July 31, 2008

◇フィリピンのプロビンス、Bicol(ビコール)地方へ [ Vol.7 Camarines Sur(南カマリネス州) ]


LaIsla 1


《 Inflight Magazine、"LaIsla" - July Issue》


*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*



Manila - Naga 間に利用した Air Philippines の機内誌、 "LaIsla"

CWC (Camsur Watersports Complex) におけるウエイクボードの世界選手権の開催と Caramoan 半島の Gota Village Resort のオープンにちなんでか、この号では大々的に CamSur (南カマリネス州)の特集が組まれていました。




LaIsla 2


フィリピンではトラベル・フォトグラファーとして名高い、George Tapan 氏を起用しているのも、PRへの意気込みが感じられます。


Naga 行きを勧めてくれた P-ナフレンドから 「うちのプロビンスは、とってもアクティブよ。積極的かつ漸進的!」と聞かされていましたが、現地に行ってみてそれを強く感じました。
CWC といい、Caramoan 開発といい、この州はホント気合い入っていますね。 それが肌で感じられる、っていうのは珍しいかも。
若き知事(Luis Raymond F. Villafuerte, Jr. )の斬新的なアイデアに、市民も快く賛同している、そういう印象を受けました。


Caramoan 開発には、まだまだ相当額の予算を投じる準備があるそうです。
5月に視察に訪れたという アロヨン も、 Caramoan を "Bicol の Boracay" なとど賞賛し、現在最もウィーク・ポイントとなっているこの地へのアクセスとインフラの整備を誓ったそうです。

「過剰な開発は避ける」と断言しながらも、観光省もバックアップ、というかプロモートする意欲満々なので、今後はより知名度も高くなり、ますます観光スポットとして開けていくことでしょう。 (行くなら今のうちかも)


caramoan
《 Caramoan からの帰り。 山が切り開かれ、陸路の整備が始まっていた。》



またこの州では、これも知事の発案で日本語教育にも随分と力を入れているそうです。 観光客及び、企業誘致をする上での有利性を考えてのことなのでしょう。

Naga の宿泊先(P-ナフレンドの、先輩の、お姉さん宅)で、州知事の事、CamSur 州の事、Caramoan の事などを話題におしゃべりしていると、お姉さんはいつしか知事のことを "Our Governor" から、 "My nephew" と呼び方を変えていたのでした・・・。



* * * * *



Bicol に関するネタはまだありますが、ちょっと飽きてきたので、次回の投稿はマニラに話題を移すつもりです。



■今回の Bical 行きに関する投稿一覧(↓)

◇フィリピンのプロビンス、Bicol(ビコール)地方へ [ Vol.1 CWC ]

◇フィリピンのプロビンス、Bicol(ビコール)地方へ [ Vol.2 プールサイドで朝食を! ]

◇フィリピンのプロビンス、Bicol(ビコール)地方へ [ Vol.3 パラダイスは遠い・・・ ]

◇フィリピンのプロビンス、Bicol(ビコール)地方へ [ Vol.4 アイランド・ホッピング ]

◇フィリピンのプロビンス、Bicol(ビコール)地方へ [ Vol.5 Gota Village Resort ]

◇フィリピンのプロビンス、Bicol(ビコール)地方へ [ Vol.6 山頂の聖母マリア ]



この記事へのコメント
こんばんは。
堪能された模様ですね。
私も旅行へ行きたいです。
美味しいもの食べて写真撮ってお酒飲んで・・・。
やりたい事はいろいろです。(笑)

フィリピンの貴重な観光スポットですね。
Posted by 一緒に夜空眺めよう at August 03, 2008 23:29
★yozora さん、
こういう所は、2,3日の短期滞在ではだめですね。
少なくても1週間くらいはいて、ゆっくりと過ごさないと。
今回のように予定していたのに、「行き忘れた」、
「食べ忘れた」なんて、そんなの最悪です。(笑)


Posted by harana at August 04, 2008 14:25