February 12, 2009

◇番外編:遠出中につき、フィリピン・ブログは、しばしお休み [2009/02 中国編 Vol. 5]


shanghai 6


*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*


上海では、大満足の中華三昧でしたが、お料理の

品数が多くてすべては紹介しきれないので、特に

印象深かった数点のみをアップすることにします。



上の写真は、「野生菌」というものだそうです。

引いてしまいそうな名前ですが、食べ物です。

「菌」は中国では「キノコ」のことだそうです。

つまり「天然キノコ」、正式名はわかりませんが。


これは、カサはシメジのようにも見え、茎はエノキの

ように長く見たことがない種類です。 お味の方も初体験。

干しキノコのキンピラって感じで、クセになりそうなお味。


干したものが完全に戻る前に調理してあるのか、

あるいは水に浸しても完全に戻らないくらい長時間

干してあるのか、シャキシャキした繊維の歯ごたえが

残っていて、この食感はたまりません。 


生は、こんな状態です。↓


shanghai 8





翌日も同じ素材のお料理がでてきました。


shanghai 7


が、こちらは殆ど生状態。 とても前日のものと同じ

素材だとは思えまえん。 確かにシャキシャキ感は

あるのですが、間違いなく前の方が美味しい! 



* * * * *


shanghai 9


こういうのを点心と呼ぶのでしょうね。

サクサクのパイ生地の中からは、何か甘いタネが

出てくるのかと思っていたら、なんと千切り大根が

包まれていました。 料理名を聞いてみると、「夢ト酥」

(発音:Luo Bo Shu)だと教えられました。 「夢ト」は

大根のこと、「酥」は料理法を表しているということです。


* * * * *


shanghai 10


レンコンのもち米詰め。 レンコン自体にも

甘辛い味がしっかりとしみ込んでいました。



* * * * *


そして、帰りの機内。 スパークリングワインはあるし、

C国行きは日本のエアーラインに限る、とあらためて

実感させられるディナーなのでした。(単純すぎ?)


shanghai 11

《 NH154 PVG - KIX 》

・ポークハムのゼリー寄せ
・パンプキンサラダ
・ピクルス
・すずきの上海風しょうゆソース
・玉子炒飯
・和ソバ



* * * * *


中国編はこれにて 「完」



この記事へのコメント
こんばんは。
菌(笑)美味しそうですね。 シメジみたいですね。
蓮根のもち米詰めも美味しそう。
ご飯前なのでよだれが・・・。(笑)

先ほどはお騒がせしましてすみません。m(_ _)m
Posted by 一緒に夜空眺めよう at February 12, 2009 19:45
★yozora さん、
お食事前に来ちゃダメですよ。(笑)
シワシワの菌(笑)が、あんなに美味だとは、
大発見でした。
蓮根にもち米を詰めるという発想も面白いですね。
中華料理はどこに行っても、それほどはずすことは
ないのに、機内食が何故あんなに最悪なのか不思議。

Posted by harana at February 12, 2009 23:30