May 07, 2006

◇フィリピン "BORACAY(ボラカイ)" の MANDALA(マンダラ)SPA

旅の満足度は、ホテルの良し悪しに左右されることが多々あります。だからホテル選びは慎重に行いたいものです。

mandala spa5ボラカイには、ホワイトビーチに面して多くのリゾートホテルが並んでいますが、あえて少し奥まった高台に位置する、MANDALA SPA (マンダラ・スパ)を選んでみました。

エントランスに面した道路は、トライシクルの往来が激しく騒がしいですが、一歩ビラの敷地に入ると、そこは別世界。 静寂の中、ゆったりとした時が流れます。
(上↑の写真のみ、MANDALA SPA からご提供いただいたものを使用しました。Photo by Bobot Meru)


 Villa 
   mandala spa3

お部屋はそれぞれ独立したビラ。 
テラスからは遠くに海が望めます。(海側のお部屋のみです。)

天蓋つきベッドは少し気恥ずかしくなりますが、いざここで就寝してみるとこれが快適なのです。特にエアコンが苦手な私には。 ネットがエアコンの風を適度に和らげてくれます。


 Bath Room 
   mandala spa2

メインバスルームのガラス扉の向こうには、陽の光りが射しこむ独立したシャワールーム。

ホテル備え付けのシャンプーやボディーソープなどは、「合わないもの」と決めつけているので、どこにでも愛用品を持っていきますが、今回は珍しく備え付けのものを使ってみました。 「試してみたい」と思わせる何かを感じさせられました。
思ったとおりです、香りもいいし、サラサラヘアーになりました。
販売していたら買って帰ろうと思ったのですが、以前はあったけれど現在はもう販売していないとのこと。


 Spa 
   mandala spa4B

別棟に建てられたスパも、独立したビラ。 伝統的フィリピン建築には欠かせない、カピスウインドウが使用されています。

ひとつだけ残念だった事。 宿泊者以外にウォークインのビジターが多く、せっかくスパに宿泊していながら(日程の関係で一泊のみ)予約がいっぱいで、豊富なスパメニューをひとつも体験できなかったのです。 それだけ人気があるっていうことですね。


 PRANA Restaurant
   mandala spa1

サンスクリット語で「生命力」を意味する”PRANA” レストランは、ベジタリアン・レストラン。
野菜中心のヘルシーフードというと、味気ないものを想像してしまいがちですが、なんのなんの。ディナーも翌朝の朝食も、工夫を凝らした味付けには、満足度100%でした。

この日の朝食のメイン料理は、3種類の中からチョイス。
選んだのは、"Egg Florentine - Bread topped with Wine sauteed Spinach,poached eggs, drizzled with Hollandaise" (”エッグ フロレンタイン - スライスしたパンに乗せた、ワイン風味のほうれん草ソテー&ポーチド・エッグのオランディーズ・ソースかけ”)


「ベジタリアン・フードは、それが正しく調理された時、野菜自身のPARANA(生命力)を維持し、活力を提供するものとなる」と、オーナー。


MANDALA SPA には、「人生は楽しむものであり、耐え忍ぶことではない」というオーナー達、 Karen Villarica Reina、Dieter Schrottmann のライフスタイルが反映されています。

数々の賞を受賞し、世界中の雑誌で紹介されているのも納得です。

          ■ □ ■ □ ■

mandala spa6
■数少ない MANDALA SPA 宿泊のパッケージツアー


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/harana/50348798
この記事へのコメント
はっきり場所がわかりませんが、バイクで走ってる時に、看板が目に入って、ここだ!!るみさんの泊まるとこ!!と思って、振り向いて見てみました。
なんか隠れ家に通じてるような感じにみえました・・
たまには、こんなお姫様気分なボラカイをたいけんしようかなぁ
Posted by ちか at May 08, 2006 20:57
正にその通り、「隠れ家」です。
レストランだけでも、お試しの価値あり。
「ベジタリアン・フードってこんなに美味しいものだったの?」って目からウロコでした。
Posted by harana at May 08, 2006 21:15