July 12, 2008

◇フィリピンのプロビンス、Bicol(ビコール)地方へ [ Vol.1 CWC ]


cwc villa

< Villa @CWC >


*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*



Legaspi (レガスピ)行きから、○X年ぶりの Bicol (ビコール)地方。

年月はずいぶん経過していても、信号もなく、トラフィック(交通渋滞)もなく、高層ビルもなく・・・・、変わることのないのどかな風景に心なごみます。

Bicol 出身の P-ナフレンドのホームタウンは、Camarines Sur (南カマリネス州) Naga (ナガ)。
マニラに住む本人は、「重要なミーティングがあるから自分は行けないけど、現地では親戚縁者総出で何もかも面倒みさせるから行ってくれば?  未開拓同然のビーチもあるし。」と背中を押され、半ば強制的に Naga 行きのフライトをブッキングされたのでありました。

本当は別に行きたい場所があって準備を進めていたのですが、目的地へは国内線飛行機はモチロンのこと、バスやボートを乗り継いでいかなければなりません。それに乗車・乗船時間も短くはありません。
初めてだし、一人で行くのはちょっときついかも? と心細く思っていた矢先にこのオファー。 トランスポーテーションの心配もしなくていいのなら、まっ、いいっか。そしてなにより「未開拓のビーチ」というのにそそられる。 ってことで、急遽行き先変更。

ところが、出発寸前になって、Naga のホテルがどこも満室、空室がない!ということが判明。 あんな田舎でありえない!と思われるかもしれませんが、丁度ウェイクボードの世界選手権が開催されていて(7月1日〜6日)、世界各国から出場者や観客がわんさかと Naga に集結していたのです。 どうりで。 (フィリピンで一度にあんなにたくさんの白人集団を見たのは初めて。)


* * * * *


cwc 1
(空の色が変? 大目にみて!)



Naga とその周辺地域は、至る所このイベントのバナーや看板だらけ。 そういえば、マニラの空港にもバナーが飾られていました。


でも、世界選手権がどうしてこんなフィリピンの片田舎で? と疑問に思うでしょ?
なんでも Camarines Sur の若き州知事(L-Ray Villafuerte 氏。確かまだ38歳くらい)がウェイクボードのファンで、Naga にウォータースポーツ施設の立派なのを作っちゃったらしいんです。
Batangas (バタンガス)にもウェイクボードが楽しめる施設はあるらしいのですが、ここ Naga の方がずっと人気があるということで、南カマリネス州を代表する観光スポットとなっています。

このウォータースポーツ施設は、CWC (Camsur Watersports Complex) と呼ばれ、ウェイクボードやウォータースキー用の近代的設備(Cable Park というらしい)を有し、ボートレースができる人工池、スイミングプール、エコビレッジ(動植物園)、様々なタイプの宿泊施設等が隣接しています。




cwc 2

《 競技中のカッコイイ写真は HP に掲載されているので、そちらをどうぞ。》


cwc 3

《 この装置が Cable Park と呼ばれる所以? 》



cwc 4



cwc 5

《 プールサイドでマッサージを受けることも可能。》


* * * * *




トップ写真(↑)のプールがあるのは、"Villa" と呼ばれる宿泊施設のひとつ。(P−ナフレンドの親戚縁者は、私の宿泊先としてここを予約してくれる予定だったらしいんです。 残念。)
他にも、Container (コンテナーを改造したもの)、Cabana、Mansion、と呼ばれる宿泊施設があります。(詳細は→ こちら
現在の室数では足らないのか、Villa の前の草むらでは急ピッチで Cabana の増築工事が進められていました。



話を戻しますが、泊まるホテルがない私は、[P−ナフレンドの] → [今はマニラに住む、Naga 時代の先輩の] → [お姉さんのお家] に泊めていただくことになりました。
これってとってもフィリピンチック!! 見ず知らずの、それも外国人を平気で受け入れちゃうんです。 "友達の友達はみな友達" 的感覚!! これぞ、名高い Filipino Hospitality (フィリピノ・ホスピタリティー/おもてなし精神)!!


P−ナフレンドの親戚縁者に見守られ、今回の旅が始まりました。 ここCWCから。


・・・ to be continued ・・・



この記事へのコメント
コメント有難うございました!

すいません、たまたま知事さんと隣合わせなっちゃったので、ついつい先にUPしてしまいました・・・

CWCに行かれたのですね!やるなぁ・・・

素晴らしい施設ですよね。
何組かの日本人ウェークボーダーにご紹介したりしましたが、行った人は皆メチャクチャ満喫していました。

ウェイクが好きな人は、フィリピンのイメージ云々なんて全然関係なく、滑れるんであればどこでもいきますからね!

ちょっとニッチですがそんなポロモーションの方法もあるのではないかと思います。。
Posted by manila-ceo at July 12, 2008 01:38
☆manila-ceo さん、
こちらこそお騒がせしてすみません。
早朝 Naga の空港に着くなり、自動的に
迎え人にCWCに連行されてしまいました。(笑)
VILLA に宿泊できなかったのが残念です。
ここの知事さん、人気があるみたいですね。
民間も彼のプロジェクトには好意的に
協力しているな、という印象を受けました。
Posted by harana at July 12, 2008 15:18
ハラナさん,本当はウェイクボードの大会に出場するために渡比されたんじゃないですか? (^_^)
Posted by cattle at July 14, 2008 17:59
ウェイクボード始めなきゃ(笑)
それにしても、州知事がファンってだけで、こんなかっこいい施設を作っちゃうなんて。
Posted by maligaya at July 14, 2008 22:45
☆cattle さん、
一回くらいやってみたいという気はありますが、
誰に見られてることやら。
最近写真ブロガーさん達との交流もあるし、
流れ弾に当たるかも、と思うと恐ろしや〜(笑)


☆maligaya さん、
ここの州知事は、日本語教育にも熱心なんだそうです。
観光客だけでなく、日本企業を誘致すれば市民も職につける、
でも日本人英語できない、だから日本語を勉強すれば、
雇用されやすい、って考えらしいです。
そのうち、Cam Sur 州は、ハワイみたいにお店に入ったら、
日本語で対応してもらえるようになるかも。
ウェイクボードもそりゃ、日本語で教えてもらえたら楽よね。
Posted by harana at July 15, 2008 09:50