March 21, 2017

◇ チョイスに迷う PAL (フィリピン航空) のビジネスクラス機内食


pr408-1



*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*



往路: 《 PAL (フィリピン航空) で久々にマニラへ 》 の続きです。




復路: マニラ 〜 関空 PR408便は、ちょっとした手続きでアップグレード。


ビジネスクラスの特権のひとつは、ラウンジの利用です。


mabuhay lounge

渋滞が心配で、早めにホテルをチェックアウトしたので朝食抜き。 

Mabuhay ラウンジで軽いブランチを取り、出発までを過ごします。



* * *


搭乗すると、離陸前に特製ウェルカムドリンクのサービス。

pr408-2

《 マンゴ・スムージー 》

後で見たメニューによれば、他に "オレンジ・ジュース"、

"Mabuhay フルーツ・パンチ" のチョイスもできたみたい。





機内食メニューが配られました。

pr408-5

PAL の機内食には、国内外の有名シェフが起用されています。


和食は1種類だけですが、洋食はメイン料理が2種類。 つまり、合計3種類から選択することができます。

■和食メニュー
 前菜:  七味風味スパイシーチキンと鶏松風 
       (七味をきかせた鶏肉と鶏ひき肉松風焼きの串打ち)

 小鉢:  黒豚、チンゲン菜とほうれん草のロール、
       木綿豆腐、胡麻ドレッシング

 甘味:  いちご大福

 漬け物: 大根、胡瓜、柴漬け

 お椀:  味噌汁

 台の物: 薄焼きビーフ、焼肉ソース、ポテト、ブロッコリー、
       チェリートマト、鮭ご飯と錦糸玉子
       (*英語版メニューの料理名も、Usuyaki Beef でした)


■洋食メニュー
 冷製料理: チキン・シシグのタコス(By Bruce Lim 氏)
        ガーリックヨーグルトソース、野菜のピクルスと共に

 ブレッドボウル: ブリオッシュ、ハードロール、ペストガーリックフォカッチャ

 メインコース:.檗璽テンダーロインのベーコン包み、BBQ ソース
        チェリートマト、ガーリック風味のさやいんげん&マッシュポテト

        ▲船ンパエリア (By Fernando Aracama 氏)
        チキン、マッシュルーム、ゆで玉子、アスパラガス

 デザート: Carmen's Best アイスクリーム、
        マンゴクリーム (By Fernando Aracama 氏)
        (マンゴスライス、レディーフィンガー、クリーム)
        


和食も、洋食も、なんだかチキンが多い、苦手なチキンが・・・・。 う〜ん・・・。 悩みましたが、どちらを選んでもチキンはもれなくついてくるので、PAL マスターシェフのお料理が味わえる洋食にしました。
さてメインですが、メインまでチキンは辛いので、マスターシェフのお料理ではないですが、,離檗璽をチョイスしました。



お料理のチョイスを CA さんに伝えたら、食事の用意ができるまではしばし、おつまみで軽く一杯タイム。 (注文したドリンクが運ばれてこなかったけど。 ま、いいや)


pr408-3

MyPAL を起動



pr408-4

アナウンスでは、予定より 40 分近く早く到着するとのこと。

往路 で最後まで観れなかった映画の続き、観れるでしょうか???



* * *



いよいよお食事タイム


pr408-7

前菜の 《 チキン・シシグのタコス 》 と

デザートの 《マンゴクリーム 》 が一緒に

この状態で運ばれてきましたが、SISIG が見えない。



pr408-8

逆に置いてみました。


チキンと言っても挽肉なので食べられないことはないのですが、

一つだけにしておきました。 ボリューム有り。 3つも多くね?



* * *


pr408-9

《 ポークテンダーロインのベーコン包み 》


チキンパエリアにして、チキンだけ食べなければよかたっかな・・・



* * *


pr408-11

《 Carmen's Best アイスクリーム 》

コーヒーアイスに、キャラメリーゼして潰したカリカリの ピリナッツ 入り。

ローストしただけのものよりも、食感も味もこれが絶対にベターだ!!



* * *



pr408-12

《 マンゴチョコ・コイン 》

食後のホットドリンクには、あの絶品 の新作がついてきま〜す♪



* * *


PAL マスター・シェフのご紹介

今回の機内食には、こちらのシェフがコラボしていました。


pr408-14

《 チキン・シシグのタコス 》 の Bruce Lim シェフ



*


pr408-6

《 チキンパエリア 》、《マンゴクリーム 》 の Fernando Aracama シェフ




* * * * *



無事に映画の続きを観終わった頃、、


pr408-13


「まもなく着陸態勢に入ります。」


あ〜、同時に現実の世界が・・・・・



マニラ滞在中の報告は、また後日(⇒ )。







* * * * *



にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ フィリピン旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

本日も "ポチッ" よろしくお願いします。 m(_ _)m






facebookフィリピン雑貨のセレクトショップ、Filipiniana Select Shop HARANA の新製品情報などをお知らせしています。







  

Posted by harana at 14:14Comments(0)

March 14, 2017

◇ PAL (フィリピン航空) で久々にマニラへ


pr407-1


*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*


諸事情により、フィリピン行きを数ヶ月延期していたのですが、

やっと決行することができました。 利用したのは、いつもの PAL。 


* * *



新サービス!?


pr407-2

水平飛行になり、入国カード、税関申告書と一緒に配布されたのは、

P国で使えるプリペイド式の SIM。時代の移り変わりを感じます。

以前配られていたのは、フリーテレフォンカードでしたから。





pr407-3

Globe の 4G LTE、250MB が3日間フリーで使えます。

Mabuhay Mile メンバーには、マイレージ 500マイル付き。



* * *



では、毎度おなじみ。 機内食の報告です。


往路: R407 KIX - MNL

pr407-4

「メイン料理おあづけ状態の図」 です(笑)


もう恒例のようになっているこの状況。 そう、ノーチョイスな機内食!(前回
2列前の席までは、「■■ or △△?」 という CA さんの声が聞こえていたのに、ひとつ前の席では問いかけはなく、「はい、これどうぞ。」みたいな光景が、前の背もたれの間から見えました。

「えー、またぁ〜、勘弁してよ。」 と思っていると、やはりそうでした。 「チキンしかありません」 とお弁当箱を置かれそうになったので、ダメモトで言ってみました、やや消極的に 「アレルギーなんですぅ・・・」 って。

言ってみるものです。 「他のカートをチェックしてみますね。」 とメイン料理の器無しで、お弁当箱のみ置いて去っていったお優しい CA さん。

「アレルギーなので 『いりません』。」 と言うと、CA さんによっては 「あっ、そう。」 で終わってしまうこともあるので、言い方には要注意。(笑)



pr407-5

「■■ or △△?」 は、「ポーク or チキン?」 だったようです。




pr407-6

ポーク料理は、和風味で温野菜添えでした。 シャブシャブ? 

あとは金平、キューピードレッシング付きサラダ、フルーツ、最中。
 


* * *



食事が終わったら、到着まで 機内エンタテイメントで時間つぶし。

pr407-7

前回 も紹介しましたが、機体によっては持参するデバイスで

"myPal Wi-Fi", "myPal "Mobile", "myPAL Player" が利用できます。





映画や音楽を楽しむためには、専用アプリが必要です。


pr407-10

出発前に、ipad に myPal Player をインストールしておきました。

(iTune、 Google Play からインストールできます。)





pr407-8

「設定」で、「機内モード」 はもちろん 「ON」 です。

「Wi-Fi」 を 「ON」 にすると、ネットワーク myPAL にアクセス。





pr407-9


ホーム画面のサイドメニューから、「映画」、「TVショー」、

「PAL ビデオ」、「オーディオ」、「マガジン」等が楽しめます。




pr407-13

映画の選択肢は豊富




pr407-14

PAL ビデオには、"The Heart of The Filipino" も (ご参考 ⇒




pr407-12

サイドメニューには娯楽アイテムとは別に、「マップ」という項目も。

これをタップすると、出発地と到着地間の機体の現在地が表示されます。 

[「スクショすればいいのに」 という突っ込みは無しね。 (^ ^; もちろん
 気づいたけど、時すでに遅し。 気づいたのは帰り、それも到着間近 (>_<)]



また、どの画面も到着までの時間が表示されるので、とても便利です。

映画を観ている途中で、到着までに最後まで観れないことがわかり、

続きは復路で楽しもうと、キリのいいところで再生をストップしました。



・・・ 続く ・・・







* * * * *



にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ フィリピン旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

本日も "ポチッ" よろしくお願いします。 m(_ _)m






facebookフィリピン雑貨のセレクトショップ、Filipiniana Select Shop HARANA の新製品情報などをお知らせしています。







  
Posted by harana at 16:53Comments(0)

April 13, 2016

◇ とりあえず PAL (フィリピン航空) の機内食


pr407


*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

フィリピンに行っていました。 そのため (でもないかな?) しばらく更新が滞っていましたが、フィリピン滞在記を含め、また少しずつ更新していきます。 

取り急ぎ、 PAL の機内食のみ、アップしておきます。




往路: R407 KIX - MNL

pr407-1

またもや、ノーチョイス! (>_<) でした。 が、・・・

まだ新人っぽいPノイ CA が、テーブルにトレイを乗せながら、「フィッシュですが、いいですか?」 と申し訳わけなさそうに言うのです。
元々チキンとフィッシュの2択だったようですが、ラッキーにも、残ったのはフィッシュ。 好都合ではないですか! もちろん、若き CA には "No Problem!" とにっこり微笑んで答えましたよ。 (^ ^)





PR407-2

    ・野菜&海草サラダ、キューピー焙煎ゴマドレ付き 
    ・蒸しサーモン&野菜、味噌風味ソースがけ /ご飯 
    ・卵焼き / 炊き合わせ 
    ・フルーツ パイナップル&グレープフルーツ
    ・デザート 水ようかん
 
今回初めて体験する出来事が。 たいしたことではありません。 (^ ^; 
CA から 「お箸がいいですか、スプーン&フォークがいいですか?」 と尋ねられました。 いつもならどちらか、または両方がトレイにセットしてあるのに。  これも経費削減、資源節減の一環なのでしょうか?  いいシステムであることには違いありません。



* * *


復路: R408 MNL - KIX

PR408-1

帰りは チョイス可! でした。 wwww

「チキンとエビのナントカ (聞き取れず。 想像もできず。)」 または、「フィッシュフライ」 の2択。 大好物のエビに一瞬、心がゆれましたが、チキンと一緒では多分無理。 やはり無難なフィッシュに。



PR408-2

    ・ペンネサラダ
    ・白身魚のフリッター、野菜とペンネ添え
    ・パン&バター
    ・デザート カステラ生地にクリームとフルーツジェリーのせ

お気づきかと思いますが、ペンネがかぶってます。(>_<)  ありえないわ、こんなメニュー。
この時は、自動的にナイフ、フォーク、スプーンのセットがついてきました。 お箸が必要が尋ねられるのは、和食を選んだ場合だけのようです。 「チキンとエビのナントカ」 は、和食だったらしく、往路のようなお弁当風に提供されていて、これを選んだ前席の人は、お箸かフォークか聞かれていました。

ちなみに、ビールはハイネッケンでした。 San Miguel 社が手を引いてしまった今、もう あのサービス にはお目にかかれません、残念 (>_<);


★ 過去の機内食は → こちら




* * * * *


にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ フィリピン旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

本日も "ポチッ" よろしくお願いします。 m(_ _)m




フィリピン料理モドキや、フィリピン食材を使ったレシピを投稿 ⇒ 
(いつの間にか、【レシピブログ】に移行されていました・・・)



  
Posted by harana at 16:39Comments(0)

October 25, 2015

◇ ついつい突っ込みたくなるフィリピン旅行から戻りました


PAL


*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*


Malunggay 観察記録も放ったらかし、ブログ更新も滞ったまま、フィリピンに行っていました。(^ ^; 

毎度のことですが、ついつい突っ込みたくなってしまうP国です。 PAL も同様、今回も行きも帰りも突っ込みどころ満載でした (笑)。  でもね、 あれだけノーチョイス続きだった機内食 が、今回は往復共に無事 (笑)、チョイスができたのが不思議!!


しかし・・・、関空で搭乗する前から、突っ込みたくなりましたよ。 搭乗口で、「イエローカード(合ってるかな? 健康チェックの黄色の書類)」、「税関申告カード」、「入国カード」 を一枚ずつ取って搭乗するように、ってアナウンスしているにもかかわらず、一番重要な 「入国カード」 のケースが空っぽ!  機内で配布するからとのこと。 ま、いいや。 「イエローカード」 と 「税関申告カード」 の2種類だけとって機内に。


搭乗後配布されたのは、不足していた 「入国カード」 だけではなく、「イエローカード」、「税関申告カード」、「入国カード」 の3種類1セット。 当然、「イエローカード」 と 「税関申告カード」 は2枚ずつあることになります。



「イエローカード」

PAL 3

搭乗前に取ったのと、機内で配布されたもの。

あれ、なんだか違うような・・・???



PAL 2

裏面はそれほどでもないのですが (でも細部は異なります)



搭乗口でピックアップした表面

pAL 4

一番下の行が切れてる!?

え、しかも上下が逆!?




機内で配布された表面

PAL 5

左上が折れていて印刷されてないし (^ ^;

たまたまかと思ったら、お隣のも同じでした (>_<)


現地の新聞にはよくあるけど、まさかイエローカードまでとは。

日本なら、印刷ミスとして世に出ることは絶対にないよね。

ま、どちらを提出しても大丈夫そうなので、たいした問題ではないですけど。



* * *


では、チョイスできた機内食、いってみよう!



往路 PR 407 《Chiken or Pork?》

PR407-1

メインはポークのすき焼(?)風。 日本発はお米が美味しいですね。 

ポークもビックリするほど柔らか。 もみじ饅頭ははじめて。



PR407-2

写っていないけど、サラダにはキューピーのゴマドレが付いていました。



* * *

復路 PR 408 (Beef Stroganoff? or Pork SHOUGAYAKI?》


PR-408

"Pork SHOUGAYAKI" には一抹の不安があったため、ビーフストロガノフを選択。

正しい選択であったかどうかはわかりませんが、失敗でなかったとこは確か。



復路も突っ込みたいところですが、長くなるのでこの辺で。




P国滞在記は、近いうちに・・・







* * * * *


にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ フィリピン旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

本日も "ポチッ" よろしくお願いします。 m(_ _)m




世界の家庭料理レシピサイト タベラッテ


↑ フィリピン料理モドキや、フィリピン食材を使ったレシピを投稿





  
Posted by harana at 23:55Comments(0)

May 29, 2015

◇摩訶不思議な PAL (フィリピン航空) のコードシェア便


pr408-4


*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

久々にフィリピンに行っていました。



往路 PR407便 KIX - MANILA

pr407-1

えっ??????????

チェックインカウンターの表示に (*_*)

PR407 NH5329 って何よ!?

ANA (NH) が羽田―マニラ便を就航しているのは知っていましたが、これってどう見てもコードシェア便 (共同運航)扱いの表示じゃない?
予約する時には気づかなかったけど。

ANA (NH) はスターアライアンスメンバーなので、ANA で予約すれば同じスターアライアンスのタイ航空のマイレージになるかも! それならラッキー、とチェックイン中にグランドスタッフに聞いていました。
 「ANA との共同運航なのですか?」
 「そうです。 ANA マイレージクラブが使えます。」
 「スターアライアンスのマイレージはどうですか?」
 「PAL の Mabuhay か、 ANA マイレージ だけです。」

なーんだ。じゃ Mabuhay マイレージでいいや。

更に質問してみました。
 「いつから共同運航になったのですか?」
 「もう随分前からです。」
 「随分前っていつ頃ですか?」
 「・・・、2,3年前です。」

そんなはずはない!!!  まぁ、いいや。




* * *

満席でした。 機内食はまたノーチョイスかも (詳しくは →


pr407-2

いえいえ、「ビーフ or フィッシュ?」 

前列までまだCAの声が続いていました。



pr407-3

無事 「フィッシュ」 を選択することができました。 ホッ。 (*^_^*)



* * * * *



復路 PR408 MANILA - KIX

pr408-1

チェックインカウンターにはNH の表示無し。 

ってことはこの便は共同運航ではないの?




pal

出発まで、最近やっと簡単になった WIFI にアクセスしていると、出発便のアナウンス。 確かに NHxxxx 便 と言ってるような。 (後で調べたら NH5330)
でも出発ゲートの表示は PR のみ。 (NH で予約した人、お気の毒〜。 わかりずらいよ、これでは)

まぁ、いいや。



* * *


信じられないことに、時間通りに搭乗開始。

またもや満席 → またノーチョイスなのか?

pr408-2

「ビーフ or チキン?」

何故だか 「チキン」と答える声が圧倒的。



pr408-3

無事ビーフをゲット、 味は別として。 (^ ^;



* * * * *


ところで ANA との共同運航便ですが、帰国してから調べてみました。 往路 PR407便との共同運航便 NH5329 でググると確かにヒットしました。 「全日空 NH5329便(コードシェア便:フィリピン航空)は、関西(大阪) - マニラ区間で運航されているフライトです。」 と記載があります。


ところが、ANA の国際線予約サイトで KIX - MANILA を検索すると、

ANA

KIX からの直行便はヒットせず、羽田経由!? 

  NH094 07:00 大阪(関西) - 08:10 東京(羽田)
  NH869 09:55 東京(羽田) - 13:30 マニラ

  NH870 14:35 マニラ - 19:55 東京(羽田)
  NH3829 21:30 東京(羽田) - 22:45 大阪(関西)

すべて自社便(国内線NH3829 を除く) でヒットするようなシステム???


でも ANA マイレージクラブの 「提携航空会社一覧(マイレージ提携)」 というページには、確かに 「フィリピン航空」 の名前がありました。 (「※提携開始:2014年10月26日〜」 の記載も)

ANA にしても、 PAL にしても、共同運航をあまり表だってアピールしていない様子。 これって意味あるの???

まぁ、いいや、どうでも。 今回は往復共に機内食が「ノー・チョイス」ではなかったことだけでも、めでたし、めでたし。

現地での報告は、また後日・・・



* * * * *


にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ フィリピン旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

本日も "ポチッ" よろしくお願いします。 m(_ _)m




世界の家庭料理レシピサイト タベラッテ


↑ フィリピン料理モドキや、フィリピン食材を使ったレシピを投稿





  
Posted by harana at 11:28Comments(0)

October 28, 2014

◇ 間一髪!  "ノー・チョイスな PAL (フィリピン航空) の機内食" は免れたが・・・


pal 01


*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*


10日ほど前ですが、3泊だけ訪比していました。


取り急ぎ、お決まりの機内食ネタをアップしておきます。


* * *


往路 PR407 (KIX - MNL)

pal 02


このところ、たて続けに "ノーチョイスな機内食” を経験しているので、一応の覚悟をしての搭乗。
今回は珍しく、Airbus A340 (約290席) が満席に近い搭乗率! 後ろから3列目の席でした。
CA さんがカートを押して近づくにつれ、「チキン or ポーク?」 と問いかける声が聞こえてきましたが、(やっぱ選択肢のひとつはチキンなのか・・・。) 前の列で選択肢が終わってしまったことがあるので、自分の列になるまで、どうなるか気は抜けません。(←大げさな) 

さて前列の提供完了。 いよいよ番が回ってきました。 料理の写真を見せられ 「チキン or ポーク?」、もちろんポークを選択。 でもここで安心してはいけません。 経験上、問いかけに返答したからといって、希望したものが提供されるとは限りません。 テーブルにトレイを乗せられ、「ポークです。」 と料理名を告げられるまで安心してはいけません。 
過去に 「もうポークはありません、チキンです。」 ドンッ! とやられたこともありましたから。(^ ^;

今回は無事、ポークがゲットできました。 しかし・・・、ひとつ後ろの席で "Sorry No more chiken" という声が。 ちなみにチキンは、「ピーナッツソース味のチキンサテ」 だったようなのですが、お気の毒〜 (*_*)  自分でなく後ろの席ではあるけれど、やはり今回も途中で選択肢が無くなったのでした。  そんなにギリギリしか搭載していないのかなぁ???



で、お料理は

pal 03

メインが 「カツ丼」。 あと、「ヒジキ煮&野菜の炊き合わせ」、「サラダ」、「フルーツ (パイナップル、メロン)」、そしてデザートはまたしてもあの怪しげな 「京きな粉プリン」 (笑)

「カツ丼」 と 「ヒジキ煮&炊き合わせ」 のコンビって、見覚えが。 あの時 と同じじゃない?  でもね、見た目同じなのに、お味がまったく違ったのでした。 あの衣のサクサク感はなく、ポーク自体の味がちょと?だし、野菜も出汁も全体に味がぼやけてる。  前回あんなに高評価したのにー。 何故〜? 
カツは左の小さいのひとつだけいただきました、あ、それとタマゴの部分少々とインゲン少々。 あとは、ヒジキ、野菜、サラダを。  よかった、朝マック (ソーセージ・エッグ・マフィン&コーヒー) しておいて。   



pal 04

フィリピン入国には、通常の入国カード、税関申告カードの他に、現在はエボラ出血熱への対応なのでしょう、黄色のヘルス申告書が必要です。 入国だけでなく、トランジットだけの場合も提出が必要です。



* * * * *


復路 PR408 (MNL - KIX)


帰りもまたもや満席状態。 但し機材が行きより小さい Airbus A321 (199席)。 通路が真ん中に1本だけで、片側3席づつの国内線用みたいな機体ですが新しそうな内装でした。 予約時に座席表をみると、中途半端に2席並びになっている列がありました。 怖いもの見たさにそこを選択。


ここ (↓ )、初めてみる席

pal 06

非常口の一列前。 

3席並びではなく、通路側と中央だけの 2席です。 




pal 08

窓側は、CA 席




pal 07

わかりにくいですが、写真下中央付近に見える肘掛は、中央席の右側の肘掛。
つまり、通路から二つは乗客用、三つ目(窓側)は、 離着陸時の CA 席。 中央席乗客と CA は隣り合わせて座りながらも、乗客は前向き、 CA は後ろ向きってことです。 CA 席が使用されていないときは、座席が背もたれの方に重ねて折りたたまれているので、解放感があります。 肘掛をまたいで通路に出られるのではないかと思ったほど。 (さすがにしなかったけど)



あっ、機内食を忘れることろでした。

pal 05

またしても 「チキン or ポーク」 でした。  ポーク (料理名不明、多分 Paksiw) はゲットしたものの・・・、野菜ひとつ、ポーク1センチ角くらいの1カケでアウト。 チキン (照り焼き弁当でした) はダメなので、ある意味ノーチョイスかも。  Figaro のパンに Ubod (椰子の新芽) のサラダを挟んだ即席サンドイッチと白ワインですませました。


よかった、バイキング朝食しておいて

pal 06




現地滞在中の報告は、また近日中にでも。 

今日のところはこれにて失礼します。 m(_ _)m




* * * * *



にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ フィリピン旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

本日も "ポチッ" よろしくお願いします。 m(_ _)m




世界の家庭料理レシピサイト タベラッテ


↑ フィリピン料理モドキや、フィリピン食材を使ったレシピを投稿



  
Posted by harana at 16:34Comments(0)

August 08, 2014

◇ 記録更新 "ノー・チョイスな PAL (フィリピン航空) の機内食"


pr


*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*


事情があって、先週末、急遽渡比することになりました。


取り急ぎ、お決まりの機内食ネタをアップしておきます。


* * *


往路 PR407 (KIX - MNL)


pr407

《 カニ玉丼 》

ある程度、覚悟はしていましたが、予感適中!
機内食のカートが近づいてくるにつれ、状況が読み取れてきました。 CA さんの「●● or ▲▲?」 と問いかける声は聞こえず、「はい、どうぞ」 という声と共に、どーんとトレイが置かれている様子。 
またか (>_<) ヤバイ! と心配したのも束の間、 よかった、残り物はカニ玉丼でした。 前回の往路 と同じメインディッシュ。 デザートの怪しげな青りんごゼリーも同じです。  
違うのは、食器+トレイの組み合わせではなく、松花堂風の仕切りのあるお弁当箱スタイルに変わっていたこと。 それに、パンが無くなっていました。
以前、紙のお弁当箱に入っていた時は、食べにくかったり、ゴミが邪魔だったりで、大ブーイングしたいくらい最悪だったけど、今回は◎。 この方が、準備も後処理も簡単、かつ経費節減できるのでしょう。

ちなみに、もう一方の選択肢はポークだったようです。 これも前回と同じパターン。

選択できない機内食、前々回復路前回往路前回復路、今回で連続4回目! こんなことってある!?




* * *


復路 PR408 (MNL - KIX)


pr408

《 ビーフカレー 》

機内食のサービスが始まると、「チキン」、「ビーフ」 という声が聞こえました。 カートが近づいてくると、CA さんが写真を見せて、希望を聞きながらサーブしているのが見えました。 途中から、両側の通路にいる2台のカートがやり取りして、「ビーフある?」、「チキンある?」 と乗客のリクエストにしたがい、無くなったものを譲り合ってるのがわかりました。  前の席の乗客も希望を聞かれ、希望通りのものがテーブルに置かれた様子。 
いよいよ私にも写真が♪♪♪  Beef Curry と Chiken Inasal(グリル) の写真でした。 もちろん、Beef を選択。 すると、2台のカートのCAさんと別のCAさん達のやり取りが始まったと思ったら、結果は 「ビーフはもうありません」 となんと残酷な宣告。 
ここで、一か八か言ってみました。 「えーーーーーっ! チキンアレルギーなんですぅ。」 すると、CAさんが 「オーーーーー」 とマジで心配そうな様子。 (ん、これはいけるかも) 「他のカートにないかチェックしてくれない?」 とお願いしたら、その CA さん 「わかりました。」 と言って本当に探しに行ってくれました。 珍しいなあ、PAL にもこんな人がいるんだ。 途中で一度戻って、「もうしばらくお待ちくださいね」 って言いに来るし、ちょっと感動。(普通のことなんですけど、本当は) こうなったら、この CA さんに免じて、ビーフがあってもなかってもどっちでもいいやって思うくらいになってました。
かなり時間が経って戻ってきた CA さん、差し出されたお弁当箱には Beef と書いたアルミフォイルが!  (熱々だったので、予備のを温めていたのではないか、と推測しました。)

やばい、やばい。 危うく 「選択できない機内食・連続5回目」 になるところ、心優しい CA さんのおかげで未遂に終わりました。 その後も、「お食事いかがでした?」 とか笑顔で接しくれて、気持ちの良い旅の締めくくりとなりました。 ってまあこれが本来の姿なのでしょうけど。 たまにこういう場面に遭遇すると、当たり前の事でも感動しちゃうわ。(笑)


この CA さん談は別として、PAL に関しては、今回も色々と言いたいことは山のようにあるのですが、幸か不幸か帰国直後で多忙につき、「これくらいにしといたろ」 ってところです。  そのうちに、又グチるかもしれません。(笑)


ま、PAL には文句があっても、全体的に見れば成果大の旅でした。 今回の旅行記は、時間をみつけて徐々にアップしていきます。


fruit






* * * * *



にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ フィリピン旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

本日も "ポチッ" よろしくお願いします。 m(_ _)m




世界の家庭料理レシピサイト タベラッテ


↑ フィリピン料理モドキや、フィリピン食材を使ったレシピを投稿



  
Posted by harana at 13:04Comments(2)

March 24, 2014

◇ ノー・チョイスな PAL (フィリピン航空) の機内食で気づいた事


pal 07


*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*


マニラからの復路 PR408便。 往路 と比べると、搭乗率はかなり低く、やはりいつも通り空席が目立ちました。 よくわからないのは、こんな搭乗率で今月末から増便するってこと。 確かにフィリピンのイメージが変わりつつあるからか、客層も以前と比べると随分様変わりし、若い人達の渡比も増えています。 今回は、卒業旅行時期ということもあって、女子学生らしきグループも目立っていましたが・・・。

関空―マニラ線の増便は、毎日1往復、週7往復だったのが、週14往復のダブルデイリーに。
 継続 PR407 関空(09:55)→ マニラ(13:00)
 増便 PR405 関空(15:15)→ マニラ(18:20)

 増便 PR406 マニラ(09:15)→ 関空(14:15)
 継続 PR408 マニラ(14:25)→ 関空(19:25)


あと、羽田―マニラ便も就航開始。
 PR423 東京/羽田(01:30)→ マニラ(04:50)
 PR421 東京/羽田(15:20)→ マニラ(18:40)

 PR422 マニラ(08:55)→ 東京/羽田(13:55)
 PR424 マニラ(18:50)→ 東京/羽田(23:50)

名古屋中部―マニラ便も同時期にダブルデイリー化する予定が、こちらは延期になったとか。


増便のニュースを聞いた時から、こんなに増便して大丈夫か??? 何故??? と疑問を抱いていたのですが、よくよく調べてみると、機体が現行のものより小さいのが混じっているみたい。 小規模にして数をこなそう作戦?  PAL の HP では、継続便は Airbus A330-300 のままだけど、怪しい・・・。 搭乗率が低いと、 前回 のように国内線みたいな小型機に予告なしに変更されちゃうかも。 あの機体でのビジネスクラスは値打ちなさ過ぎ!


往路、復路共に選択肢が多くなったのは便利でいいことですが、機内食についていえば、なんだか選択肢がどんどん狭くなっています。 往路 で選択の余地がなかったとこは報告しましたが、復路も又残り物だったんです。 前回 の復路から3回連続でノー・チョイスな機内食。 こんな経験は、初めてです。 経費削減対策なのでしょうか? 搭乗客数ギリギリにしか機内食を用意していないのではないか、と推測してしまいます。  



ノー・チョイスで配られた PR408便の機内食

pal 08

ラッキーだったのは、残り物がまたもやシーフード♪ だったこと





pal 09

よーく見ると、かなりフィリピン色豊かなメニュー

(何故か、副菜―玉子焼き・胡瓜漬・沢庵―は純和風)





pal 11

まず目に留まったのが、Leche Flan (レチェ・フラン) 

お祭りやパーティーには欠かせないP国を代表するデザート、濃厚なカスタード・プディングです。 Minatamis na Garbanzos (ミナタミス・ナ・ガルバンソス=ひよこ豆のシロップ煮) も添えられています。 それに容器の蓋のデザインが印象的です。 





pal 12

パンは、国民的ベーカリー Goldilocks 製

昔ながらのおやつからケーキまで、子供の頃から誰もが慣れ親しんだブランド。 このロゴがあるかないかで、Pノイのテンションはきっとちがうはず。





pal 10

メインディッシュは、Rellenong Bangus (レリエノン・バグース)

フォークが魚の身にすっと入って、一口食べるとやけに柔らかい! 切り口をよく見たら、単なる魚の切り身ではなく、これもまた国民的P料理 "Rellenong Bangus" でした。 Bangus という淡水魚の身と骨を上手くはずして皮だけを残し、取りはずした身をほぐしてミジン切り野菜、レーズンなどと合わせたものを皮の中に詰め戻して揚げる。 それだけでも十分なのですが、こちらは更に角切り野菜と共にトマトソース味で煮込んでありました。 


機内食が運ばれてくる間、何度も 「チキン、チキン」 という声が聞こえていました。 「チキンしかありません。」 と言っているんだろうと思い、また San Miguel ビールとおつまみだけになるのか・・・、と半ばあきらめていたところ、そうではなくて 「チキンはもうありません」 ってことだったのです。 

往路の選択肢は 「ポーク」 又は 「カニ」 で残ったのは 「カニ」、 復路は 「チキン」 又は 「魚」 で残ったのは 「魚」。 これはもしかしてP人の乗客が多いと、シーフードよりも肉から先に売れていく、という法則が成り立つのでは?、ということに気づきました。 
では、前回 「チキン」 しか残っていなかったのは?  あの時は、「チキン or シーフード」 ではなく、 「チキン or ビーフ」、 あるいは 「チキン or ポーク」 という選択肢だったのではないかと推測します。
売れ行き順はきっと、1位:肉(ビーフ/ポーク)、2位:チキン、3位:シーフード、ではないでしょうか? あくまでも個人的見解ですが。 何かの参考にでもなれば・・・ (^ ^;

ノー・チョイスな機内食で落胆しないためには、配られるのが早い前方席(または中央から後ろの前の方の席) を指定しましょう。





* * * * *



にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ フィリピン旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

本日も "ポチッ" よろしくお願いします。 m(_ _)m




世界の家庭料理レシピサイト タベラッテ


↑ フィリピン料理モドキや、フィリピン食材を使ったレシピを投稿





  
Posted by harana at 15:26Comments(0)

March 20, 2014

◇ PAL (フィリピン航空) の嬉しいサービス


pal 01


*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*


先週末からマニラに行っていました。 行きの PR407便 は、シーマン (船乗り) でしょうか、OFW (Overseas Filipino Worker) らしきP人グループが多く、機内は久々にかなりの搭乗率。 珍しいな、いつもガラガラなのに。



〜 では、まずはお決まりの機内食から報告 〜


水平飛行にはいり間もなくすると、食事のがサービスが始まりました。 ところが、CAさんの ”●●● or ▲▲▲?” という問いかけもなく、当然選択肢もないままトレイがドーンと配られてきました。
「ウワッ! もしや、またもやチキン?」 前回 の悪夢が甦ってきました。  メインディッシュに被せてあるアルミフォイルに触れることなく、多分怪訝な表情で(笑)、PノイCAに思わず 「何これ!」 と聞くと、"Club Meat (カニ身) " との返事。


半信半疑でアルミフォイルをはずすと、

pal 02

あらら、「カニ玉丼」 でした。

足の細い部分とはいえ、カニの身がたっぷり。 初めてみるメニューです。 こんなのが売れ残りだなんて、シーフード・ラバーにはありがたい♪

あとから同じ便に乗っていた人に聞いたのですが、もう一方の選択肢は、ポークだったそうです。 でもポークの塊は一つだけで、「あとは野菜と、レバーもはいったような・・・」 という説明で、P国料理の "Menudo (メヌード)" だったのかな? と想像しています。 よかった、ポークでなくて、ホッ。 (^ ^;



pal 03

あとは、副菜に和の 「炊き合わせ」、ロールパン&バター、デザートは (怪しげな) 青リンゴゼリー。 (お味も怪しげ。 完食ならず。)

そして、そして、ドリンクは San Miguel ビールがありました。 少し前までは、ナショナルフラッグであるフィリピン航空機に、国内シェア 90% の San Miguel ビールがなかったのですよ。
以前、 こちら でお知らせしたように、国を代表する大企業 San Miguel 社が PAL に資本参加 (出資率 49%) したことで、機上の San Miguel が実現! 
ドリンクのカートに San Mig Light の缶を見つけた時は、小躍り状態。 いつもなら往路でのアルコールは避けているのですが、嬉しくてつい "San Mig Light, please" と言っていました。

食事の途中、ドリンクのカートが又まわってきますが、なんと! なんと! さっきのPノイCA君が 「"San Miguel" いかがですか〜?」 と声をかけながら近づいてくるではありませんか。 「お飲物いかがですか?」 ではなく、「"San Miguel" いかがですか?」 ですよ。 その上、彼が押しているカートには、San Miguel Pilsen、San Mig Light、それから赤っぽいのも見えたから、多分 Red Horse も。 とにかく、他のドリンクは一切なくて、San Miguel の缶だけを乗せた専用カートだったのです。 貴重な光景なのに、予期せぬ一瞬の出来事だったので、写真は撮れず、残念 (>_<)

さすがに、資本が変わるとサービスも変わりますね。 この調子で欠航、遅延を極力減らし、空港での地上オペーレーションも改善してほしいものです。 今後の San Miguel に、あっ、ちがう、PAL に期待します。



・・・復路 PR408便に 続く・・・




オ・マ・ケ・

pal 06

また入国カードが変わっていました。 ちなみに、P国出国時、日本人パスポート保持者は、出国カードの提出が不要になっていました。







* * * * *



にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ フィリピン旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

本日も "ポチッ" よろしくお願いします。 m(_ _)m




世界の家庭料理レシピサイト タベラッテ


↑ フィリピン料理モドキや、フィリピン食材を使ったレシピを投稿





  
Posted by harana at 17:24Comments(2)

November 01, 2013

◇ PAL (フィリピン航空) は利用するけれど・・・・・


PR407-1


*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

「スペイン旅行記配信中」 ですが、本来フィリピンブログゆえ、しばしフィリピンネタに戻ります。 ってか、実は先週フィリピンから帰国しました。  ホットなうちに書いておかないと、すぐに忘れちゃうので・・・ (^ ^;  しばらくフィリピンネタを続けることにします。


マニラ経由バンコク〜関空間の TG(タイ航空)便が運航を中止してしまって以来、P国行きには某P航空を利用していますが、まあ、毎回色々経験させてくれます。

今回は、既に出発前からややイラっとさせられました。 HPからチケットを購入した後、現地到着時刻が間違っているメールが何回も来るわ、「おかしい」 と指摘しても返事もないし。 
ま、これくらいどうなってことないんですけどっ。 ( ー ー)

出発当日のチェックイン時、予約しておいた席を確認したら、機材が変更になったのでその席は無いと言われ (こっちから確認するまで無視!?)、別の席を選んだわけですが、搭乗してみてあら、ビックリ。 変更した機材ってこれ!? (*_*)
普通、エコノミークラスだと機内に入って右側に、ビジネスクラスだと左側に進みますが、通路は右のみで、《 いきなりビジネスシートらしき二人掛けの座席あらわる! 》
通路を隔てて左右に二人掛けの列がほんの数列。 そこを通り過ぎると、エコノミー席。 三人掛けの座席が同じく通路を隔てて左右に。 中央の座席は無し。 これって国内線じゃ??? と叫びそうになったわ。

これまで何十回と(往復すると3ケタはいってる)、日本〜P国間の国際線に乗ってるけど、こんな小さい機体は初めて。  EU圏内同士の短距離間の移動でよく乗るのと同じじゃない?

他人事ですが、ビジネスクラスを予約した乗客さん達がお気の毒。 もしかしたら航空券の約款にこういう場合もあるって事が書いてあるのかもしれないけど、これで ”いつも” のビジネスクラスと同じ料金じゃねぇ。 ビジネスクラスって、機内食が豪華になるだけじゃなく、飛行中は広い空間で心身共にゆったりと過ごしたいっていう人たちが、その分高い料金を払ってでも予約するのだと思うけど、これではちょっとお粗末じゃなかと・・・。 



PR407-2

水平飛行になり、シートベルト着用のサインが消えてやっと、ビジネスクラスとエコノミークラスを仕切るカーテンが閉められました。 それまでは、エコノミーからビジネスが丸見え。




PR407-3

カーテンしてもまだ見えてる。 それに、狭そう (>_<)

そういえば、横を通って来る時、足元も狭そうだった。



座席前のポケットに機材別チャートが入っていたので、変更前、変更後の機材を比較してみました。

【変更前】 機材:Airbus A330-300
 ビジネスクラス 42席
 エコノミークラス 260席
 

【変更後】 機材:Airbus A320-200
 ビジネスクラス 12席
 エコノミークラス 144席


座席数が約半分の機材にになっちゃったってことですね。 確かに乗客は少なかったです。 安いLCC (Jetstar や Cebu Pacific) に需要が移ってしまっているのかな。 LCCとの差別化をもっと図らないと、どんどんお客が逃げちゃうよ。


座席に関しては、他に超ムカつく出来事があるのですが、思い出すとまた腹がたってくるので、スルーしておきます。  じゃ、お決まりの機内食いってみよう。



往路 PR407 KIX - MNL

PR407-4

カツ丼


今回は 「チキン or ポーク?」 というCAさんの問いかけだけではなく、2種類の料理の写真を見せられました。 珍しい! これはすごい! (他社では別にすごくないかもしれませんが、P航空にしてはすごいことです。 ←個人的な意見ですが。) チキンはダメなので、ポークを指さして、こちらをお願いします、と言ったのですが、サーブされてアルミホイルの蓋をとると、チキンだった〜 (>_<);;  当然ポークに交換してもらいましたけどっ。
で、カツ丼は、カツの衣が思ったよりカリっとしているし、カツとご飯の間の卵とじは彩りも鮮やかに人参入り。 インゲンまで添えられていて、全体的に見た目も奇麗。 まあ満足。
マニラのトンカツブームが機内食にまで反映しているのでしょうか? 




PR407-5

アイスクリームはミニサイズバージョン。 商品名はスーパーカップだけどね。(笑)
珍しく、出てくるタイミングも、固さ (とけ具合) もいいじゃないですか (^ ^)



* * *



帰りのマニラ〜関空は、機材に変更はなし。 予約した席に座れました。 では、帰りの機内食もいっておきましょう。




復路 PR408 MNL - KIX

PR408-1

以上。

はい、サンミゲールビールと、ナッツと、アイスクリーム。 以上です。 

機内食を運ぶカートが近づいてくると、CAさんから思いがけない一言 「チキンだけです。」
ガ〜〜〜ン (x_x)  「じゃ、いりません。 アレルギーなので」 と言うと、「あっそうですか。 じゃ、飲み物どうします?」 とあっさり。 前回 この手を使ったら、他のカートにチキン以外のものを探しにいってくれたけど・・・。 TGでも同じことがあって、その時はビジネスクラスに残っているものを持ってきてくれたけど・・・。 
(TG便なら、HPから特別機内食が予約できて、宗教上、健康上の特別料理だけでなく、シーフード料理を指定することまでできるのに・・・。 ← 以前に 投稿 有り )
「ご希望のお食事やお飲み物がお品切れの際はご容赦ください。」 ってHPにも記載されているし、もちろん承知しています。 別に文句を言ってるわけではないんですけどね。 

アイスクリームは、時間差ではなく食事のカートと同時に回ってきて、その時点でもうかなり柔らかくなってました。 マニラ発だとどうしても、こうなっちゃうのでしょうか?

ま、別にいいですけどっ、これくらいっ。 
空腹だったというわけでもないし、 ネタですから(笑)。 
実は、この日は朝から虫の知らせか、日頃食べないバイキングの朝食をしっかり過ぎるくらい食べていたんです。 だから機内食はいらないくらいで (^ ^;


BF

ちょっと食べ過ぎ


* * *



関空〜マニラ間は安いLCCも運航していますがデイリーではないし、発着時間帯がよくないし。 なんだかんだ言いながら、結局P航空を利用しています。 
でも正直なところ、 TGの復活を、もしくは成田〜マニラ間を就航している ANA が関空発も飛ばしてくれないかと、願うばかりです。



・・・ 続く ・・・




* * * * *


にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ フィリピン旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

本日も "ポチッ" よろしくお願いします。 m(_ _)m




世界の家庭料理レシピサイト タベラッテ


↑ フィリピン料理モドキや、フィリピン食材を使ったレシピを投稿




  
Posted by harana at 09:40Comments(2)

August 20, 2013

◇番外編: フィリピン・ブログは、しばしお休み [2013/06 Vol. 1 久々のTG (タイ航空)でハイテンション ]


TG


*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*


IFEX (国際食品展示会) 視察のための渡比から帰国してまもなく、また出国。  久々に TG (タイ航空) に搭乗! いつ以来かなぁ? 長年渡比に利用してきたマニラ経由バンコク〜関空便が運航を中止してしまったので、しばらくTGに搭乗するチャンスがなくて、多分最後はあの時 (往路復路) だったような・・・。 




久々のTG 搭乗でテンションがあがる (笑)


TG 11

チェックインするだけで (註:ファーストクラスではありません)





TG2

ビジネスラウンジに入るわけでもないのに、前を通るだけで、




TG3

機体を眺めるだけで、乗る前からすっかり気分はハイ♪





< 関空 11:45AM 発 TG623便 >

TG4

乗ったら乗ったで、増々テンションアップ。

パーソナルモニターがついているじゃないですか (@ @)  マニラ経由便 (TG620/621便) にはついてなかったのに。 バンコク直行便だからかな???  プログラムは豊富だし、操作はタッチパネルでも、リモコンでもどちらも可能。 あちらこちら触っていれば、バンコクまでかなり時間つぶしになりそう♪





お食事タイムです。


TG5

ラベルにご注目を!

航空券は、TGのHPからオンライン予約したのですが、その際スペシャルミールが選べるようになっています。 宗教上の理由や健康上の理由で特別な食事を前もってリクエストするのは他の航空会社でも対応していますが(フィリピン航空でさえ有り)、TGはスペシャルミールが細分化されていて、例えばベジタリアンメニューだけでも数種類も用意されています。 
それよりも何よりも驚いたのは、シーフード料理が予約できるようになっていたんです。 しばらく使っていない間にこんなサービスができていたなんて。 もうこれで、「チキン or xxx?」 と聞かれても、チキンではない方しか選択肢がないってことはなくなります。 チキンでない方がシーフードであるとは限らないし。 ミートはまず選ぶことがないので、最初から確実にシーフードがいただけることがわかっているなんて、なんて素敵! というわけで、シーフードメニューを予約しておいたのです。
搭乗するとまもなくCA さんが、スペシャルミールの確認にやってきます。 お食事タイムになると、SFML、つまり ”Seafood meal” と表示された食事が運ばれてきました。



TG6

サラダに、シーフードカクテル、そしてメインは白身魚のグリルでした。 パーソナルモニターで機内食メニューが検索できるようになっていますが、そこには通常食の料理名しか表示されないので、スペシャルミールの正式名はわかりませんが、もうこれだけで十分、大大満足です。





TG7

デザートは、マンゴスティンアイスクリーム


* * *


約6時間のフライトでバンコク Suvarnabhumi 空港に到着。 実は、この後、空港内で8時間半のトランジットタイムが待っていました。(日本に戻れるやん!)
時間つぶしに、ラウンジに行ってスナックをつまみながらビールなどをひっかけ、フリーの WI-FI でメールチェックとネットサーフィン。 それからタイマッサージを1時間半受ける。 その後はさっきとは別のラウンジに行って再びスナック + ビール + WI-FI、を繰り返す。  広い空港内は移動するだけでも結構時間がかかります。 いつの間にかボーディングタイムが近づいていました。




BKK

この先の階段を下りれば あの時 と同じボーディングゲートへ






< バンコク 00:05 AM 発 TG948便 >


TG8

まずは、カンパリソーダで。 

欧州便は、エコノミークラスでもカンパリがいただけます。 (アジア便のエコノミーにはないはず。)




お食事タイム (First Serving)


TG9

この路線は、敢えてスペシャルミールは予約しませんでした。 シーフードを予約してしまうと、さっきと同じような内容かもしれないし、もしかしたらこの路線ならではのメニューに出会えるチャンスを逃してしまう可能性があるから。 「チキン or xxx?」 でもいいや、その時は 「xxx」 を選ぼう。 それよりもどんなお料理 (調理法) が出てくるのか、そっちの方が楽しみ♪ 

オー、でもどこまでラッキーなのか、運よくシーフードが選択肢に入っていました。

 ・Marinated Prawn with Cannellini Bean Salad、
  Tamarind and Herb Sauce
  (エビとカネリーニ豆のサラダ、タマリンドとハーブのソースで)

 ・Pan-fried Snapper Fish with Tomato Tarragon Concassé
  Tossed Potato, buttered Vegetables
  (鯛のトマト&タラゴンのコンカッセソースかけ、ポテト&野菜添え)

 ・ロールパン、バター

 ・Mint Panna Cotta (ミント風味のパンナコッタ)

 ・コーヒー、紅茶


メインは、もうひとつ、Pork Panaeng Curry / Thai Hom Mali Rice / Thai Omlet(ポーク入りタイカレー / 香り米ごはん / タイ風オムレツ) という選択肢もありました。



食事も終わる頃になると、さすがに眠い。 日本時間なら午前2時頃に搭乗したわけですから。 ワインを飲んで、眠りにつきます。 zzzzzzz

 


* * *



早っ、もう朝!?


TG10

朝ごはん (Second Serving)


 ・Cut Fruit in Passion Fruit Sauce
  (カットフルーツ、パッションフルーツソースで)

 ・ヨーグルト

 ・Pancake Stuffed with Scrambled Egg, Pan-fired Pork Sausage,
  Roesti Potato, Baked Tomato with Olive Oil and Herbs
  (スクランブルエッグ入りパンケーキ、ポークソーセージ、レシュティ・ポテト、
   オリーブオイル&ハーブで味付けした焼きトマト)

 ・クロワッサン、バター、ジャム

 ・コーヒー、紅茶


メインのもう一方は、Potato and Leek Omlet / Pan-fried Veal Chipolata / Sauteed Spinach with Tomato and Mushroom (ポテトとポロネギのオムレツ / 子牛肉のソーセージ / ホウレンソウのソテー、トマト、マッシュルーム添え)





朝食後、身づくろいをしていると、まもなく到着のアナウンス。

12時間のフライトもあっという間。 TGってやっぱり快適!



これからたった5日間ですが、現実逃避の世界に没頭します。




・・・ 続く ・・・




* * * * *


にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ フィリピン旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

本日も "ポチッ" よろしくお願いします。 m(_ _)m




世界の家庭料理レシピサイト タベラッテ


↑ フィリピン料理モドキや、フィリピン食材を使ったレシピを投稿





  
Posted by harana at 13:35Comments(0)

May 23, 2013

◇ PAL (フィリピン航空) の機内食 "マスターシェフ・シリーズ"


naia2

《 PAL Mabuhay Lounge @NAIA 2 》

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*


ご無沙汰で〜す。 フィリピンに行っていたので、ブログ更新が滞ってしまいました。

今回の渡比目的は、マニラで開催された国際フードフェア視察。 一昨年までは毎年開催されていたフェアですが去年は開催されず、今回から隔年になるそうです。
今年のトレンド、新製品、レストラン情報、と美味しいネタを仕入れていますが、頭と画像を整理するのにまだ少し時間がかかりそう。 (おまけにフェア初日に撮った画像がすべて消滅してしまって、そのショックからまだ完全に立ち直れてないし・・・)

フェアの様子は追々レポートするとして、取り急ぎ、例によってPAL (フィリピン航空) の機内食だけアップしておきます。  特に帰りの Mabuhay クラスにご注目を。



* * * * *


PR407 KIX - MNL / Fiesta (エコノミー) クラス

PR407

メインディッシュ: ビーフのオイスターソース炒め

「ビーフ or チキン?」 CA さんのお決まりの問いかけに、調理法を尋ねることもなく、期待することもなく、(チキンはダメなので) もちろん選ぶ余地なく 「ビーフ プリーズ」 と応える。 と、”おー、久々のヒット!”  感動のあまり、画像が大きくなってしまいました。(笑)
ビーフは柔らかく、コクのあるーソースがしっかり絡まっていて、付け合せの椎茸は小さいながらもかなりの肉厚。 Pancit Canton (パンシット・カントン) っぽい麺は、柔らかすぎずほどよい固さ、野菜もたっぷり。 まったく期待してなかったので、感動はより大 ♪
ただ、デザートの ”京きな粉ぷりん" なるものは想像通り。 一口でギブアップ (^ ^;




* * *




PR408 MNL - KIX / Mabuhay (ビジネス) クラス 

PR408-1

Soda Water with sliced Lemon & Mixed Nuts



帰りは重量オーバー確実なので、貯まったマイレージでビジネスクラスにアップグレード。 
ビジネスクラスのメニューブックによれば、PAL では料理の質を向上させ、豪華で魅力的な食事提供を目指しているのだとか。 そこで企画されたのが国内ではトップクラスのシェフ達6名の起用。 その名も "マスターシェフ・シリーズ" 彼らの独創的な才能を生かした料理で、"究極" のインフライト・ダイニングを体験してもらおう、という試みらしいです。 シェフはフィリピン人のみならず、日本人やタイ人も含まれていてインターナショナル。 飛行地に合わせた料理の提供は、専門のシェフの手による本物を、ということですね。 (^_^)




《 前菜 》

PR408-2

Steamed Prawn and Scallop on Green Papaya Salad
with Coconut Green Chilli Dressing

蒸し車海老と帆立貝柱 未熟のパパイヤサラダ添え
ココナッツ&グリーンチリドレッシングで





PR408-3

数種類用意されたパン、食べ過ぎ防止の為1種類だけにすることに。
ローズマリーの香りが食欲を刺激する〜、白ワインも欲しくなるぅ〜。

 



《 メインディッシュ 》

PR408-4

Bacalao-style Cod fillet by Fernando Aracama
in Tomato Bell pepper sauce with steamed rice

鱈のフィレ・バカラオ風、トマトとピーマンのソースで。 ご飯付


マスターシェフの一人、バコロド出身の Fernando Aracama (フェランド・アラカマ) 氏が手がけた一品です。 フィリピン風料理担当の彼はいくつかのレストランのエクゼクティブシェフをこなし、更にマネージメントにも携わり、またご自身のファミリーネームを冠したファインダイニングレストラン Arcama Filipino Cuisine が、ハイエンドが多く集まる The Fort に昨年オープンしています。

このメインディッシュのソースがウマウマ! (まったくフィリピン風ではなく、イタリアン!) 流石にマスターシェフ! 実はお茶碗サイズのボールに盛られたご飯がついてくるのですが、どうせ食べないと思って即返品しました。 よかった、返品して。 あったらソースと一緒にご飯一杯完食してしまっているところ。 恐ろしや〜。

お食事は和風 (1種類)、洋風 (メイン2種類) からチョイスできます。 ここで選んだのは洋風です。 
和食メニューは Trader's (トレーダース) ホテルのダイニング 「吉祥」 の水木昌弘料理長の考案。 前菜 (鰆の味噌柚庵焼き、諸味噌、鰻巻き、紅白なます、オクラ、山桃)、煮物 (筑前煮)、小鉢 (ほうれん草胡麻和え)、台の物 (US 牛テンダーロインの照り焼き)、漬け物、味噌汁、甘味、という本格的日本料理。

ちなみに洋風メインのもう一方は、Stuffed Chicken with Mushroom in Tomato Olive Ragout with Rissot Cake (チキンのマッシュルーム詰め トマトとオリーブのラグー、リゾット添え)。 洋風料理担当 Clifton Lyles (クリフトン・ライルス) シェフによるものです。





《 デザート 》

PR408-5

Premium Ice Cream

アイスクリームのフレーバーは、ダブルダッチ/ウベ/チョコレートの3種。
P国らしくウベ (Ube=紅芋)を選ぶべきでしょうが、敢えてダブルダッチを。





PR408-6

Little Oscar


Sans Rival (サン・リバル) のお一人様バージョンがこの Little Oscar (過去の投稿 参照)。 で、 Sans Rival とは、メレンゲに砕いたカシューナッツを混ぜてオーブンでシート状に焼いたものと、濃厚なバタークリームを何層にも重ね、トッピングにもカシューを散りばめたフィリピンでは伝統的な定番スウィーツのひとつ。 直訳すれば、「無敵」。 他の追随をゆるさないほどの逸品ってこと・・・・、なのですが、この Little Oscar は他の追随をいくらでも許しそうな代物でした (笑)。 固くてスプーンが入らない! 力づくで切ろうとしたら、周りのコーティングだけが砕けて剥がれてこのありさま。(^_^;

"究極" とまではいかないけど、全体的には満足のいくインフライト・ダイニング♪ ご馳走様でした〜♪



* * * * *


にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ フィリピン旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

本日も "ポチッ" よろしくお願いします。 m(_ _)m




世界の家庭料理レシピサイト タベラッテ


↑ フィリピン料理モドキや、フィリピン食材を使ったレシピを投稿




  
Posted by harana at 09:46Comments(0)

October 24, 2012

◇取り急ぎ、PAL (フィリピン航空) の機内食でも


PR407


*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*


先週末からフィリピンに行っていました。  数日間フィリピン沖近くに停滞しているというので心配していた台風はそれたようですが、出発時、関空は雨。 

離陸後の機内は、水平飛行になってもシートベルト着用サインはしばらくついたまま。 やっと消えて化粧室に行って席に戻ると、またすぐにサインオン。 その後沖縄を過ぎるあたりまでずっと消えることはなく。 いつもならさっさと機内食を配っちゃおうって感じですが、今回は、機内食がでてきたのは離陸後1時間半も経ってからでした。 
サインがついている間、それほど大きな揺れこそ感じませんでしたが、確かにずーっと軽い揺れが続いていました。 やはり台風の影響なのでしょうね。 

時期外れのバカンスに、7,107 ある島の1島に渡りましたが、ビーチに行くといきなり雨。 ウォーキングツアーに出かけてもやはり雨・・・・
前回 ほどではないけれど、またもや風邪と格闘するはめに。 と、多難な旅でしたが収穫もあり、まあ、良しとしましょう。 

帰国したばかりで少々バタバタ気味です。 報告は後々するとして、取り急ぎお決まりの機内食でもアップしておきます。 




PR407-2

《 PR407 KIX - MNL 》

「もうチキンしか残っていません」 とチキンが乗ったトレイを強制的に渡されそうになり、"No Thank you!" と断固拒否(笑) 「チキンアレルギーなので、食事はいりません」 と丁寧な口調で(笑)付け加えると、カートをその場に置いたまま、無言で去って行ったCA。 すぐにパックをいくつか持って戻ってきて、その一つをトレイに乗せて 「ビーフです。」 と言って渡してくれた。 やっぱり、ないわけないやん! 自分が運んでるカートにないだけでしょ。  あといくつか持ってきたのもビーフに違いないわ! 

で、獲得したのがこれ(↑)です。 メインは Mechado (メチャド) なのか、 Kaldereta (カルデレータ)なのか? 正体は不明。 要するにP風ビーフシチューのようなものです。
あとは、和風の炊き合わせと、デザートは和菓子。 今回はアイスクリームは無しでした。






PR175

《 PR175 MNL - TAG 》

国内線は、クラッカーとスパイシーピーナッツ。






PR176

《 PR176 TAG - MNL 》

国内線復路は、往路の塩味クラッカーの代わりに、ジャムをはさんだクラッカー。
飲み物の選択肢は、お水、紅茶、コーヒーだけです。 






PR408

《 PR408 MNL - KIX 》

マニラからの帰りは、「チキン or ポーク?」 当然ポークを選択。 またもやメインは正体不明。 ポークらしい (笑) 肉と、ズッキーニや Sayote (サヨーテ=隼人ウリ) みたいな野菜の煮込み。 Saging na saba (サギン・ナ・サバ=料理用バナナ) がこれ見よがしにトッピングされている、ってことは Pochero (ポチェロ)? あるいは Cosido (コシド)?  やたら甘いソースでした。バナナの甘さだけなのか、砂糖が入っているのか? それにしても本当にあれはポークだったのでしょうか??? 他方だったような気がしないでもない・・・

千切り野菜のサラダには、人参とあと何かシャキシャキした食感のいい野菜が入っていて、予想外に◎。 Ubud (ウブッド=椰子の新芽)だったかも。

タピオカとココナッツミルクのデザートは、珍しく甘さ控え目。 トッピングの小豆は茹でただけみたいで甘さはありませんが、かえって豆の味が感じられて、これもいいものです。






・・・ 今回のP国行きレポートは、またそのうちに ・・・



* * * * *


にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ フィリピン旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

本日も "ポチッ" よろしくお願いします。 m(_ _)m




世界の家庭料理レシピサイト タベラッテ


↑ フィリピン料理モドキや、フィリピン食材を使ったレシピを投稿



  
Posted by harana at 13:23Comments(3)

May 30, 2012

◇風邪でフィリピン行きが台無し (>_<)


pal



*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*


急遽マニラ行きを決意。 出発前夜、風邪の兆候? 「いやいや、そんなことはない」と自分の身体に言い聞かせて強行突破。 念のために、関空で葛根湯を買ったけど。

マニラ到着、体調は悪くないのに時々咳が出る。 一旦出ると止まらない。 見かねたP-ナが、お薬とのど飴をくれた。 どうかこのままで終わりますように、という願いも虚しく・・・。

翌日バタンガス行きの車の中では、咳との戦い。 ペットボトルの水を少量口に含み喉を潤し、のど飴をなめると、なんとかおさまる。 往復その繰り返し。

三日目、頭痛。 午前中のアポをさっさと終え、ホテルに戻り休息を取る。 午後は外出を諦めた。

四日目、まだ頭痛、それに鼻水が止まらない。 夕方まで、歩き回るのは近場だけにとどめ、夜のアポに備える。 また咳が・・・。

5日目朝、やっと回復の兆し、でももう帰国。

計画のいくつかは遂行できず。 不完全燃焼ってとこね。


* * *


ところで、出発前の数日間、Yahoo ニュースのフィリピンのページをチェックしていると、中国との間で領有権を争っている「南シナ海」問題が連日報道され、緊迫する両国の様子が感じられました。 
中国の報復措置ともみられるフィリピン産バナナの検疫強化。 その結果、フィリピンから輸出された大量のバナナが中国の各港で足止めされて傷んでしまい、その損害額は数億ペソにものぼる、また、中国国内の反フィリピン人感情が高まり、フィリピン人メイドは外出をひかえている、中国からフィリピンへの観光旅行がキャンセルされている、等々緊張状態を表すニュースが次々と伝わっていました。

一触即発か? と多少心配しながら出発したのに、現地は全くそんな気配なしの、お気楽モード。
もっぱらの話題は、惜しくも 米アイドルオーデション番組 American Idol で優勝を逃したフィリピーナ Jessica Sanchez と、 最高裁長官の隠し財産にまつわる弾劾裁判の行方。 あっ、無事マニラでのコンサートを終えたレディガガと、Miss Philippine Earth 2012 のこともかな。

特に弾劾裁判については、昨日 (5/29) が評決が出る日だったので、よけいに人々の関心はピークに達していたのでしょう。 滞在中、タクシーに乗っても流れてくるのは、裁判中の模様や、裁判について評論するトーク番組など、この話題のみ。 いつもは大音量で音楽をかけているのに。(笑)
評決が出る頃は丁度飛行機の中だったので、ネットで結果を調べみました。(すごいっ、もう Wikipedia に詳しい結果がでてる!) 陪審員である上院議員の評決は、「有罪」とし、罷免。 弾劾裁判による罷免はこの国で初めてとのこと。 (LIVE 動画 →  の他、ネット上多数。)
ちなみにこの最高裁長官は、去年逮捕された前大統領アロヨンに有利な司法判断をした彼女の側近。 アロヨ政権の不正追及を掲げる現アキノ大統領と対立していた人物です。
何やら、政界のドロドロしたものを感じますね。 



* * *

ortigas


てなわけで、久々にフィリピンに行っていました。 今回はあまり投稿ネタがないかも・・・ですが、またお立ち寄りください。



では最後に、毎回お約束の機内食など(↓)


PR407-1

《 PR 407 KIX - MNL 》

「ラタトゥユ風酢豚」 というか、「酢豚風ラタトゥユ」 というか・・・
茄子やパプリカが入っているのでラタトゥユかと思ったら、お味の方は酢豚の甘酸っぱさ。 ポーク入りなので、多分酢豚ですね。
日本発便の機内食は、まず外れてないですね。




PR407-2

《 配り忘れられていて、後から出てきたアイスクリーム 》




***


PR408

《 PR408 MNL - KIX 》

今度は酢豚ではなく、お魚。 ”Sweet & Sour Fish”
今回、何故か 「揚げた魚」+「味付け」 したものを食べる機会が多くて、これで4品目。





* * * * *


にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ フィリピン旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

↑ 本日も "ポチッ" よろしくお願いします。 m(_ _)m





世界の家庭料理レシピサイト タベラッテ


↑ フィリピン料理モドキや、フィリピン食材を使ったレシピを投稿






  
Posted by harana at 17:56Comments(4)

November 25, 2011

◇PAL (フィリピン航空) の空弁


PR407 1


*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*


半年ぶりに PAL 搭乗。 KIX 発 MNL 行き 407便。 


なんと!? 機内食が (↑) のようにお弁当スタイルになっていました!

パッケージにデザインされた文字にご注目。 「歌流多 ・ Karuta」 だなんて PAL にしては随分洒落ているではありませんか。 オリジナルの別注品なのか、いや、それとも既製品を使っただけなのか???  なんとなーく、後者のような気がしてなりません。(笑)




蓋を開けると、

PR407 2

完全に使い捨て素材ばかり。 以前 の食器は何処へ???

経費対策なのかもしれないけど、なんだか味気なくない?






PR407 3

「フィッシュしかありません」 と強制的に配られたランチボックスの中身。

よかった、残っていたのがお魚で。 メインディッシュの甘辛ダレにつけた揚げ白身魚のほか、炊き合わせ、パン&バター、そして和菓子も。





写真を撮ってる間に他の乗客は次々とフィニッシュ。


PR407 4

あのー、まだ食べてるんですけどぉ・・・

座席の前に置かれたゴミ、なんとかなりませんかぁ〜。

(日系の航空会社ならまず、こんなことしないよな)

CA 席に私物まで置いてるし。 ったく。



* * *


帰りの PR408便では


PR408 1

またしてもランチボックス風ですが、大阪発便とはかなりの差。 よく言えばシンプル?

実は、運ばれてきた時は、中身が重なって入っていたので蓋が閉まらず、盛り上がった状態でした。 





PR408 2

中身を詰めなおして撮影 (笑)







PR408 3

「チキン? or ビーフステーキ?」 

もちろん、ビーフを選択。 ビーフステーキといっても、フィリピン風ステーキ "Bistek Tagalog (ビステク・タガログ)” です。  あとは、パン (バター無し)、おつまみピーナッツ、Red Ribbon の (多分) Ube シフォンケーキ。

ところで、お肉を切ろうとしたのですが、切りにくいことこの上無し。
ナイフ、フォークはフニャフニャだし、箱の側面が高すぎて手に持ったナイフ、フォークを倒して使うことができません。




そこで、

PR408 4

手前側を解体。 これで少しは食べやすくなりました。






PR408 5

おー! 行きとはちがって、ランチボックスはビニール袋ではなく機内食用のカートに回収してるじゃん!  そうでなきゃね。 と感心したのも束の間。






PR408 6

座席前の CR (トイレ)が開けっ放し。 あの〜、まだ食事中なんですけどぉ・・・

最初は乗客が閉め忘れたのかと思っていたら、開けっぱのまま何度も出入りする CA の姿が・・・
(日系の航空会社ならまず、こんなことしないよな)

よく観察してみると、出たり入ったりしている CA は、飲み残しの飲み物が入ったカップや缶を抱えている。 なんと、残った飲み物を CR 内の洗面所に捨てていたのでした。
(日系の航空会社ならまず、こんなことしないよな)




カメラは見ていた!

PR408 7

証拠写真。 帰国してから写真の整理をしていて見つけました。


外国の航空会社を利用すると、日系航空会社ではまずお目にかかれないような光景に出くわし、興ざめしてしまうことがあります。 まっ、国民性の違いといえばそれまでですけどね。


* * *


xmas


さて、この時期のフィリピンは、言わずと知れたクリスマスモード全開中。 クライマックスに向けて、これから更に盛り上がることでしょう。

今回の旅の報告は、近い内にアップするつもりです。 また覗いてみてくださいね。



* * * * *



にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ フィリピン旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

本日も "ポチッ" よろしくお願いします。 m(_ _)m




  
Posted by harana at 13:41Comments(6)

May 16, 2011

◇フィリピン行き決行


pal 2

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*



東日本沖地震で一旦延期することにしたフィリピン行き。 さてそろそろいいかなと航空券、ホテルの手配をしたら、今度はビンラディン殺害事件。 テロの危険あり?  セキュリティーチェックで遅れがでるかも?  でもこんなことばかりいってるといつまでたってもどこにも行けない。 いいっか。 9.11 の時だって、1週間後にはセブにいたし。


で、久々にでマニラにやってきました。



MOA の周りは、ビルの建設ラッシュです。


smx


教会のそばであろうと、ガンガンやってます。


smx-2


どれも SM (Shoe Mart) 関連の建物のようです。



* * *


そうそう、お決まりの機内食を忘れるところでした。


pr407

《 PR407 KIX - MNL 》


「チキン or ポーク?」  こういう聞き方をされるたびに感じるのですが、どうして素材名しか言ってくれないのかなぁ?  調理法がわからないと、選びずらいとは思わないのかなぁ???
といいつつ、チキンはだめなので、調理法に関係なくポークを選びましたが。



pr407 -2



酢豚です。 日ごろはまず食べないのですが、ポークしか選択の余地がなかったので。 でも見た目よりずっと美味しかったです。(笑)

写真撮りにもたもたしていたら、アイスクリームが出てきました。 早すぎる、溶けるじゃん! という心配は無用でした。 カチンコチンに凍っていたので、もっと早くてもよかったほど。


中途半端ですが、ハードスケジュールにつき、今日のところはこの辺で。



* * * * *


にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ フィリピン旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

本日も "ポチッ" よろしくお願いします。 m(_ _)m



  
Posted by harana at 03:17Comments(0)

October 08, 2010

◇番外編:遠出中につき、フィリピン・ブログは、しばしお休み [2010/10 Vol. 2 Back Home]


LH740-1


*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*


前回 [Vol. 1 ] の続きです。




カードリーダーは入手できないまま、もう帰国しちゃいました。 

結局現地レポートはできずじまい。 現実の世界に戻ってしまった

ので少々多忙。 取り急ぎ復路の機内食他でもアップしておきます。





《 Milan Linate Airport 》


LIN

Lounge, "Sala Leonardo"

ホテルをチェックアウトしたのが早かったので、

朝食はここで (Priority Pass で入室可)


* * *


LH3953 / LIN - FRA

LH3953

これも 「朝食」 という


* * *


《 Frankfurt/Main Airport 》


FRA

Lufthansa Business Lounge

乗り継ぎ便、搭乗前の一杯。 

寝る気満々。


* * *



LH740 FRA - KIX

”スターシェフによる創作料理”


◆ 洋夕食 ◆


LH740-2

前菜: 葉野菜、あんず茸、甘酢風味の南瓜とにんじん
   サンドライトマト・ドレッシング



LH740-3

主菜: ジャンボシュリンプ、カレーソース風味
  小麦入りリゾット



LH740-4

デザート: ヨーグルトシャルロット、ブルーベリーソース
     


* * *


◆ 和朝食 ◆

LH740-5

前菜:厚焼き玉子、蒲鉾、鱈子、小茄子、海藻と胡麻
小鉢:ほうれん草胡麻和え
主菜:鮭のマリネ、鶏もも肉の唐揚げ、絹さや、椎茸、人参、御飯
味噌汁
果物




・・・ 続く ・・・



* * * * *



にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ フィリピン旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

本日も "ポチッ" よろしくお願いします。 m(_ _)m


 
  
Posted by harana at 09:34Comments(0)

October 04, 2010

◇番外編:遠出中につき、フィリピン・ブログは、しばしお休み [2010/10 Vol. 1 Take off ]


crispi


*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*


関空から旅発ちました。

しばらくフィリピンブログはお休みです。




LH741 / KIX - FRA

lh741-1


ランチ

前菜: ドイツ風ポテトサラダ スモークサーモン添え / 茶蕎麦

主菜: 牛肉薄切り グリーンペッパーソース、
フライドポテト、ブロッコリー添え

デザート: フルーツ





lh741-2


ディナー (オクトーバーフェスト料理)

主菜: ソーセージのグリル、マッシュポテト&ザワークラフト添え

デザート: アップルシュトゥルーデル、カスタードソース添え



* * *



LH4086 / FRA - VCE

lh4086


飲み物だけ出されて、容器を回収する頃に配られたおつまみ

この種のものを飲み物無しで食べるのはキツイです、無理。



* * *



遠出中の模様を投稿しよう試みましたが、トラブル発生。 カードリーダーがぶっ壊れました。 デジ一の CF 用ドライブが読み取り不可。
かろうじて コンデジ のメディアは SM、こちらのドライブは生き残ってます。
機内食はコンデジで撮っていたので、なんとかアップできました。 続きは新しいカードリーダーを入手してからになりそう・・・。


ネットにアクセスするのも一苦労なので、これにて失礼します。




・・・ 続く ・・・


* * * * *


にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ フィリピン旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

本日も "ポチッ" よろしくお願いします。 m(_ _)m

  
Posted by harana at 18:55Comments(2)

July 18, 2010

◇PAL(フィリピン航空)のプロモ料金で セブ&マニラ へ


pal 21


*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*



久々の更新です。 先日 こちら で紹介したPALのプロモを利用して、セブ、マニラに行ってました。 いつもなら旅行中に少なくても1回くらいは更新するのですが、今回はネット環境に恵まれず・・・ その上、次々とアクシデント、トラブルに見舞われ・・・。 災難話はそのうちに。


さて、関空からはセブへの直行便がないので、国際線でも一旦マニラで乗り継ぎをしなければなりません。 ところが、プロモの「マニラ経由・関空〜セブ往復」チケットではマニラでストップオーバーすることができません。 マニラ滞在ができるチケットは高いので、プロモの「マニラ〜セブ往復」(国際線)と、「セブ〜マニラ往復」(国内線)を別々に購入しました。 こうすればセブからの帰りにマニラに立ち寄ることができます。



関空 〜 マニラ


pal 22

[ PR407 KIX - MNL ] 
◇ 牛丼 ◇



国際線 + 国内線という複合チケットでも、関空で預けた荷物は最終目的地のセブで受け取ることができます。 (マニラで荷物を受け取る必要はありません。) 
但し、入国審査はマニラで行われます。 チケットが「関空〜マニラ〜セブ(国際線)」であっても同じです。 
入国審査が終わったら、国際線ターミナルビルの外に出て、国内線ターミナルビル出発階へ移動します。
搭乗口へ入る前に、ターミナル施設料金200ペソを支払います。




マニラ〜セブ


pal 23

[ PR849 MNL - CEB ]
◇ ツナ風味のクリームクラッカー&ピーナッツ ◇



セブに到着したら、関空で預けた荷物は、国際線ターンテーブルで受け取ります。(マニラで預けた場合は、国内線ターンテーブルになります。)



* * *


セブ 〜 マニラ


関空からセブまで国際線扱いで預けた荷物も、復路はマニラに立ち寄るので「セブ〜マニラ」は国内線扱いです。 ここで一つ問題が。 安い「セブ〜マニラ往復」のチケットを購入したので、荷物の制限重量が国際線の20kgとは違い、15kgです。 セブで少量ですが買い物をしているので、予想では確実に15kgはオーバーしているはず。 あっさり通してくれればいいですが、重量オーバーの料金を取られるかもしれません。 万が一のために、買ったものをビニール袋に入れ、すぐに取り出せるように預けるバッグに入れました。 案の定、「17.5kg、重量オーバー!!」と非情な宣告。 「はい、はい、少し減らして手荷物にします」と予定通りに対処。 「まだ1kg!」と言われましたが、そこはなんとか見逃してもらいました。
  


pal 24

[ PR850 CEB - MNL ]
◇ ツナ風味のクリームクラッカー&ピーナッツ ◇ 


スナックは、マニラ〜セブと同じ
違うのは・・・、



pal 25



違うのは機体の種類。往路はエアバス(Airbus 330-300)、復路はボーイング (Boeing 747-400)、パーソナルスクリーン付(往路は無し)。 関空〜マニラの国際線でもエアバスだったのに、国内線で アッパーデッキ付き!? 席数も100席ほど多いはず。 e チケットには Airbus A330-300 と記載されているのですが。 何らかの理由で機体が変更になったようです。




マニラ 〜 関空


naia 5


訪比中に首都圏を直撃した台風 "Basyang" の影響で、マニラのあちらこちらでは停電。 ネットには一度もつながりませんでした。 空港でもトライしましたが、まったくダメ。 帰国したら真っ先にメールチェックしなければ。

まもなくボーディング。 帰国の途へ。



pancit

◇ Pancit Sotanghon & Sandwiches ◇


機内食じゃないって?




・・・ 続く ・・・



* * * * *


にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

本日も "ポチッ" よろしくお願いします。 m(_ _)m






  
Posted by harana at 09:50Comments(2)

May 16, 2010

◇久々!  PAL (フィリピン航空) 国際線の機内食


pal 11


*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*



PAL (フィリピン航空) がマニラ 〜 大阪間の就航を

開始したのが、1994年10月。 その後社内のゴタゴタで、

1998年9月に全線の運航中止をするまでの4年間に、確か

2度ほど PAL を利用してマニラに行った記憶がありますが、

それ以降 PAL の国際線には搭乗していませんでした。



これまで利用していた TG (タイ航空) の運航中止で、

久々に PAL に搭乗してみたら、機内食が思いのほか

イケてるのにちょっとオドロキ! 往路の Fiesta Class

(エコノミークラス)の機内食はすでに こちら に投稿済み。


復路 Mabuhay Class (ビジネスクラス)はこんな↓具合。



pal 12

[ Mixed Tapas ]

Marinated Octopus with Dill Egg and Beef Roll Pastrami
(蛸のマリネ・ディルエッグ・ビーフパストラミ)




pal 13

[ Appetizer ]

Smoked Salmon and Potato Cucumber Salad
(スモークサーモン、ポテト&キュウリサラダ包み)




pal 16

[ Main Dish ]

Grilled Beef Tenderloin in Green Peppercorn Sauce
served with Steamed Creamy Garlic Baby Potatoes
(ビーフテンダーロインステーキ、グリーンペッパーソース
クリーミーガーリックベビーポテト添え)




pal 17

[ Desserts ]

Assorted Fruit Slices
(フルーツ盛り合わせ)

Arce Signature Ice Cream
(Arce アイスクリーム)

(正直これだけちょっとイマイチ)




パンは、レーズンロール、胡桃ロール、ガーリックブレッド。




食器の品質もかなり高そう。 生地の輝きが違います。


pal 14


気になってついつい裏までチェック。 

そしたら、やはり、



pal 15


フィリピンにも工場があり、日本が誇る

世界的ブランド、ノリタケ製でした。 



機内食に限らす、なーんか、 PAL、気合入ってません? 

さり気にネームが入った枕カバーといい。(トップ写真)


サービスもよかったし。 CA さん、特に日本人の

CA さんは機転がきいて、対応がマジで素晴らしく、

まるでJAL にでも搭乗しているような気分でした。

なにより、NAIA ターミナル兇謀着した時の

南国らしい明るさが、これからの旅をワクワクさせて

くれくます。(ターミナル気任呂泙佐兇呼世覆い任后



ラウンジにも機内にも、フィリピンを代表している

はずの San Miguel ビールがなかったということと

(ターミナル気離織す匐ラウンジにさえあったのに)、

機内食にフィリピン料理が登場しなかったのが不思議

なのですが・・・、まっ、いいっか。十分機内では満足

させていただきました。 これまで PAL をみくびって

いたかも。 PAL さん、これからもお世話になります。




pal 18


余談ですが、機内の Duty Free でロザリオが買えます。

さっすがぁー、カトリック教国ならではの機内販売です。



* * * * *




にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

本日も "ポチッ" よろしくお願いします。 m(_ _)m


  
Posted by harana at 21:09Comments(2)

May 09, 2010

◇TG (タイ航空) から PAL (フィリピン航空) へ


pal 1


*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*


長年、マニラ行きに利用し続けてきた、TG (タイ航空) の

マニラ経由 関空〜バンコック線 (TG621/TG620) が、

今年の3月末をもって運航を 「休止」 してしまいました。
 

一時、運航中止と発表されていながらデイリー運航から

週3便というところで落ち着いたと思ったら、結局すぐに

減便取りやめとなった 「お騒がせ事件」 がありましたが、

遂に現実のこととなってしまいました。 「休止」という限り、

復活する見込みもないとはいえませんが、このまま 「撤退」

という形をとるのでは、とネガティブな想像をしてしまいます。



Cebu Pacific も格安で関空〜マニラ路線の運航に参入しましたが、

デイリーではないし(週3便)、復路はいいのですが往路の時間帯が

悪くて利用するにはちょっと・・・(関空発 19:20-マニラ着 22:30 )



諸々の理由により、TG便が無くなったのは、超痛手ですが、

無いものは無いのですから、どうしようもありません。



というわけで、こちらのエアライン(↓)に搭乗することに。


pal 2


P国のナショナル・フラッグ。 国際線は、15年ぶりくらいかも。 

何しろ、マニラ行きには 99.9% タイ航空を利用していましたから。



pal 3


しょぼいに違いないと勝手な想像をしていた機内食は、日本発

ということもあるからなのか、その予想は大きくはずれました。


G.W.最終日だったので、帰国便はさぞ混雑したことでしょう

けれど、出国便はトップ写真のように空席だらけ。 搭乗率は

多分 3分の1 かそれ以下で、なかなか快適な空の旅でした。


PAL さん、しばらくの間、もしくは永遠にお世話になりそうです。



・・・ 続く ・・・

 

* * *



pal 4

《 PR407 KIX - MNL 》

白身魚の揚げ煮・ご飯 / 梅そば / ロールパン / 和菓子




* * * * *




にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

本日も "ポチッ" よろしくお願いします。 m(_ _)m


  
Posted by harana at 09:34Comments(0)

September 24, 2009

◇ 焼きたてホカホカ、フィリピン・ブレッド


pan de sal 1

《 Ensaymada / Pan de sal 》


*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*



フィリピンでパンといえば、もちろん Pan de sal (パン・デ・サール)。

塩パンという名に反してほんのり甘〜く、外はカリッ、中はフワ〜リ&モチモチ。

バターやジャムをぬって朝食に、そのままでおやつに、あるいは前日の残り物

Adobo (アドボ) をはさんで Adobo サンド。 国民的ブレッド、Pan de sal!



焼きたてホカホカの Pan de sal を求めて、Pーナと車を走らせました。




pan de amerikana 4

PAN de AMERIKANA


本店は Marikina、 ここは Q.C. の White plains ブランチ。

Greenhills(Wilson St. )、Makati Ave. にもブランチがあります。




pan de amerikana 1


二つ並んだ入り口の右側が、ベーカリー。 左の扉はコーヒーショップ。




pan de amerikana 2


煉瓦造りのオーブンに薪。 伝統的製法が用いられています。




pan de amerikana 3


シェルフには、焼きたてのパンが並びます。





pan de sal 2



ホテルに戻っても、まだホカホカで、ほのかにただようスモーキーな薫り。

では、せっかくなので "少し" だけお味見を。 が、それでおさまるはずはなく、

ランチ を済ませたばかりだというのに、かなりのビッグサイズなのに、

あと少しだけと、ちぎっては口に運んでいると、いつの間にか一つ完食。 

おまけに Ensaymada (エンサイマーダ) にまで手が伸びて・・・。



満腹でも別腹に収まる Pan de Sal! 空腹時の救世主(↓) Pan de Sal!

是非おひとつどうぞ! あっ、もちろん Ensaymada もお忘れなく!





tg620


帰りの TG620 便。「ビーフとライス? ポークと野菜? 」とCA.

経費節減のためかメニューが配られなくなった今、食材だけでなくって、

料理法まで言って欲しいものです。 「どんな料理法?」と聞いてやっと

「ビーフはシチュー、ポークはステーキ」とのこと。 前者は食べたことが

あったような気がしたので、後者を選択。 → 見かけからして最悪。

(前者を選んでいたとしても、多分同じ結果だと思うけど。)

前菜はチキンみたい。 → 食べられない。 結局食べたのは、メインの

「付け合せの野菜 "だけ" 」と、「Ube (ウベ=紫芋) らしきデザート」、

そして、愛しき 「Pan de sal ちゃん!」 いてくれてありがとう!


搭乗前にゆっくりマッサージしていないで、何か食べておくべきだった。

* * * * *





にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ ← アクセスアップ強化月間! m(_ _)m



  
Posted by harana at 15:44Comments(4)

August 30, 2009

◇遅〜い夏休み@フィリピン


TG621

《 TG621 》


*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*


まもなく9月だというのに、今頃遅〜い夏休み実施中。


例によってタイ航空621便に乗りこみました。 

機内では毎度お決まりの儀式、機内食を撮影。 


「チキン? or ビーフ?」 

チキンはダメなのでビーフをチョイス


TG621-2

ビーフスキヤキ、 スモークサーモンサラダ、チョコレートケーキ、

前回 とまったく同じじゃん! 


でも今回は、あの時 とちがって、健康状態の申告書は機内で配られました。


DSCF0010b


出入国カードもいっしょに。 (このカード確か突然フォームが変更になって

混乱を招いたかと思ったら、すぐにまた元のフォームに戻ったと聞きました。 

元に戻ったのは何らかの理由で一時的なことだと思っていたのに、その後も

新しいフォームにはならず、結局元のフォームを使い続けてるってことみたい

ですね。 突然のフォーム変更は、いったい何だったんでしょう???)



申告書機内配布のおかげで、今回は人の流れも前とちがって、スムーズ。


NAIA-1


アロヨンもひと役かってでてるみたいだし。


NAIA-2



ただ、言わせてもらえれば、記入欄が狭すぎ! 


DSCF0001b


記入するのが大変! 特に性別 (Sex)の記入欄なんて。

male ならともかく、 female と書くだけのスペースありません!

日本人なら与えられた下線の範囲内に記入しようとするはずですが、

P人は空いてるスペースに書けばいいじゃんってことなんでしょうか?

それとも、ここって記号を入れるべきだったんでしょうか???


ま、どうでもいいことなんですが。 こっちに来てからネット環境も

よろしくないことだし、今日のところはこれくらいにしておきます。

夏休みといっても、特に予定があるわけでもなく、しばらくご無沙汰

しているPーナ達とだべって終わりかもしれません。帰国するまで

更新できないかも。 あ、そうそう、 Megamall で思いがけず

こんな人たち(↓)と逢えて(見れて?)、ラッキー♪でした。 


martin & gary





にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ ← 次回は「食ネタ」かな、やっぱ。
  
Posted by harana at 03:09Comments(6)

May 17, 2009

◇フィリピン・シック 治療中



フィリピン・シックが完治しそうにないので、

最終的につける薬はこれしかないかと、


TG


いつものこれに乗ってみました。




ランチタイム♪♪


TG621


メニューは、

サーモン・サラダ、

ビーフ・スキヤキ、

チョコレートケーキ・・・


あれれ、なんか違和感が。



TG621-2


うっそ〜! 

これまで必ずあった 「ある物」 がなくなってます。


以前は、ここ にも、ここ にも、ここ にもあったのに。

さて、それは何でしょう? って、正解されても何も出ませんが。



最近値下げしたと思ったら、もしかしてそのしわ寄せ?



* * * * *


そっけない内容ですみません。 PC が最悪! 

絶不調で、ここまで更新するのがやっとです。

治療を必要とするのはPCの方かも。

この先、更新が滞るかもしれません。



  
Posted by harana at 01:07Comments(0)

November 17, 2008

◇お騒がせ TG でフィリピンから戻りました



tg 620

《 TG620 MNL - KIX 》


*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*



やはり あれ 以上の更新はできないまま、

フィリピンから帰国しました。


帰りの機内食は、「ビーフのオイスターソース風味」、

または 「ポークのクリームソース煮」からチョイス。


期待はしてないので、どっちでもいいや。

「オイスターソース」を (素材でなく、ソースを)

選んでみたけれど・・・・・・・。



唯一少しだけうれしかったのは、珍しく

pan de sal (パン・デ・サール)が付いてきた事。

ube(ウベ=紫芋)のケーキもまずまず。



* * * * *


空港で pancit (パンシット)を食べておいてよかった。


Pancit Sotanghon

Pancit Sotanghon


でも Pancit Bam-i (バミー)を食べるつもりだったのに、

メニューが前とは変わっていて、Pancit (麺類)は、

Sotanghon (ソータンホン=春雨)だけになっていました。

(ラーメンはまだあります。 餃子も)




* * * * *


今回の旅のレポートは、もう少し落ち着いてから。


取り急ぎ、帰国の報告まで。

  
Posted by harana at 11:56Comments(2)

November 13, 2008

◇お騒がせ TG でフィリピンへ


tg621-2


*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*



デイリーで就航していた TG(タイ航空)の関空−マニラ便が、

10月26日の冬季スケジュールから週3便になると、こちら

大騒ぎしましたが、突然ロス便が中止になったため、とかなんとか

いう理由で、結局年内いっぱい以前同様デイリーで就航することに

なっています。 でも Cebu Pacific もマニラー関空路線に参入する

ということだし、来年からは週3便どころか、撤退するなんてことに

ならないだろうか? と搭乗率を見て、心配になってしまいました。



関空発マニラ経由バンコック行き TG621便、ガッラガラでした。



Beef with rice? or Chiken with rice?


tg621-1



チキンはまったくダメなので、選択肢はビーフのみ。

薄切り肉なのに、お箸で切れないよ〜。

ダイエットにちょうどいいかも。


明日からは、朝バナナダイエットやり放題!


banana



スーパーの売り切れを気にしなくていいもんね〜。



てなわけで、只今 P 国滞在中。


タイトスケジュールにつき、しばらく更新できないかも・・・





  
Posted by harana at 02:42Comments(6)

July 09, 2008

◇久々の ♪フィリピン旅行♪ から帰ってきました。


TG620

《 タイ風ポークカレー / TG620 MNL - KIX 》


*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*


"Chiken Teriyaki, or Pork with rice?"

と言われても、チキンは全く食べられないので必然的にポークを選ぶこととなる。

往路 と見た目一緒じゃん! 白身魚がポークに変わっただけ。 

ポークはだいたい、ハズレが多い。 今回も避けたかったけど、no choice!

せめて、Meat or Seafood という選択肢にして下さい、タイ航空さん!



* * * * *


さてさて、現地で更新する間もなく、久々のフィリピン旅行から帰ってきました。


今回は、マニラから少しだけ足を延ばして、プロビンス(地方)にも行ってました。

どこに行ってたかというと・・・・・


ヒント ↓ 


boat



プロビンスの事、マニラの事、食べた物、買った物・・・

さーて、何からアップすればいいのやら??? 

おまけに帰国したばかりで、超多忙。 考えがまとまらなーい!


今回の旅の報告は、ちょっと頭を冷やしてからになりそうです。


  
Posted by harana at 18:45Comments(9)

July 06, 2008

◇久々にフィリピンへ ♪


TG621

《 白身魚のタイカレー / TG621 KIX - MNL 》


*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*



前回 の30分だけのフィリピン滞在にリベンジ!!


久々にフィリピンにやってきました。 

と言っても、入国したのはもう数日前なのですが。


PCを立ち上げる間もなくマニラを離れてしまい、その上

超過酷なスケジュールでなかなか更新できず・・・。


今朝やっとマニラに戻ってきました。 今回の旅のレポートは、

少しずつアップしていくつもりです。とりあえず報告まで。





villa



・・・ to be continued ・・・

  
Posted by harana at 01:30Comments(2)

March 08, 2008

◇フィリピンブログ 再開! ・・・ の前に


TG620_1


午前便でバンコックを出発し、帰国の途へ。

機内食のメインは、スパイシーなエビの炒め物。 結構いけます。


「『番外編』は終わったはずだろう」って? そうなんですが・・・。


何しろ「一番乗りたくない便」に乗ってしまったので、

その報告だけでもと。



こんな所に着いちゃいました。



NAIA_1


クローズアップ








NAIA_2


機内清掃の間、ボーディングゲートで30分だけ「P国」滞在。


TG620便、バンコック発・マニラ経由・関空行き。

いつもマニラからの帰りに利用している 620便です。



ここまで来てるのに、外に出られないなんて、酷!(涙)

一泊して翌日帰ればいいじゃん、と言われるかもしれませんが、ダメなんです。 

この便はマニラでのストップ・オーバーが認められていないんです。


だから本当は、この便だけは避けたかったのに・・・。

前夜、蟹カレーに目がくらんだばっかりに、深夜便を断念。



しょうがないので、再搭乗を待つ間、P−ナ、Pノイ・フレンドに電話を

かけまくる。 前回1月にリロードしたプリペイド携帯の残額もあったし。



TG620_2


マニラ出発後の機内食。 メインは、”白身魚の中華風天丼”みたいなの。

悪くない。  復路の機内食は、珍しく [ ] は無し。

マドリッド 〜 バンコック

バンコック 〜 マニラ

マニラ 〜 関空、

のどれも悪くなかった、珍しい。



次回こそ、フィリピン・ブログ再開します。


 
  
Posted by harana at 17:07Comments(5)

January 02, 2008

◇フィリピンから ”HAPPY NEW YEAR !”


fort santiago

《 Fort Santiago ・ Intramuros 》


* * * * *

新年あけましておめでとうございます。


大晦日から続く寒波に耐えきれず(←ウソ)、

お正月早々、日本を脱出しました。

只今、南国フィリピンに逃避行中。



昨年は、多くの方々に当ブログにお越しいただき、

心より感謝申し上げます。 ありがとうございました。

本年もどうぞ宜しくお願いいたします。



* * * * *

ところで、フライトはいつものタイ航空を利用しました。

お正月くらい、機内食もそれらしいものが少しは出るのかと思ったら、

それらしいのは、プレースマット、ペーパーナプキンの類だけでした。

thai

(もしかしたら、クリスマスからずーっとこれなのかも?)



こちらでも多忙につき、滞在中に更新できないかもしれません。

取り急ぎ、新年のご挨拶まで。



  
Posted by harana at 23:57Comments(3)