August 04, 2006

◇フィリピン マニラ "CUBAO(クバオ)”の裏側 [ 1 ]

CUBAO 1
数年前、「進ぬ!電波少年」という番組がありましたね。 無名芸人が、突然現われた番組プロデューサーに、何かの口実でアイマスク、ヘッドフォンを付けられてその挑戦する場所へ連れて行かれる、という。

もし、あのような方法でいきなり ここに連れてこられたら、私は「ここは どこ???」状態になりそうです。

ここが、あの CUBAO(クバオ)だなんて信じられる? 

そう、ALI MALL (アリ・モール) と ARANETA COLISEUM (アラネタ・コリシウム) に代表される、Q.C.(ケソンシティー) の CUBAO(クバオ)。
もっと言えば、FARMERS MARKET (ファーマーズ・マーケット)や NEPA Q-MART のウェットマーケットがあるクバオ。

《"CUBAO(クバオ)”の裏側》なんてタイトルにしましたが、怪しい裏世界のお話ではありません。
本当に「裏側」なんです。 EDSA(Epifanio de los Santos Avenue)側からは、わかりません、多分。EDSA の東側 ARANETA CENTER (アラネタ・センター)の大変貌ぶりは。

先月 ANTIPOLO(アンティポロ)からの帰り GREEN HILLS に行く途中に立ち寄ったので、正に裏側からこのエリアに入ったというわけです。
GATEWAY MALL の事はP-ナフレンドから噂は聞いていましたが、どうせクバオ、とそれほど気にもとめていなかったのは、迂闊でした。

CUBAO 2

高架鉄道の MRT3 (Mass Rail Transit) と LRT2 (Light Rail Transit) が交差する地点。 東西と南北を結ぶ両線の乗り入れが始まったことから、急激に開発が進んだようです。
事情通によると、このエリアには今後5年間で、ホテル、モール、コンドミニアム、オフィスなど、17棟ものビルが建ち並ぶ予定だそうです。(補足説明用写真は、ipi-pさんがアップされています)


CUBAO 3

こんなの(↑)昔のクバオからは想像できません。MAKTI(マカティ)以上じゃない?
左:GATEWAY MALL の中心、オアシスと呼ばれる部分。残念ながら、雨でカフェは閉鎖していました。
右:4Fの映画館、CINEPLEX*10 も宇宙的。

MALL OF ASIA は、フィリピン、日本を問わずネット上でよく話題になっています。
でもARANETA CENTER のことは、ピノイブロガーさん達のサイトでも殆ど目にしたことがなかったので、まさかあんな風に変貌を遂げていたとは、想像もしませんでした。
MALL OF ASIA の出現より(オープンしてからはまだ行ってないけど)、ARANETA CENTER の変貌ぶりの方が、私にははるかに衝撃的です。


CUBAO 7


このあたりいったい、道路も街路樹も整備され、中央分離帯にはパームツリー。
ビバリーヒルズみたい?なーんて(これはちょっと言い過ぎ)。

↑CAPIZ(カピス)ライトもこんなに。夜になるときれいでしょうね。
どなたかマニラ在住の写真ブロガーさんが、夜景を撮ってアップしてくださるのを期待してしまいます。
(どんな雰囲気になるかだけでも今見たい方は、ipi-p さんの6月24日付け「アンビエンス」をご覧ください。) 


☆地理がいまいち?な方は、こちらをどうぞ。
☆MRT&LRT の 路線図

ranking ←「海外旅行」ブログランキングに参加中。 ”ポチ”っとご協力を!


この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
カピスライトがたくさんぶらさがった木々の写真が気になりました。夜になったらきれいだと思います。
で、隅っこにダンキンドーナッツの看板が。普段ドーナツは食べないのですが、気になるものの1つであります。

P.S.
 そうですか・・・。あれでは「ハロ」だけですか。はあ〜っ(ため息)。
Posted by meteortrain at August 05, 2006 15:03
☆meteortrain さん、
カピスライトのぶらさがった木々が立ち並ぶ歩道と向かい合うように、中央分離帯にはパームツリー、この光景はちょっと感動ものです。
夜景見たいですよねぇ。i さんとか、m さんとか、f さんとか、どなたかがそのうち・・・。
そんな時の目印になるかと思って、ダンキンドーナッツの看板も写したのに(ウソ)。

P.S. あれの本物はそのうち現地にて!
Posted by harana at August 05, 2006 16:50