March 04, 2011

◇フィリピンのプロビンス、Batangas (バタンガス)州、Taal (タール) の町へ [Vol. 2 Town Plaza ]



calle g. punzalan


*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*


[Vol. 1 Heritage Town ] の続きです。





Taal の町の中ほどには、


park


庁舎、公園、教会などが集まる広場があります。




escuela pia

《 Escuela Pia 》


こちらは、高台の教会へ続く階段の手前にある "Escuela Pia" と呼ばれる古い建物。 1853 年に聖アウグスチノ修道会によって建てられ、修道院として使われたり、聖母マリア像の一時的な安置場所であったり、また改修工事中の教会にかわってミサを行っていた場所が、後に青少年のための教育施設となった建物です。 
現在の建物は、1885年に建てられたものを Taal Arts and Culture Movement (「タール芸術文化運営協会」とでも訳すべき?)と National Historical Institute (「国立歴史研究所」?) が共同で修復、復元したものであるということです。 現在は町の文化センターとしての役目を担い、ウエディング会場として使用されることもあります。


escuela pia 3



* * *



Basilica de San Martin de Tours 1

《 Basilica de San Martin de Tours 》


タール公園を見下ろすように高台に建つ巨大なバロックスタイルの大聖堂 "Basilica de San Martin de Tours" 、その大きさはカトリック教会としてはアジア最大だと言われています。 ( 幅 45m、長さ96m )
ファサードの二本ずつ並ぶ柱は、下の部分は イオニア式、上の部分は コリント式 だそうです。




Basilica de San Martin de Tours 2



最初、San Martin de Tours を守護聖人に、町が制定されたのは 1575 年、現在の場所ではなく Lumang Taal (現 San Nicolas ) という、より Taal 湖 に近い地域でしたが、1754 年の Taal 火山 の噴火による被害で 1755 年現在の場所に移り、教会も再建が始められました。 

現在の建物自体は 1858 年に建設が始まり 1878 年に完成したものですが、 この場所に移ってからも、更なる Taal 火山の噴火、地震、台風などの被害に見舞われ、何度も建て替えと修復を余儀なくされてきています。





taal park

《 Taal Park を見下ろす Basilica de San Martin de Tours 》




・・・ 続く ・・・



* * * * *



にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ フィリピン旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

本日も "ポチッ" よろしくお願いします。 m(_ _)m