けはしてもらえますが、そのたびにチップを払うのもめんどうくさいし。 
(おまけに、浅瀬なのでボートを降りるとそこは波打ち際)
そこで私は、上記の行程込みで「マニラを出発してからマニラに戻るまで」の行程を日本の旅行社を通して手配していきました。

ところがです、日本で手配はしたとはいえ、実際に動くのは現地スタッフ。 どうやら私は現地スタッフには恵まれなかったようです。

ボラカイ滞在中の打ち合わせのため、現地に到着したらすぐに連絡があるはずの現地スタッフから連絡はなく連絡もとれないし、レストランに入ればオーダーした食事が出てこなかったり、へんてこな順番で出てきたり・・・、まぁこの程度ならよくあること。まだ walang problema (ワラン・プロブレマ =ノー・プロブレム)の範囲内。

まいったのは出発の朝、迎えの現地スタッフがホテルに現れなかったこと。15分くらいの遅れならまったく平気。
それほど気にもしていない私の前で、ホテルのフロントスタッフはやきもきするばかり。 あちらこちらに電話をして、迎えの確認をしています。
30分も遅れると、さすがの私も本気で心配し始めました。 マニラなら交通渋滞ということもありますが、ここはボラカイ、そんなはずありません。
フロントスタッフは、何度も催促の電話をしています。
ホテルを出たあとは飛行機に乗るわけではなかったので、パニックにはなりませんでしたが、次のアポイントのため、カティクランからチャーターした車でカリボまで行くことになっていました。
ホテルに迎えに来て、ボートに乗ってカティクランまで行って、チャーターした車に乗るまでをお世話をしてもらうはずの現地スタッフがいない、というのは非常に困ったことです。
旅行社のマニラスタッフは、しばらくホテルで待つようにといいますが、いい加減にしびれをきらした私は、ホテルのフロントで、誰かホテルスタッフにカティクランまで行ってカリボ行きの「シャトルバン」に乗るまで同行してもらいたい、と交渉し出発することにしました。
ホテル側も快く引き受けてくれて、朝の忙しい時間にもかかわらず、手のあいたスタッフを探してくれました。

で、ガーデナー(庭師)君といざ出発。
 ・ホテルの前からトライシクルで島の南側のボート乗り場まで (50ペソ)
 ・ターミナルチャージ (20ペソ x 2人分)
 ・ボート代 (19.8ペソ x2人分)
ふーん、料金はこうなってるんだ。旅行社まかせでは、知る由もなかったでしょうね。
あと、カリボ行きのシャトルバンはたしか80ペソってフロントのスタッフが言ってたっけ。

バンカ・ボートに揺られながら、「カティクランまでは片道一人90ペソ、行きはもう払ったから、あと同行してくれたガーデナー君の帰りの交通費とチップで・・・」、と計算していると
セルフォーンが鳴り、日本からの電話。ボラカイのボート乗り場で現地スタッフが待ってるとのこと。
私が出発してしまった後、旅行社からやっとホテルに連絡があり、フロントスタッフが事情を説明してくれたのでしょう。
でも、"Sorry, too late." もうボートに乗って海を渡ってるもんね。

ボートがカティクランに到着しかけたころまた電話。
"Sorry again" ボートから降りるのに両手がふさがるので、「ちょっと切りまーす。えっ?服の色?ブラウンです。」

ボートを降りて数メートル歩いたところで荷物を運んでくれているガーデナー君が誰かに声をかけられています。
どうやら、日本からの連絡で、ブラウンの服を着た乗客を見つけ、カリボまで車で送るように、と指示があったようす。


残念、80ペソのシャトルバンも乗ってみたかったのに・・・。

やれやれ、一件落着です。

さて、あの現地スタッフはどうしているのでしょう? 日本の旅行社にこっぴどく叱られているにちがいありませんが。
セルフォーンのおかげで、旅行社は私のポジションがわかって、先に手をまわしてくれていましたが、セルフォーンがなかったらこうもうまく連携プレーはとれなかったでしょう。

だいたいこういう時、機転が利くフィリピン人と、どうしようもない二手に分かれます。(失礼)
この二者は、両極端。 今回はホテルスタッフの方々に本当に救われました。
特にフロントスタッフの機転には驚かされました。 
同行してくれたのはガーデナーとはいえ、よくできた人物で、カリボ行きの車が動くまで、決して私のそばから離れようとはせず、車のナンバープレートまで書き取って。(本当は暗記しようとしていましたが、紙とボールペンを差し出しました)
本当によくトレーニングされたスタッフ達でした。

   MANDALA SPA の皆さん、ありがとう!

ME

想定外のハプニングにも対処できるよう、行き先についての情報はできるだけ多く入手し、把握しておく必要がありますね。
(註:←これは、MANDALA SPA ではありません。KALIBO のホテルにて)




この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/harana/50344734
この記事へのコメント
なんだか大変だったんですね・・
ボーイエット(16年来の知人でうちのボートマン)とジェイソン(コーディネーター)を紹介しておけば良かったですね・・
でも、るみさんだから、大丈夫ですけどね!!
Posted by ちか at April 28, 2006 23:57
ちかちゃん、早速コメントありがとう。
昨夜帰ってきたばかりなんです。
そちらとは丁度すれ違いで、お会いできなくて残念でした。
ボートマンさん、コーディネーターさん、次回はご紹介ください。
たしかに、トラブルを楽しんでいたことは認めますが、現実的に荷物のこと、次のアポイントのことを思うと、そうノーテンキではいられせん。
今回の旅はいつも以上に有意義でした。徐々に投稿していきます。
また、お立ち寄りください。 帰ってきたばかりで、そちらのブログにもまだお邪魔できていません。ゴールデンウィーク中に伺います。

Posted by harana at April 29, 2006 00:09