October 03, 2006

◇フィリピンの ”ドリアン・スウィーツ”

DURIAN12
マニラでは、停電など台風 Milenyo(ミレニョ)の爪あとがまだ残る先週末。 
その頃日本いる私は、フィリピン繋がりの友人宅にお呼ばれに行きリビングを物色していて、DURIAN DELIGHT(ドリアン・デライト)なるものに遭遇。

「美味いんだよぉ〜」という一言に、食べちゃうだけじゃもったいない、せっかくだからブログネタに、と持っていたデジカメでバシャッ!(まだコンデジ。情けない、トホホ)

ちょうど、miccasharon さん も数日前に、ドリアンの写真をアップされていたことだし。 この際便乗することに。



DURIAN DELIGHT とはいかなる物か、と申しますと、
このような(↓)ものにございます。

DURIAN1

フィリピンには、pastillas de leche (=「パスティリャス・デ・レチェ」または、milk candy ミルクキャンディ)というミルクと砂糖を煮詰めて短い棒状にしたお菓子があります。
写真がないので、興味のある方はこちらをどうぞ。Bulacan(ブラカン)の pastillas de leche 作りの工程を見ることができます。

pastillas de leche の食感は、「かなり固め」のマッシュポテト、あるいは和菓子の練り切り。(あくまでも類似した「食感」です。味ではありません。)

DURIAN DELIGHT は、正にドリアンフレーバーの pastillas de leche といったところ。
形状は、棒状ではなくてボール状ですが、ベースはリッチなミルク味。

一番気になるところは・・・・、ニオイでしょうか。
包み紙を開くと強烈なニオイが・・・、なんとことはありません。
大丈夫。まったく無臭というわけではありませんが、「ホテルへの持ち込み厳禁!」といわれるほどの悪臭はありませんので、ご心配なく。
ほんの少ーし、臭うかな?っという程度です。

DAVAO(ダバオ)にお出かけの折には、お土産にこのDURIAN DELIGHT はいかが?(これは、ダバオ産です。)

生ドリアンの写真は、micca 師匠のブログでどうぞ。職人肌のおにーさんが、ドリアンをぶった切ってる(すみません、ちょっとネタです)臨場感のある写真が掲載されています。


ranking ← 「また、食物ネタに逆戻りかよぉー」って? まぁ、とりあえず、クリックのご協力を!

 

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
こんばんは、
フルーツの大様、ドリアンってどんな香りがするんでしょうね。気になります。(臭いを知らないから言えるのかな?)植物なら何でも食べてみたいです。
Posted by 一緒に夜空眺めよう at October 03, 2006 19:59
☆yozora さん、こんばんは。
臭いのきついものは、好き嫌いが極端みたいですね、クサヤとか納豆とか。
私は、クサヤはok だけど納豆はどうしてもダメです。
ドリアンは、フィリピンでのお楽しみに。(ほかにも珍しいフルーツがいっぱいですよ〜)
Posted by harana at October 04, 2006 00:38
ドリアン、昔はダメでした。
今はどうかなーーー。

ドリアンって日本でも売ってます?
Posted by Pombo at October 04, 2006 23:56
☆Pombo さん、
ドリアン、日本でどうでしょう?
ニオイのことを考えるとねぇ。
何でもあるインタンーナショナルな日本としては、高級果実店にはあるかもしれませんね、隔離されて。
Posted by harana at October 05, 2006 13:38
Haranaさん
Durian Delight、中身を見たのは初めてです。でも、フィリピンには、色セロファンで包んだお菓子が多いですね。何となくほのぼのとしていますね。
私は、ドリアンはおいしいと思って食べられますが、部屋に置いておくと、部屋の外から匂うのには閉口します。(冷蔵庫に入れると、出した後も2,3日匂いがします。)
でも、フィリピン人でもドリアン食べられない人、たくさんいますね。意外ですが・・・。ダバオの人は全部好きのようです。ダバオといえば、マンゴスチンのジャム(プルーンのような感じ、あの皮を煮るのでしょうか、濃い紫色)とか、ポメロのママレード(ピンク色、果肉だけでママレードってできるのか?)などユニークな果物加工品を空港で売っていました。そうそう、ドリアンキャンディーも。
Posted by SHIN at October 06, 2006 14:19
☆SHIN さん、
ポメロの「ピンク色のママレード」というのが気になります。
ママレードって皮から作るのではなかったでしょうか?
果肉はピンクでも外は黄色ですよねぇ。
着色なのかなぁ。見てみたいです。
Posted by harana at October 07, 2006 09:07
はじめまして。

匂い物ですね・・・ドリアン。
カンボジアの人が、毎日食べているとやみつきになるんだよーと言っていました。

ちなみに私はクサヤは×ですが
納豆はOKです。
Posted by moko at October 16, 2006 01:44
☆moko さん、

ようこそ。

昨日、ピーナフレンドから、ドリアンチップスをすすめられました。
が、丁重にお断りしました。
一度タイ産のものを食べて、最悪だったので印象悪いです。

また、お越しください。
Posted by harana at October 16, 2006 11:36
Haranaさん 続報です。
ポメロママレードを入手、食べてみました。要は、Bagoonのように赤く着色した果皮と、果肉をゼリー状にしたもの(これも着色しているはず)の混合物でした。果皮が少ないので、ママレードらしい苦味がほとんどなく、甘さが目立ちました。もっと果皮をたくさんいれれば、けっこういけると思いますが。
着色といえば、フィリピンのHotdogというソーセージの着色もすごいですね。まあ、日本でも昔はウインナソーセージや焼豚も赤い時代がありましたけれど。
Posted by SHIN at October 16, 2006 12:46
☆SHIN さん、
続報ありがとうございます。
そうですか、やはり着色ですか。
果肉より、皮ですよね、マーマレードは。
日本の赤いウインナーは、今も熱狂的ファンが多くいるようです。
(芸能人もよく言ってますね)

これからも、現地情報よろしくお願いします。
Posted by harana at October 16, 2006 22:30