July 19, 2018

◇ フィリピン・ビジネスミッション 2018 ・後編


business mission 21


*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*


《◇ フィリピン・ビジネスミッション 2018 ・前編》の続きです。

猛暑にやられて更新もかなり滞っていますが、お付き合いください。


前編 でお伝えしたように、フィリピン・ビジネスミッションのプログラムは、例年通り 【フィリピン インフォメーション セミナー】、【トラベルマート】、【カクテルレセプション】 の三部構成でした。概略は前編でお伝えしたので、それぞれで得た新情報等をお知らせします。 
まずは、インフォメーション セミナーから。

* * *

第一部【フィリピン インフォメーション セミナー】


【キーノート・スピーチ】

business mission 22

By Benito C. Bengzon, Jr.
フィリピン共和国政府観光省 次官


本国観光省次官のスピーチ、観光省大阪事務所によるプレゼンテーションにより、フィリピンの最新情報が届きました。

2017年度のフィリピンへの渡航者の伸びは 2016年度対比で12.8% 増、国別渡航者では、日本人は584,180人、8.82% の占有率で、2018年度第一四半世紀における伸び率は9%を維持しているそうです。

2022年フィリピン年間外国人訪問者目標は 1,200万人。日本人は 15% にあたる180万人を目標としています。それは、近年、旅行者を魅了する渡航目的の増加にも起因しているのかもしれません。例えば

■サーフィン
2020年の東京オリンピックの公式種目とされたサーフィンは、世界的な注目を集めています。日本サーフィン協会によると、日本人のサーフィン愛好家の人気ポイントとして、バリ、ゴールドコースト、カリフォルニア、ハワイに続いてフィリピンのシャルガオが5位にランクインしたそうです。シャルガオのみならず、ラ・ウニオン、サンバレス、サンファンなどのサーフポイントがフィリピンには点在しています。

■語学留学
語学留学先として既にポピュラーになったフィリピンですが、日本留学協会の発表では、今年フィリピンは、アジアで唯一海外留学のトップ5にランクインしたそうです。英語以外の母国語を持つ国でランクインしたのはフィリピンだけです。

■キリスト教徒向けツアー
最近では高山右近ゆかりのマニラの歴史的名所を訪問する日本キリスト教徒グループ向けの巡礼ツアーがリリースされています。


年々増加する渡航人数、それに対応すべくホテルの建設ラッシュも続きます。
2018年には約4,000 室を、今後3年間で8,000室のホテルルームを開設し、完成させる予定しているとのこと。

ホテルのみならず、空港のリニューアルにも渡航客増加に対する対応が著しくあらわれています。
*セブ・マクタン国際空港の第2ターミナルがこの7月から国際線専用ターミナルとしてオープン。太陽光発電+LEDでエコ設計。コンセプトは世界初の「リゾート・エアポート」、年間利用者数は450万人から 1220万人に増加する見込み。

*ボホールは、パングラオ島に新国際空港が2018年10月に稼動する予定。フィリピン初のエコ空港であり、年間のインフラ投資を促進するという大統領の約束を実施することとなる。年間2百万人の利用者を見込んでいるとのこと。



【Philippine Airline】

business mission 23

フィリピン航空のプレゼンテーションでは、前回 は就航前であった新機種A330-300 のサービス内容のおさらいと、今年就航の直行便 A321neo(マニラーブリスペン)、A350-900(マニラーN.Y.)の紹介。 フィリピンからノンストップで世界へ! 益々世界が近くなります。
そうそう。 今回配布されたリーフレット等の媒体では、今までの PAL のイメージ CA のオネーサンではなく、別にオネーサンに変わっていました。 以前のオネーサン ⇒ [, ★★ など]



* * *

第二部 【トラベルマート】、

business mission 24

本国観光省からの参加は Region 掘蔽翩凜襯愁鵝Region 察蔽翩凜咼汽筺。特に 新空港オープンという流れもあるのでしょう、Region のテーブルには中部ビサヤ地方のこれまで見たことがなかったパンフレットが用意されていました。全種いただいてきたことは言うまでもありません。、



個人的都合ではありますが、実は今回のトラベルマートでのベスト情報がこちら

business mission 25

《 Las Casas Filipinas de Acuzar 》


この施設を訪れたのは、ほんの3−4年前だと感じていたのですが、トラベルマートの最中に調べてみると、なんと6年も前でした。(⇒過去の投稿 《◇フィリピンのオールドハウス大集合》 [1], [2], [3], [4], [5], [6], [7], [8] )
 6年の間に約2倍の敷地にいくつもの新施設が増設されていました。
新施設は、宿泊施設のみならず、イベントが行えるようなスペースなど内容も更に充実しているようです。レストランにいたっては、6年前は1ヶ所だけだったと記憶していますが、現在6ヵ所だそうです。
最新の詳細は、HP ほか、宿泊予約サイトを参照してみてください。



* * *

【カクテルレセプション】


食事は立食のブッフェスタイル。 同じデーブルで今回初めてお会いした方々との会談が楽しいひと時でした。 実際にこのときの出会いから生まれ出た企画もあります。 


business mission 26

帰りにいただいたお土産は、こちら でも紹介し、長年お付き合いいただいているたココウェルさんのココナッツ製品セットでした。
フィリピン旅行だけでなく、フィリピンが誇るココナッツ製品にもご注目くださいね。


It's more fun in the Philippines!!!



* * * * *


にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ フィリピン旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ



本日も "ポチッ" よろしくお願いします。 m(_ _)m







facebookフィリピン雑貨のセレクトショップ、Filipiniana Select Shop HARANA の新製品情報などをお知らせしています。