August 19, 2014

◇ フィリピン旅行の必需品


paperbag 1


*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

海外旅行用バッグには、幾つかのアイテムが入れっぱ、絶対に必要なので。 特に近頃のフィリピン行きに不可欠なのが、

折りたたみ傘
日本の夏もここ数年、急にザーッとやられることが頻繁に起こっていますが、P国も晴れていてもいつ降りだすかわかりません。 雨があがった、と油断していると、またザザーッ。 お出かけには折りたたみ傘が欠かせません。  雨降りでなくても、日傘にもなります。 ← これを実践している人、結構見かけます。


お買いものバッグ
軽くて小さくたためるバッグはマストアイテム。 忘れたら、SM の Kultura にでもまず行って、"Philippine" とか "Manila" とかプリントされたお土産向け風バッグでもいいので、これを買ってからショッピングに行きましょう。 (最近の Kultura には、可愛い系地名入りバッグが充実)  でなければ、とんでもないことになりかねません。 特にスーパーマーケットでお土産をまとめ買いしようとしているあなた、要注意!  


理由は ↓


paperbag 2

エコ対策なのでしょう、多くのショップ、特にスーパーマーケットでは、手提げのビニール袋からこんなリサイクル紙の袋にどんどん移行されています。 従来のビニール袋のように提げることができないので、手ぶらでお買いものに行くと、こんなのをいくつも抱えることになります。 (最悪の場合、スーパーのレジ横で売られているエコバッグ購入という手もありますが。)

前回、Powerbooks で 352 ページもある この 分厚く重い本を買ったら紙袋に入れられ、その直後、ドライフルーツをまとめ買いしようとスーパーに行くと、また紙袋。 たまたまバッグを車の中に置いてポシェットだけで出てしまったので、両方抱えて歩くのは大変でした。 これで急な雨にでも降られたら、もう目もあてられません。





paperbag 3

コンビニも紙袋に移行中のようです。 Mabini のセブンイレブンはビニール袋でしたが、Ortigas のセブンイレブンは紙袋でした。 
ショッピングモールにあるフードコートのテイクアウトにも、やっぱ紙袋。 中身によっては手提げが欲しい〜。
ちなみに、トップ写真にあるように Kultura は手提げの紙袋でした。 


缶ビールやドライフルーツなど重いものは、ご丁寧に袋を二重にしてくれます。 お土産物を紙袋ごと旅行バッグに詰め込もうとすると、かさばるのなんの。 なので、パッキング時には解体が必要。 もうホテルの部屋は紙袋だらけ。 でも、すぐに捨ててはいけません。 思いもよらぬことに役立ったりします。 (↓)

外出中に突然の土砂降り。 必需品 折りたたみ傘は持っていたものの、舗装された道路でも水はけが悪く、おまけにガタガタなので水たまりだらけ。 モールの敷地内であっても屋外は道路と同じ状態。 Shangri-La Plaza からお隣の SM メガモールに移動するだけで足元びしょ濡れ、オープントゥではない皮のサンダルが悲惨なことに。 ホテルに帰って途方にくれていると、ふと目に留まったのが大量の紙袋。 そうだ、これでサンダルを乾かそう! (註:高級ホテルではないので、新聞のサービスは無し) 
紙袋を適当に切って丸めたら、つま先の部分に詰め込む。 ストラップにも巻きつける。 更に全体を包む。 これを時間をおいて数度繰り返し、なんとか応急処置完了。 

持ち帰った数枚の紙袋も、お盆休み中の豪雨で、またしても活躍するのでした。(↓)

paperbag 4



ここで気づいたのですが、ビーチに行く予定はなくても、必需品 としてPナご用達ビーチサンダル (いわゆるゴムゾウリ) は旅行バッグに入れっぱにすべきかな。 


pina 3

この写真が掲載されている投稿はこちら → 





* * * * *



にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ フィリピン旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

本日も "ポチッ" よろしくお願いします。 m(_ _)m




世界の家庭料理レシピサイト タベラッテ


↑ フィリピン料理モドキや、フィリピン食材を使ったレシピを投稿