May 14, 2006

◇フィリピンの 蔓植物 ”NITO(ニト)”

NITO1《◇フィリピン "アクラン州”の50周年記念イベント》にも書いたように、NITO(ニト)は、ピーニャやアバカと並ぶ、PANAY(パナイ)島、AKLAN(アクラン)州の特産品のひとつです。
聞きなれない名前かもしれませんが、”ニト”は、フィリピンの森林つる植物。 まだ日本での知名度は低いですね。

ではインドネシアの ”アタ”はどうでしょう? こちらはバッグなどがポピュラーで、アジアン雑貨の中でもかなり高いステータスを保持しています。
 (写真上↑:ニトバスケット)

見た目からの判断ですが、”ニト”はおそらく ”アタ”と同じものか同類の植物ではないかと推測します。

NITO2★ドイツ、フランクフルトのとある住宅街に建つ、隠れ家的イタリアンレストラン。
ここでも、このようなプレースマットが使われていました。

はたしてこれは”アタ”なのか、”ニト”なのか・・・?


 ◇◇◇============================================

 "NITO" - インターネットでその正体を調べてみると、
 Schizaeaceae(フサシダ科)、Lygodium(カニクサ属)とありました。

 では、《フサシダ科》とは?
 → 4属180種類ほどからなり、その中でさらに連で分けられることもある。

 《カニクサ属》とは?
 → 熱帯から亜熱帯に分布するシダ植物で、日本、中国をはじめ
   ニュージーランドにも自生している。約40種類ほどあり、
   日本にも1種類自生している。
   属名はギリシャ語の曲がりくねった(lygodes)に由来する。
   和名の由来はこのつるで、蟹を釣ったことから。

 ============================================◇◇◇

お勉強はこれくらいにしておいて、アクラン州のニト製品です。

NITO4

しっかりと編みこまれていて、型崩れもなさそう。
アタとはまた違ったアイテムがたくさんあります。
今後、日本でもどんどん取り入れてほしいものです。

NITO3

個人的にはとても好きな素材なので、時々フィリピンから持ち帰りますが、当ブログの表サイトであるショップ(フィリピニアナ・セレクトショップ・ハラナ)では、まだ扱っていません。
今後の課題ですね。

追記(2006/05/17): 写真みーつけた

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/harana/50354016