August 15, 2018

◇ フィリピンで made in USA をゲットする



us made


*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

当ブログではずーっと以前から言ってきましたが、

フィリピンには日本であまりお目にかかれないような

インポート物の食材や雑貨が、スーパーマーケットの

売り場にゴロゴロと並んでいることがよくあります。

特にアメリカ製品は品数が多く、羨ましいくらいです。



日本でもネットショップで購入できない訳ではありませんが、

非常に高かったり、商品代より送料の方が高くなってしまったり、

送料無料にするには余計な物まで買わなければいけなかったりで、

欲しくてもなかなか手が出せなでいた憧れの メイドイン USA を

今回マニラで遂にゲットしてきました!! こちらです ↓↓↓




us made 2

《 GLAD Press'n Seal 》

コストコファンの間ではおなじみの、食材保存ラップです。



us made 3


Youtube やブログで絶賛している方が多いので、一度使ってみたいと思っていました。

普通のラップと異なる点は、GLAD Press'n Seal は片面が粘着状になっていて、食材を粘着面ではさむと、密封度が高いので新鮮さを保つことができます。

実際に、半分に切ったアボカドを GLAD Press'n Seal でラップして冷蔵庫で保存してみると、翌日になっても切った面があまり変色していませんでした。(^ ^)/

サイズは 70sq.ft (21.6m x 30cm) と 140sq.ft(43.4m x 30cm)があります。 今回買ったのは小さい方です。多分売り場にはこのサイズしかなかったはずです。 マニラ市内のスーパーマーケット数件に行くチャンスがあり、その度に売り場をチェックしてみました。 GLAD 製品自体は数種類あり、どこのスーパーマーケットでも見かけましたが、 Press'n Seal があったのは Makati の Landmark だけでした。 お値段は 193ペソ、日本円では¥440 くらいですね。 
コストコでは、(価格変動があるそうですが)140(43.4m x 30cm) x 3本で¥1,668 くらいだそうです。 割高にはなりますが、Amazon や楽天でも購入可能です。

[Amazon]
 ⇒ グラッド プレス&シール マジックラップ (30cm*21.6m)

 ⇒ Glad プレスアンドシール 多用途フード保存ラップ ラップ 43.4m×3


[楽天]
 ⇒ グラッド プレス&シール(30cm*21.6m)

 ⇒ グラッド プレス&シール(30cm*43.4m)

 ⇒ 【お買得 長さ 43.4m×3本】グラッド プレス&シール 3個セット



* * *


お次はこちら

us made 4

《 ARM & HAMMER Supreme Fresh Advance White gel 》

ペーキングソーダ(重曹)で有名な ARM & HAMMER ブランドの歯磨きです。ベーキングソーダが配合されています。 お値段は、120ml 139.75ペソ(約¥320)、こちらも Landmark で購入しました。 Malate の Robinson's のスーパーでは 142.75ペソでした。

こちらもネットでベーキングソーダ入りの歯磨きは歯を白くする、と知ったので日本で捜したところ Amazon で見つけましたが、その時は送料込みで¥2,000でした。ほかに見つからなかったので、買っちゃいましたが (^ ^;

現在は、もう少しお安くなっているし、選択肢も多く、Amazon が発送しているものもあるので、ほかのものも含め合計¥2,000購入すれば送料無料になります。

[Amazon]
 ⇒ (類似品) アーム&ハマー アドバンス ホワイト 歯磨き粉 ブレス フレッシュニング 170g Advance White Breath Freshing Baking Soda & Frosted Mint


[楽天]
 ⇒ (類似品) アーム&ハンマー アドバンスホワイト エクストリーム ホワイトニング 歯磨き粉 170g Arm&Hammer Advance White Extreme Whitening



* * *

あと、探していたわけではないけど偶然みつけたのが、

us made 5

《 HERSHEY'S Drops 》

”ドロップ”というとキャンディーをイメージしますが、

間違いなく、HERSHEY'S のチョコレート製品です。



us made 6

ミルクチョコレート味、

チョコレートコーティングされています。

そして

us made 7

おなじみのクッキー&クリーム味、

ホワイトチョコのコーティング


バイトサイズのチョコレート、ちょっと甘い物が欲しいときに最適! 
買ったのは Malate の Harrison Plaza の Shopwise だったはずなのですが、レシートを紛失してしまって、お値段不明です (^ ^;  でもまた購入したい。 確かセールになっていたような・・・

帰国してネットで探すと、Amazon で見つけました。が在庫なしでした。
つい最近、某輸入食品店の棚にミルクチョコレートのみ見つけました。¥553 でした。その隣のスペースは空いていて、クッキー&クリーム ¥646 の表示のみがありました。

今ネットで調べたら、楽天でもヒットしました。
⇒ ハーシー ドロップス ミルクチョコレート 226g
⇒ ハーシー ドロップス クッキー&クリーム 226g



HERSHEY'S の ”クッキー&クリーム” は日本でもおなじみ、大ヒットアイテムです。 でもね、当ブログのどこかに書いたかもしれませんが、日本で発売されるずーーーーっと前からフィリピンには輸入されていたのですよ。 その頃は、フィリピンに行く度にお土産にと大人買いしたものです。



* * * * *

アメリカナイズされたフィリピンには、アメリカングッズが豊富。 日本にはないお宝が眠っているかも。 フィリピンに行ったら、スーパーマーケット巡りをしてみませんか?



過去の投稿(こちらもご参考に):

 ◇フィリピンで、インポートアイテムを GET! する
 ◇フィリピンで、キッズ向けギフトアイテムをゲットする



* * * * *


にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ フィリピン旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ



本日も "ポチッ" よろしくお願いします。 m(_ _)m







facebookフィリピン雑貨のセレクトショップ、Filipiniana Select Shop HARANA の新製品情報などをお知らせしています。





 



  

Posted by harana at 17:12Comments(0)

July 19, 2018

◇ フィリピン・ビジネスミッション 2018 ・後編


business mission 21


*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*


《◇ フィリピン・ビジネスミッション 2018 ・前編》の続きです。

猛暑にやられて更新もかなり滞っていますが、お付き合いください。


前編 でお伝えしたように、フィリピン・ビジネスミッションのプログラムは、例年通り 【フィリピン インフォメーション セミナー】、【トラベルマート】、【カクテルレセプション】 の三部構成でした。概略は前編でお伝えしたので、それぞれで得た新情報等をお知らせします。 
まずは、インフォメーション セミナーから。

* * *

第一部【フィリピン インフォメーション セミナー】


【キーノート・スピーチ】

business mission 22

By Benito C. Bengzon, Jr.
フィリピン共和国政府観光省 次官


本国観光省次官のスピーチ、観光省大阪事務所によるプレゼンテーションにより、フィリピンの最新情報が届きました。

2017年度のフィリピンへの渡航者の伸びは 2016年度対比で12.8% 増、国別渡航者では、日本人は584,180人、8.82% の占有率で、2018年度第一四半世紀における伸び率は9%を維持しているそうです。

2022年フィリピン年間外国人訪問者目標は 1,200万人。日本人は 15% にあたる180万人を目標としています。それは、近年、旅行者を魅了する渡航目的の増加にも起因しているのかもしれません。例えば

■サーフィン
2020年の東京オリンピックの公式種目とされたサーフィンは、世界的な注目を集めています。日本サーフィン協会によると、日本人のサーフィン愛好家の人気ポイントとして、バリ、ゴールドコースト、カリフォルニア、ハワイに続いてフィリピンのシャルガオが5位にランクインしたそうです。シャルガオのみならず、ラ・ウニオン、サンバレス、サンファンなどのサーフポイントがフィリピンには点在しています。

■語学留学
語学留学先として既にポピュラーになったフィリピンですが、日本留学協会の発表では、今年フィリピンは、アジアで唯一海外留学のトップ5にランクインしたそうです。英語以外の母国語を持つ国でランクインしたのはフィリピンだけです。

■キリスト教徒向けツアー
最近では高山右近ゆかりのマニラの歴史的名所を訪問する日本キリスト教徒グループ向けの巡礼ツアーがリリースされています。


年々増加する渡航人数、それに対応すべくホテルの建設ラッシュも続きます。
2018年には約4,000 室を、今後3年間で8,000室のホテルルームを開設し、完成させる予定しているとのこと。

ホテルのみならず、空港のリニューアルにも渡航客増加に対する対応が著しくあらわれています。
*セブ・マクタン国際空港の第2ターミナルがこの7月から国際線専用ターミナルとしてオープン。太陽光発電+LEDでエコ設計。コンセプトは世界初の「リゾート・エアポート」、年間利用者数は450万人から 1220万人に増加する見込み。

*ボホールは、パングラオ島に新国際空港が2018年10月に稼動する予定。フィリピン初のエコ空港であり、年間のインフラ投資を促進するという大統領の約束を実施することとなる。年間2百万人の利用者を見込んでいるとのこと。



【Philippine Airline】

business mission 23

フィリピン航空のプレゼンテーションでは、前回 は就航前であった新機種A330-300 のサービス内容のおさらいと、今年就航の直行便 A321neo(マニラーブリスペン)、A350-900(マニラーN.Y.)の紹介。 フィリピンからノンストップで世界へ! 益々世界が近くなります。
そうそう。 今回配布されたリーフレット等の媒体では、今までの PAL のイメージ CA のオネーサンではなく、別にオネーサンに変わっていました。 以前のオネーサン ⇒ [, ★★ など]



* * *

第二部 【トラベルマート】、

business mission 24

本国観光省からの参加は Region 掘蔽翩凜襯愁鵝Region 察蔽翩凜咼汽筺。特に 新空港オープンという流れもあるのでしょう、Region のテーブルには中部ビサヤ地方のこれまで見たことがなかったパンフレットが用意されていました。全種いただいてきたことは言うまでもありません。、



個人的都合ではありますが、実は今回のトラベルマートでのベスト情報がこちら

business mission 25

《 Las Casas Filipinas de Acuzar 》


この施設を訪れたのは、ほんの3−4年前だと感じていたのですが、トラベルマートの最中に調べてみると、なんと6年も前でした。(⇒過去の投稿 《◇フィリピンのオールドハウス大集合》 [1], [2], [3], [4], [5], [6], [7], [8] )
 6年の間に約2倍の敷地にいくつもの新施設が増設されていました。
新施設は、宿泊施設のみならず、イベントが行えるようなスペースなど内容も更に充実しているようです。レストランにいたっては、6年前は1ヶ所だけだったと記憶していますが、現在6ヵ所だそうです。
最新の詳細は、HP ほか、宿泊予約サイトを参照してみてください。



* * *

【カクテルレセプション】


食事は立食のブッフェスタイル。 同じデーブルで今回初めてお会いした方々との会談が楽しいひと時でした。 実際にこのときの出会いから生まれ出た企画もあります。 


business mission 26

帰りにいただいたお土産は、こちら でも紹介し、長年お付き合いいただいているたココウェルさんのココナッツ製品セットでした。
フィリピン旅行だけでなく、フィリピンが誇るココナッツ製品にもご注目くださいね。


It's more fun in the Philippines!!!



* * * * *


にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ フィリピン旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ



本日も "ポチッ" よろしくお願いします。 m(_ _)m







facebookフィリピン雑貨のセレクトショップ、Filipiniana Select Shop HARANA の新製品情報などをお知らせしています。





 


  
Posted by harana at 22:17Comments(0)

July 02, 2018

◇ フィリピン・ビジネスミッション 2018 ・前編


business mission 01


*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*


今年も観光客誘致に向け、日本の旅行関係各社に最新のフィリピン観光情報を伝えるべく、「フィリピンビジネスミッション 2018」 が東京、名古屋、大阪で開催されました。

今年の大阪の会場は、春には造幣局の「桜の通り抜け」、夏には大阪の夏の風物詩「天神祭」を望める絶好のロケーションに位置する帝国ホテル。 フィリピン観光省大阪事務所よりご招待いただいたので出席してきました。 

メインプログラムは、例年通り 【フィリピン インフォメーション セミナー】、【トラベルマート】、【カクテルレセプション】 の三部構成ですが、その前に、これも例年通りのお決まりの儀式があります。(↓)


孔雀の間にて

【お祈り】

By Mr. Diosel F. Lubrin
フィリピン共和国政府観光省
シニア ツーリズム オペレーション オフィサー


*


【フィリピン国歌斉唱】

*


【開会の挨拶】


business mission 03

By Ms. Leona Nepomuseno
フィリピン共和国政府観光省
西日本代表



* * *

一通りお決まりの儀式が終われば、

いよいよビジネスミッションスタート。


第一部:【インフォメーションセミナー】での新情報は
追ってレポートします。


* * *


第二部:【トラベル・マート】

business mission 05

会場を隣のエンパイアルームに移して



business mission 06

用意された飲み物、軽食をいただきながらの商談会です。




business mission 07

本来は、旅行業者さん向けの商談会。

外の景色も堪能しながら、ちょっとひとやすみ。



business mission 08

商談中にも関らず、帝国ホテルの

カトラリーや食器に興味津々。(^ ^;



トラベル・マートでは(個人的に)興味深い情報をゲット!

この件については、別途アップしてみようと思います。



* * *
  

第三部:【カクテルレセプション】

business mission 09

テーブルの上には San Miguel ビールが待機。

これだけでテンションがあがってしまいます。

まずは、総領事のご挨拶からスタート



【ウェルカム・メッセージ】

business mission 10

By Ms. Aileen Bugarin
在大阪・神戸フィリピン共和国総領事館
総領事


*

【乾杯の音頭】

business mission 11

日本旅行業協会 関西事務局
事務局長 角倉 洋介 氏 


*

【スペシャルステージ】

business mission 12

今回は本国からのアーティストの登場はなく、
日本在住のシンガー、Vivian さんのステージでした。


*


お料理は、立食バイキング

business mission 13

色鮮やかなデザートをはじめ、格式あるホテルらしい

お料理が用意されていました。 ただ、残念だったのは・・・

今回はフィリピン料理がまったく登場しなかったこと。

San Miguel ビールが並んでいたのが唯一の救いかも。





本日は、フィリピン・ビジネス・ミッション 2018 の

概略だけの報告でした。 続き は近日中に・・・ [ 続きです ⇒ ]




* * * * *


にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ フィリピン旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ



本日も "ポチッ" よろしくお願いします。 m(_ _)m







facebookフィリピン雑貨のセレクトショップ、Filipiniana Select Shop HARANA の新製品情報などをお知らせしています。





 


  
Posted by harana at 21:51Comments(0)

June 21, 2018

◇フィリピン・マニラで晩ごはん 2018/05 - <2> イカのバタフライ揚げ???



salo 21

《 SALO PARK 》


*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*


《◇フィリピン・マニラで晩ごはん 2018/05 - <1> 屋台村風食ビル》の続きです。


前回は、屋台村風食ビルのご紹介だけに終わってしまったので、今回はオーダーした内容の報告です。



まずは何をさておき、必須不可欠 "San Miguel" ビール


salo 22

Pilsen 3本、Light 2本がバケツに入って運ばれてきました。

アイスペールには山盛りの氷。(フィリピンでは氷を入れるのが常識)

オープンプロモだとかでビールが格安!!! なんと45ペソ!!!

コンビニでも(缶入りだけど)50数ペソするこのご時勢に!?

更に更にアイスペールの氷は無料!




事情通がスターターにオーダーしてきてくれたのがこちら

salo 23

2Fメキシカン Amigo's Fil-Mex Cantina のバイトサイズタコス

お味、食べやすさという点以外に、この選択が後々に、

『吉』という結果をもたらすのでした。グッド・チョイス!!!




タコスをつまみながら、San Miguel をグビグビ。 すると事情通が

面白いイカ料理があるというのでオーダーしてきてもらいました。

salo 24

こちら番号札です。(この時点で意味不明)




やがて2F のお店から現物が運ばれてきました。 ↓

salo 25

料理名 《Giant Butterfly Squid》

多少歪んではいるものの、番号札にそっくりな物体が・・・。




salo 26

ちなみに、この手造り風の台の上に鎮座していました。



切り目を入れ揚げたイカを、逆さまにこの台に突き刺していたのです。



プラスティックのスプーン&フォーク、ビニール手袋がついてきます。

が、スプーン&フォークはフニャフニャ間違いなし!

「引きちぎった方が早いよ!」と両者同意見により、

salo 27

解体中の事情通



salo 28

解体されたイカは、先ほどのタコスのお皿にどんどん乗せられていきます。

というか、取り皿がないのでここに乗せるしかありません。

このお皿がなかったら、食べずらいことこの上なし。でも味はよし!!


「キッチン鋏があれば簡単なのに」と言うと、

「持って帰る奴がいるからだめだよ」と事情通。


なるほど、栓抜きもビールが入ったバケツにチェーンで繋がれていました。


salo 29

解体完了の図




salo 30

Above Sea Level

イカのバタフライ揚げを提供しているお店です。



メニューです。

salo 31

なんと、イカフライは4サイズもあったんだ! 3本セットまで!



イカフライは、これ一品で結構ボリュームがありました。

おまけにビールを何度もお代わりしているし、もう入らない。

といいつつ、何かおつまみがないとね。


結局、和食の大虎さんの

salo 32

こういうのや、


salo 33

こういうのをアテに)


ひたすら San Miguel のボトルを空にする夜でありました。


*イカのバタフライ揚げがお目当てなら、マイキッチン鋏持参をお勧めします。


* * *

SALO PARK

562 Julio Nakpil Street




* * * * *


にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ フィリピン旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ



本日も "ポチッ" よろしくお願いします。 m(_ _)m







facebookフィリピン雑貨のセレクトショップ、Filipiniana Select Shop HARANA の新製品情報などをお知らせしています。





 

  
Posted by harana at 23:58Comments(0)

June 14, 2018

◇フィリピン・マニラで晩ごはん 2018/05 - <1> 屋台村風食ビル


salo 01


*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*


《◇ PAL (フィリピン航空) の機内食 2018/05》 の続きです。



マニラに到着したその日のディナーは、

現地にほぼ移住しちゃった状態の日本人事情通と共に。



まだ明るい午後6時半過ぎ、グランドオープンして間もない

屋台村がある、と事情通に連れて行ってもらったのがこちら

↓ ↓ ↓



salo 02

コンテナを積み上げたようなアートなこのビル、

3階まであって、数軒の飲食店が入っています。




salo 03

1階の左側入り口から入ると、こんな感じ。


お好きなテーブルで、お好きな店の料理がいただけます。




上の画像のテーブル左側は、

salo 08

和食屋さん。 

以前和食のはしごをした(⇒)内の一軒、大虎さんの支店です。




右側はバー。

salo 15

こちらでドリンクをオーダー。

結局、ここで何度 San Miguel をお代わりしたことか・・・?




あ、ビルの中には右側、左側両方から入れますが、

salo 07

その丁度間、道路に面して Goto(お粥)屋がありました。




1階を奥に進むと、

salo 04

左は台湾料理、正面は見た目そのまま、たこ焼き屋。

右手の階段で2階に上がってみましょう。




salo 05

2階から階下を見下ろしたところ。




salo 06

2階には、韓国料理や、ビサヤスタイルのBBQ、




salo 09

シーフード料理、メキシコ料理、

画像はないけど、あとドリンク専門店も。





3階にはお店はないけども、居心地よさそうな席が用意されています。

salo 11




2階から3階を見上げて、一回りしてみましょう。

salo 10



salo 13



salo 14



入店したばかりの早い時間は客足も少なくて、大丈夫なのか?と

思いましたが、夜も更けるにつれどんどん人が集まってきて、

皆さん思い思いのテーブルで楽しんでいるようでした。



おーっっと、まだお料理の報告ができていません。

すみませんが、長くなりそうなのでひとまずこの辺で。

次回は、数時間飲み続けながらいただいたお料理を紹介します。




・・・ 続く ・・・







* * * * *


にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ フィリピン旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ



本日も "ポチッ" よろしくお願いします。 m(_ _)m







facebookフィリピン雑貨のセレクトショップ、Filipiniana Select Shop HARANA の新製品情報などをお知らせしています。





 

  
Posted by harana at 23:58Comments(0)

May 30, 2018

◇ PAL (フィリピン航空) の機内食 2018/05


pal


*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*


約半年ぶりにフィリピンに行ってきました。

自宅を出る瞬間からトラブル続出でしたが、

なんとか無事に帰ってきました。


いつものことですが、取り急ぎ機内の様子、及び機内食から。


* * *


往路。関空のチェックインカウンターで搭乗手続きをした後、ラウンジでふとボーディングパスに目をやると、「予約した席じゃない!」
まだ時間があったので、カウンターに戻りその旨告げると、JAL のネームプレートをつけたオネーサンに、「たまにあります」と『自分には関係ない』、といわんばかりにチケットを付き返されるも、引き下がることなく別の席に変えてもらったのでした。

なんだか先が思いやられる旅のはじまりでありました。



* * *


往路 PR407 : KIX - MNL


搭乗し、席について納得しました。

PR407-1

パーソナルモニターがない!!!

つまり、 「”上質な空の旅” を体感できる新仕様機」ではなっかったのです。

関空−マニラ間に飛ぶはすのA330ではなく、



PR407-2

A340-300!?

だから予約したシートじゃなかったんだ。納得。
(シート数、並び方がちがいます)



A330には、個人モニターと共にUSBポートが搭載されています。それで充電するのを見込んで空港に着くまでiponeで惜しみなくインターネットにアクセスしていたのです。
搭乗した頃にはバッテリー残量がかなり減っていました。マニラのホテルにチェックイするまでもつかな・・・

個人モニターがないので、ipad にインストールしたままの myPAL player(⇒ご参照) を起動してみました。



PR407-3

アクセスできたみたい。

いえ、ホーム画面だけかも。





PR407-5

あ、アクティブみたい。

PALのプログラム意外に映画やTVも観れそうです。




PR407-4

飛行状態も見ることができます。





安心したところで機内食

PR407-6

《Beef SUKIYAKI》

サラダ/卵焼き・煮物/スキヤキ&ご飯/フルーツ/水ようかん

チョイスは「ビーフスキヤキ」、または「フィッシュ・パスタ」でした。「フィッシュ・パスタ」って何? 今回サンプル写真の提示はなしでした。フィッシュ・パスタも気になりますが、日本発なら牛肉に間違いはないはず。冒険はやめておきました。
「スキヤキ」というより、牛丼でしたが十分満足できるレベルでした。 よかった「和」にしておいて。




* * * * *


復路: PR408 MNL - KIX


PR408-1

パーソナルモニター付き! 




PR408-2

予定通り、「”上質な空の旅” を体感できる新仕様機」A330でした!




モニターがあるからいいのですが、ちょっとトライ

PR408-3

今回は ipad で myPAL playerはアクセスできませんでした。




PR408-5

でも(条件付で)myPAL wi-fiにはアクセス可能です。





さて、機内食です。

PR408-6

《Pork Pasta》

ポテトサラダ/ポークソース&フェットチーネ/パン/
ドライマンゴ/チョコレート


チョイスは「ジャパニース・チキン」、または「ポークのなんやらパスタ」、ポークスライス入りソースがかかったパスタでした。
写真を見せられましたが、ろくに見もせずポークをチョイスしたのは言うまでもありません。
消去法で選んだポーク。それ自体、どうってことなく、半分くらいしか口にしませんでしたが、それよりも驚いたのが・・・



PR408-7


予想外のデザート!!!




PR408-9

前回 ビジネスクラスに採用されていたAUROのチョコ x 2枚!

それにあの絶品マンゴチョコのCebu Bestのドライマンゴ!


「和」を選んでいたお隣の席をチラッとみたら、

チョコもマンゴもなく、カップに入った何かがデザートの

ようでした。「洋」のチョイスで正解でしたね。




ということで、今日のところはこの辺で。


マニラで滞在記は、おいおいアップしていきます。

(【追記】: まずは、第一弾 ⇒ 




* * * * *


にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ フィリピン旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ



本日も "ポチッ" よろしくお願いします。 m(_ _)m







facebookフィリピン雑貨のセレクトショップ、Filipiniana Select Shop HARANA の新製品情報などをお知らせしています。





 


  
Posted by harana at 23:22Comments(0)

April 10, 2018

◇ 近頃のフィリピン土産


phil souvenir 1


*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*


ご無沙汰しております。 休み癖がつき、久々の投稿となってしまいましたが (^ ^; 、今回はフィリピン旅行のお土産についてちょっとしたヒントをお届けします。

前回渡比した際、P友の一人から色々持たされました。 (失礼な言い方かもしれませんが、)ドライマンゴくらいしか持ち帰れるものがなかった以前と比べると、フィリピン土産もずいぶんあか抜けしたものです。(^ ^; 

トップ写真のお菓子類、ほぼ SM のフィリピン製品特設売り場(または Kultura)で購入されたものだと推測します。 



phil souvenir 2

お菓子類を入れて渡されたトートバッグも同様でしょう。 Made in the Philippines のタグがついていました。

思いのほか、どれも結構なお味。 仕事先にばら撒くお土産としては最適です。 近々フィリピン旅行を予定しておられる方々への参考になればと思います。



phil souvenir 3

フィリピン産チョコレート&レーズンのクッキーと

マンゴ&カシューナッツのクッキーのセットです。

見かけは地味ですが、素材はそれぞれ存在感があります。

飲み会に持参したところ、好評でほっとしました。





phil souvenir 4

流行の波に乗ったドライマンゴ x チョコレート

PALのビジネスクラス にも採用されている高級感満載の

例のもの とは異なり、こちらは面白いくらいに手作り感満載。

というのは、それぞれのピースの厚みが違い過ぎ、倍ほど違う物も。

マンゴの厚さを均一化していないのか、チョコレートのかけ具合が

まちまちなのか??? まったく手作業なのだろうと想像させます。

こういう点も 「お土産話し」 をするきっかけになるかも、ですね。





phil souvenir 5

Pナ親子が定番として絶賛していた素朴なビスケット

スペイン統治時代の名残を感じさせられる一品です。

期待大でいただいてみると、悪くはないのですが・・・

お口の中の水分がすべて持っていかれました。(^ ^;

ご近所のPノイ君達にお裾分けしたところ、大喜び (^ ^)v

在日フィリピン人のお友達がいる方にお勧めです。





phil souvenir 6

ドライマンゴ入りソフトクッキー、

いただいた中で、これが一番気に入りました。

しっとりとした生地とソフトなマンゴがベストマッチ。

個包装なので、オフィスへのお土産にも適していますね。





phil souvenir 7

まだ開封していないバナナチップ

パッケージだけで、お味にはまちがいないと確信。

一旦開封すると、大変なことになります。なので

大人数がいる場に持っていくつもりで未開封。

期待通りでも、期待はずれでも、後日報告することにします。





いただきものではないのですが、P国ファン友の為に買ったもの ↓


phil souvenir 8

おなじみ Goldilocks のポルボロンが、洒落たパッケージ入りに。

スーパーで132 - 139 ペソ、300円強とポルボロンの中では

少々お高い方ですが、P国ファンに受けること間違いなし!





phil souvenir 9

「かっぱえびせん」もどきでおなじみの oishi ブランド

左はチョコレート、右はウベ(紫芋)のクリームが入った

日本でいえば、コロンのようなお菓子です。

お味は期待せずに、単にウケ狙いで買いました。

チョコ入りの方は自分で食しました。

⇒ 期待はずれでした。いえ、つまり期待に反して美味でした。

期待していなかったのでお値段も覚えていませんが、数十円でしょう。



 
駄菓子といえど、侮れませんねー。 

駄菓子ジャンルで買ったものはまだまだあります。 

休み癖が続かなければ、そのうちに投稿します。

期待せずにお待ちくださいませ〜。




* * * * *


にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ フィリピン旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ



本日も "ポチッ" よろしくお願いします。 m(_ _)m







facebookフィリピン雑貨のセレクトショップ、Filipiniana Select Shop HARANA の新製品情報などをお知らせしています。





 



  
Posted by harana at 23:15Comments(0)

December 31, 2017

◇ フィリピン製スマートフォン


myphone 1


*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*


これまで海外旅行には docomo 携帯のほか、フィリピンで購入した歴代の Nokia を持参していたのですが、とうとう Nokia ガラケーでは現地での行動に不自由を感じできたため、2017年3月の渡比の際、フィリピンでスマホを購入することにしました。

マニラ到着の翌日、ランチを一緒にしたPナ母娘にそのことを話すと、スマホショップに同行してくれるとのこと。 iphone があるのでフィリピン用は安いのでいいからと言うと、何社かあるフィリピンスマホの内、こちらを選んでくれました。 ↓



myphone 3

my|phone

庶民派モール、Market! Market! 内にある支店です。




myphone 2

安いのを!が条件 (^ ^; 2,299 ペソ(約¥5,300)だったかな。

これまでも使っていた Smart のプリペイド SIM 付き

裏にはフィリピンの地形が浮き出ています。



myphone 9

付属品です。 




myphone 4

OS は Android 搭載


たくさんのアプリがインストールされていましたが、必要だった Grab がなかったのでこれだけインストール。

といっても、実はPナ娘に丸投げ。 初日は使い方がよくわからないので、my|phone、古い Nokia、 日本用の iphone の3台を駆使してやっと事が足りる有様 (^ ^;



すると、夜中に突然女性の声が!?


myphone 8

何事かと飛び起きると、my|phone が光ってる!!!

よく聞いてみると、スマホがお祈りしている!!!

この後も、03:00, 06:00, 12:00, 15:00, 18:00 になると勝手にスマホがお祈りをはじめるのです。 これってデフォ? Pナ母曰く、「これは消せない!」のだそう。 そんなバカな!



あちらこちら触っていて見つけました。

myphone 5

さすがにフィリピンスマホ。 お祈りのアプリ付きでした。



myphone 6


myphone 7

用途に合わせたお祈りがインストールされています。


今年2度目の渡比、11月にも my|phone を持参しました。ようやく慣れてきて、やっと見つけました! やはりデフォで指定した時間に勝手にお祈りが始まるよう設定されていました! フィリピンスマホのご親切には申し訳ないですが、勝手にお祈りしないように設定を変更させていただきました。 何しろタクシーの中、エレベーターの中でもお祈りがはじまっていたので・・・。 その度に電源を切ったり、音を小さくしたり、大変たったのです。




あと、”my|phone アプリ” にはフィリピンらしいコンテンツが満載

myphone 12

テキスト版のインデックスではわかりにくいですが、



myphone 11

アイコン版でも表示できます。



myphone 13

その中に MyCountry という項目があります。

左上 Alam mo ba? (ご存知?)というアイコンをタップしてみましょう。



myphone 14

フィリピンに関する事柄が見れるようになっています。

年末らしく Jose Rizal をタップしてみましょう。
(以前は年末には Jose Rizal ネタで締めくくっていました。
 今回これがネタ代わり。 昨年版はこちら ⇒




myphone 15

残念ながら、ここから先はネットに繋がらないとみれません。 この画像は帰国後に撮影しています。 Globe の SIM なので、更に残高なしなので、無理ですね。

でも電源さえ入っていれば、日本でも設定時間にお祈りは始まります (^ ^;


sim1

あ、3月に Smart の SIM 付きを買ったといいましたが、もう期限切れだったので、今回は 行きの PAL 機内で配布された Globe のフリー SIM を使いました。




sim3

NAIA ターミナル2の場合、税関を通って外に出ると

中央よりやや左の方にこのサインが見えます。



sim2

更に左に行くと、Globe, Smart 両方のスタンドがあるので、こちらで SIM、チャージ用のカードが購入できます。
PAL でもらった SIM カードを持っていくと、日数や使用目的にあったカードを勧めてくれて、設定もしてもらえます。電話、テキスト、インターネットを使用するということで、500ペソのカードを購入し、それに合わせた設定までしてもらいました。


フィリピンでのスマホの使い方はまだイマイチ習得できていません。
今後も新たな経験があれば、アップしていきます。


* * * * *

今年も多くのアクセス、ありがとうございました。

来年も引き続き、よろくお願いいたします。

では皆さま、よいお年を!

A H A P P Y N E W Y E A R !

M a n i g o n g B a g o n g T a o n !






* * * * *



にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ フィリピン旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ



本日も "ポチッ" よろしくお願いします。 m(_ _)m







facebookフィリピン雑貨のセレクトショップ、Filipiniana Select Shop HARANA の新製品情報などをお知らせしています。





 
  
Posted by harana at 21:07Comments(0)

December 12, 2017

◇ PAL (フィリピン航空) の新仕様機で ”上質な空の旅” を!


pal new 1


*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*


《◇ PAL (フィリピン航空) の機内食 2017/11》 の続きです。



今年の7月初めに投稿した 《◇ フィリピン・ビジネスミッション 2017 PAL 新仕様機導入 》 でお伝えしたにもかかわらず、関空発 PR407便に搭乗するまですっかり忘れていました。(^ ^;

そうでした! A330 の新仕様機の関西就航予定は11月16日でした。 今回の渡比で、うまい具合に就航直後の新仕様機に搭乗できたわけです。


ビジネスミッションでは、”上質な空の旅” を提供すべくシートピッチを拡大したゆとりある新仕様機導入の発表がありました。 さてさて、実際に搭乗してみると・・・



[エコノミークラス]

pal new 3

”予定通り”、エコノミークラスにも個人モニターが搭載されています!





pal new 2

”予定通り”、USB ポートがついています! これは便利!





pal new 4

映画、TV 番組、音楽、トラベルガイド、お子様向けコンテンツ等、

楽しんでいる間に、 スマホ の充電までできてしまいます。


シートピッチが拡大することにより、エコノミークラスは

323席 (3-4-3) ⇒ 267席 (2-4-2) になっているはず。



これだけでも十分 "上質な空の旅" を感じられますが、

ビジネスクラスでは更なる "上質な空の旅" を体験できます。


* * *


[ビジネスクラス]

pal new 5

18席 (1-2-1) に変わりはありませんが、シート回りが全然違う!

シートベルトは、腰ではなく車のように肩から装着するタイプ。



pal new 8

モニターは、エコノミーの10.1インチよりはるかに大きい18.5インチ

エコノミーではモニター下にあったUSBポート、イヤホンジャックがありません。





pal new 6

小物置き場のほか、USBポート, イヤホンジャック、ライト、

リクライニング操作は、すべてテーブル横で行うように完備。





pal new 10

シートはなんと、フルフラットになります。





pal new 7

まだリクライニングにしていない状態で、足元に余裕有り過ぎ!





pal new 12

ある程度リクライニングにしてみましたが、まだ余裕があります。





pal new 13

フルフラットで無理やり足を伸ばしてこの状態。まだ余裕!


快適過ぎて、飛行時間たった3時間半ってもったいないくらい。

この状態でヨーロッパに行けるなら PAL を選びたい、と実感したのでした。




新仕様機が導入された PAL で、快適な空の旅はいかがですか?





* * * * *



にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ フィリピン旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ



本日も "ポチッ" よろしくお願いします。 m(_ _)m







facebookフィリピン雑貨のセレクトショップ、Filipiniana Select Shop HARANA の新製品情報などをお知らせしています。





   
Posted by harana at 16:54Comments(0)

December 06, 2017

◇ PAL (フィリピン航空) の機内食 2017/11


pal


*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*


久々のマニラ行き。

取り急ぎ、機内食のアップです。



[ 往路 PR407 KIX - MNL ]

pal 407 2

シートは最後尾。 「またもやノーチョイスかも?」とドキドキする瞬間ですが、今回は大丈夫でした。苦手なチキンは選択肢には無し。 
「チキン or ・・・?」というおなじみのフレーズを聞くこともなく、すんなりフィッシュを選べたのでもう一方が何だったかも覚えていません。 多分「ビーフ」か「ポーク」だったはずなのですが。




pal 407 1

メインはイタリアンなソースがかかった白身魚の温野菜&フェットチーネ添え。 
好みの「フィッシュ」を選択できたのは良かったのですが、残念なのがパスタのかぶり。イタリア風に仕上げたのであろうサラダはショートパスタ入り、それもトマト味って。確か 前々回 もかぶってたよな。




* * *


[ 復路 PR408 MNL - KIX ]

pal 408 2

帰りはアップグレードに成功!

なので、まずはシャンパンです (^ ^)



pal 408 1

マニラ滞在中にかなり食べ過ぎてしまったので、和食メニューを選択。

一皿ずつ運ばれる洋食とちがって、和食はすべてセットされています。

・前菜:鮭南蛮漬け
・小鉢:冷やし茶碗蒸し
・甘味:きんとんの抹茶ソース添え
・漬け物:胡瓜と柴漬け
・お椀:味噌汁
・台の物:すき焼き




pal 408 6

マニラ⇒関空ではまず和食は選びません。できるだけP国っぽいものを食べたいのと、大きな声ではいえませんが、海外発の和食にやや不安があるので・・ (^ ^;

綺麗に盛り付けられた "PAL御膳"、洋食の方の「バニラ・カラマンシープディング(ミコ・アスピラス氏製作)」とやらを捨ててまで選択してよかった!と思ったのですが・・・
ひとつだけ残念な点が・・・(>_<)

メニューブックに、すき焼きは「牛肉と野菜の鍋」というサブタイトルと、「豆腐、椎茸、えのき茸、しめじ、しらたき」と具も記載されていました。
で、牛肉以外ほとんど味が無い! 綺麗に盛り付けるためにそれぞれ別に煮ているのでしょうけど、味のしみにくい豆腐としらたきにいたっては、水炊きを食べているみたいでした。 全部の具を混ぜてはみたけどイメージする「すき焼き」ではなかったことがとても残念。 

あ、ついでにもうひとつ。和食にパンを配りに来てくれるよりは、できれば小さくていいので、型抜きご飯でもひとつ足してほしいような・・・。




pal 408 3

何故か食事の途中で運ばれてきたカナッペ。

シャンパンがまだ残っていたから? 出し忘れ?




pal 408 4

食後のアイスクリームもしっかりいただきました。

フレーバーは、ロッキーロード。




pal 408 5

コーヒーをたのむと、新作チョコレートがついてきます。 カカオニブのカリカリ感とミルクチョコがベストマッチ。
前回 までのチョコマンゴに引けをとらない優れもの。こんな場面でも、最近のP国におけるカカオ産業の発展が垣間見れます。



・・・ 続く ・・・


★ 過去の機内食は → こちら から




* * *



にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ フィリピン旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ



本日も "ポチッ" よろしくお願いします。 m(_ _)m



  
Posted by harana at 17:46Comments(0)

July 13, 2017

◇ フィリピン・ビジネスミッション 2017 Marco Polo のシグニチャーメニュー


marco polo1


*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*  


《◇ フィリピン・ビジネスミッション 2017 PAL 新仕様機導入》 の続きです。


フィリピン・ビジネスミッション第2部は、【トラベルマート】。 フィリピン現地のホテル・リゾート施設、旅行会社、航空会社、政府機関がそれぞれブースを設けて行う商談会です。

ホテルに関しては、新規参入組はもちろんのこと、老舗的ホテルも積極的なリニューアルを進めていて、どのホテルも特にロビーや客室はとてもラグジュアリーな空間を演出しています。

各ホテルのブースを訪れるたびに、タブレットに映し出される画像や動画を見ては、フーっとため息をつくばかり。 泊まってみたいところだらけ。 言いかえれば、どのホテルも区別できないほど素敵過ぎて、というか 「絶対にここ!」と言いたくなる決め手がみつかりません。(決め手がありすぎるのかも?)


そんな中、違う意味でそそられたのが、レストランのメニューに特徴がある Marco Polo ホテル。(結局、見た目より食べ物に釣られてる!?)


marco polo6


他のホテルとは一線を画した発想で、立地する土地の特産品を使ったユニークなメニュー作りが展開されています。



Marco Polo Plaza Cebu といえば、もう有名なマンゴづくしのメニュー。

marco polo3

《 Mango Bango 》 @ El Viento Restarurant & Pool Bar


数年前のビジネスミッションでこの企画を知って以来、興味を持ちながらも未だに実食できないまま。 いつの間にか、マンゴを模したメニューブックまで誕生していました。 その内容は、

・マンゴサルサとローカルバジルのブルスケッタ
Bruschetta with mango salsa and local basil

・シーフードとマンゴカクテルのレモンシートソース和え
Seafood & mango cocktail with lemoncito sauce

・ネイティブチキンのティノラスープにマンゴとココナッツ
Native chicken tinola with mango and coconut

・マンゴ・バンゴパスタ: カニの身、マッシュルーム、マンゴに 
トマトクリームとトリュフクリームのラビオリ
Ravioku filed with crabmeat, mushroom and mango
dressed on tomato coulis with truffle cream

・グリーンマンゴシャーベットのミント添え
Green mango sorbet with mint

・マンゴサーフ&ターフ ビーフラプラプ魚に日本酒とビーフソース
空芯菜のアドボ、マンゴ、マッシュポテト添え
Mango Surf & Turf - Beef and Grouper fish with kangkong adobo,
mango, potato mash and sake infused beef jus

・マンゴ&バンゴのデュエット ローカルチーズケーキに
マンゴジャム、クリームブリュレ、ベリーとマンゴサラダ添え
Duet Mango & Bango Local cheescake and mango jam
cream brulee with berries and and mango salad

・珈琲/紅茶

・チョコレートコーティングのドライマンゴ
Chocolate coated dried mango




marco polo7

メニューの裏表紙には、All about mangoes, Did you know that...

マンゴについて。「ご存知でした?」 と、マンゴのウンチクも。



* * *


マンゴメニューには、アフタヌーンティーにいただける

お手軽バージョンが登場していました。 その名も

marco polo2

《 Mango Petite (マンゴ プティー)》 @ Lobby Lounge



marco polo8

マンゴデザートがアソートされていて、マンゴアイスコーヒーやティーと共に、テーブル上でミニピクニック気分が愉しめます。



* * *


そして、今回最も注目したのは、同じく Marco Polo Plaze Cebu の新企画!


marco polo4

《 Tout Chocolate 》 @ Blue Bar & Grill


美食家を魅了するために、特別に考えられたディナーコース。



あまり知られていないかもしれませんが、フィリピンはカカオの産地です。 スペイン統治時代にカカオ栽培が始まりました。
ここ数年、政府がカカオ栽培に力を入れている成果が、フィリピンで開催されるフードフェアにも反映しているのを感じます。 町中でもフィリピン産のチョコレート製品が増加しています。 (過去のカカオに関する投稿 ⇒ 



marco polo5

Marco Polo Plaza Cebu のエグゼクティブシェフ、Stefano Verrillo 氏が工夫を凝らし、感受性豊かに作るディナーメニュー。 チョコレート好きにはもちろん、グルメにとって特別で貴重なディナーとなることでしょう。 (毎週金曜日のみの特別ディナーコースです。)


* * *


そして、Marco Polo Davao にも新企画が登場!


marco polo12

《 Oh! Pomelo Dinner 》 @ Polo Bistro

「ポメロ」はいわゆるザボンのこと。フィリピン版グレープフルーツといったところ。
ポメロには、美肌効果、免疫力アップ、抗ストレス等の効果があるそうです。


メニューをのぞいてみると、


・アペタイザー
メカジキ、イカとポメロのマリネ


・スープ
貝柱のクリームスープ、白身魚、あさりとポメロの天ぷら添え

marco polo9



・ソルべ
ポメロのカンパリシャーベット


・メインコース
サーモンフィレのグリル、ポメロ、マンゴ、カフィア、ライムのサルサ、
サフランクリームとオランディーヌソース

marco polo10



・デザート
ポメロチーズケーキとウォッカポメロゼリー

marco polo11


・コーヒー、紅茶


・フレッシュフルーツぷラッター
マンゴスティン、ランブータン、ランソネス


* * *


残念ながら、マニラの Maraco Polo Ortigas にはセブやダバオのようなフルーツに特化したシグネチャーメニューは今のところないようですが、エアコン付きの Jeepny ツアーなど、ホテルゲストが楽しめる企画が用意されています。


*詳細は、各ホテルにお問合せください。




・・・ 続く ・・・





* * * * *



にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ フィリピン旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

本日も "ポチッ" よろしくお願いします。 m(_ _)m






facebookフィリピン雑貨のセレクトショップ、Filipiniana Select Shop HARANA の新製品情報などをお知らせしています。







  
Posted by harana at 14:48Comments(0)

July 05, 2017

◇ フィリピン・ビジネスミッション 2017 PAL 新仕様機導入


PAL330 1


*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*


《◇ フィリピン・ビジネスミッション 2017 セミナー》 の続きです。


セミナーのプログラムのひとつ、PAL (フィリピン航空) のプレゼンテーションでは、”上質な空の旅” を提供すべく、シートピッチを拡大したゆとりある新仕様機導入の発表がありました。





新仕様となるのは A330 機 (↓ は現在の仕様)


PAL330 4

シートピッチが拡大することにより、シート数が現在の368席から309席に変わります。

         現・ビジネスクラス 18席 ⇒ 18席 (1-2-1)

         現・プレミアムエコノミー 27席 ⇒ 24席 (2-3-2)

         現・エコノミー 323席 (3-4-3) ⇒ 267席 (2-4-2) 




PAL330 3

新仕様機では、ビジネス (18.5インチ) 、プレミアムエコノミー (13.3インチ) に比べれば小さいながらも、エコノミークラス (10.1インチ) にも個人モニターが搭載されます。
USB ポートがついているのも嬉しい仕様♪




PAL330 2

現在のところ、新仕様機 A330 の導入はマニラ直行便限定です。


         東京(成田):2017年10月6日 就航予定

         東京(羽田):2017年11月1日 就航予定

         大阪(関西):2017年11月16日 就航予定




シートピッチ拡大でゆとりある空間。 

PAL で快適な空の旅はいかがですか?




・・・ 続く ・・・





* * * * *



にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ フィリピン旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

本日も "ポチッ" よろしくお願いします。 m(_ _)m






facebookフィリピン雑貨のセレクトショップ、Filipiniana Select Shop HARANA の新製品情報などをお知らせしています。







  
Posted by harana at 14:06Comments(0)

July 01, 2017

◇ フィリピン・ビジネスミッション 2017 セミナー


business mission 6


*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*


今年も観光客誘致に向け、日本の旅行関係各社に最新のフィリピン観光情報を伝えるべく、「フィリピンビジネスミッション 2017」 が東京、名古屋、大阪で開催されました。

今年の大阪の会場は、リーガロイヤルホテル。 観光省大阪事務所よりご招待いただいたので出席してきました。 



business mission 3

会場は、《山楽の間》 

レジスターするために受付へ。 





business mission 4

《受付前のディスプレイ》

この前には、テーブルに麦わら帽子、サングラスが幾つも並んでいて、

ディスプレ前で自由に撮影できる仕組み。ポラロイドも用意されていました。





レジスターと同時に、資料を入れるためのバッグが手渡されます。

毎年工夫が凝らされたものが用意されているので、いつも結構楽しみ。


business mission 1

今年のバッグです。 ポケットのカバーは山岳地方の手織り布と思われます。

中は、この日のプログラムや、観光リーフレット、ノート、ボールペン等。




business mission 2

"It's more fun in the Philippines"

この日のために用意された特注品のようです。





business mission 5


プログラムは、例年通り 【フィリピン インフォメーション セミナー】、【トラベルマート】、【カクテルレセプション】 の三部構成です。



* * *

【フィリピン インフォメーション セミナー】


「フィリピン国歌斉唱」、「お祈り(by 観光省西日本代表 Ms.Maria Leona Nepomuceno)」、「開会の挨拶(by 在大阪・神戸フィリピン共和国総領事 Ms. Aileen Bugarin)」 が終わると、いよいよセミナーが開始されました。

セミナーは、本国からのお偉方のスピーチ、日本人ゲストによる体験談、航空会社のプレゼンテーションなど。
日本人ゲストのお一人は、なんとメジャーリーガー、ダルビッシュ投手のお母様。「太陽の国、フィリピンを訪ねて」 と題した体験談を語られました。



さて、フィリピンへの渡航者数は、年々右肩上がりです。 2016年は、2015年と比べて11.3% 増。特に日本からの渡航者推移は安定していて(平均108%)、2016年は50万人以上の日本人観光客がフィリピンを訪れました。これは2011年から比べると 1.4倍だそうです。

2017年第1四半期は、180万人の外国観光客の数が確認できており、堅調な増加によって2017年に見込んでいる700万人の目標達成が実現しそうだとか。

2017年のフィリピン観光省は、
   1) 航空路線の拡大
   2) プロダクト・ディベロプメント
   3) 広告キャンペーンの刷新と活性化
この3本立てで観光促進していくとのことです。 

他国とは隣接していない列島フィリピン。観光客は空路または海路でしか到達できません。したがって国内線、国際線双方の航空路線拡大に力を注いでいます。日本から経由便にてフィリピン各地へ行く便も増えました。

路線接続の利便性向上によって、英語留学パッケージ、新しいダイビング先へのツアー、クルージング、巡礼ツアーなど目新しいツアーが続々登場しています。


観光立国フィリピンの確立に向かって、フィリピン観光省のプロジェクトは続きます。


・・・ 続く ・・・





* * * * *



にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ フィリピン旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

本日も "ポチッ" よろしくお願いします。 m(_ _)m






facebookフィリピン雑貨のセレクトショップ、Filipiniana Select Shop HARANA の新製品情報などをお知らせしています。







  
Posted by harana at 20:27Comments(0)

May 04, 2017

◇ フィリピンにイタリア出現 !? ▲哀薀鵐鼻Εナル・モール


grand canal 1


*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*


《◇ フィリピンにイタリア出現 !? .戰縫更場 》 の続きです。



Venice Grand Canal Mall のオープン時間が近づいてきたので、

Pチャンとの待ち合わせ場所、正面玄関前に移動することにしました。




grand canal 6

ベニス広場から、移動中。




grand canal 5

教会だらけのこの国では、建物の壁に

聖人が埋め込まれていても驚きません。




grand canal 2

正面エントランス前の歩道橋から撮影




grand canal 3

背後には高層コンド群




Venice Grand Canal Mall は、その名の通り、イタリア・ベニスの

大運河 "Canal Grande (カナルグランデ)" をテーマにしたショッピングモール。


grand canal 4

確かに、ベニスの大運河から見える Ca' d'Oro(カ・ドーロ)のような外観。




エントランス前で待つこと数分。定刻通りにオープンしないのもP国風。 


定刻を数分遅れで開店したモール内部に入ると、

grand canal 8


あらら、一見ご本家ベニスの Canal Grande さながら。

ご本家(↓)とは規模が小さ過ぎるのは言うまでもありませんが。


canal grande 1

《2009/03 Venetia 》






エントランスを支点に左右に分かれた施設が

行き来できるよう幾つもの橋で繋がれています。

grand canal 7

アッカデーミア橋 (Ponte dell'Accademia) でしょうか?




grand canal 12

スカルツィ橋 (Ponte degli Scalzi) のはず。




grand canal 10

まぎれもなく、リアルト橋 (Ponte di Rialto)




grand canal 11

リアルト橋の下にはゴンドラまで。

装飾も、本物に良く似せてあります。




grand canal 16

ゴンドラの乗船チケットは、乗り場のそばではなくて、なぜだかエントランスから向かって左側の建物の中にありました。

料金は、月〜木 250ペソ(約625円)、金〜日 350ペソ(約875円)
なんと、お一人様のお値段です。 高くない!? 所要時間はどれくらいなのでしょう? 短い運河なので(それも1本だけ)、往復しても短時間で終わっちゃうと思うけど。
ちなみにゴンドラのそばにゴンドラ乗りもいなかったし、運河には営業中のゴンドラはみあたらず。



grand canal 17

リアルト橋の上です。




grand canal 15

ご本家同様、ショップが並んでいます。



モール内の街灯も、ご本家(↓)にそっくりです。

canal grande 2

《 2010/10 》




残念なのが、最後の橋の上からみた様。

grand canal 18

まるで子供用プール。 運河が行き止まりって (>_<)

せめて建物の下を通して見えないところで止めればいいのに。



若干、違和感のあるフィリピンの小ベニスです。



・・・ 続く ・・・



*ご本家ベニスへの旅行記にもお立ち寄りください ⇒ [2009/03]、[2010/10]






* * * * *



にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ フィリピン旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

本日も "ポチッ" よろしくお願いします。 m(_ _)m






facebookフィリピン雑貨のセレクトショップ、Filipiniana Select Shop HARANA の新製品情報などをお知らせしています。










  
Posted by harana at 22:58Comments(0)

April 20, 2017

◇ フィリピンにイタリア出現 !? .戰縫更場


piazza venice -1


*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*


開発が著しい BGC (Bonifacio Grobal City) 周辺。 最新開発プロジェクのひとつ、McKinley Hill でPちゃんと待ち合わせをしました。

ここは高級コンドが建ち並び、また居住エリアとショッピングモールの複合施設が人気のホットエリアです。

待ち合わせは Venice Grand Canal Mall 正面エントランス。 先に行ってウロウロしようと思って早めに出かけたら、早すぎました。 オープンは11時とのこと。

しかたがないので、隣接する Venice Piazza で撮影タイム。



piazza venice -2

「ベニス広場」 ってことですね。

誰もが考えることは同じようで、記念撮影してるPさんたち多数。





piazza venice -3

中に入ると、広場をとり囲むように飲食店が軒を連ねています。

建物をバックに、広場が記念撮影の場と化していました。





piazza venice -5

通路側の壁面は、より雰囲気を演出するためか、

イタリアン(?) な壁画が目立ちます。





piazza venice -4

お店はイタリア料理ばかりとは限りませんが。





piazza venice -6

2階に上がってみました。





piazza venice -7

高層コンドに囲まれています。





piazza venice -8

すぐお隣の敷地は建設中。 何か建つのやら。

そのずーっと向こうも建設中。 

この建設ラッシュ、いつまでもつ続くのか???





そろそろ Venice Grand Canal Mall の開店時間。

移動します。


・・・ 続く ・・・







* * * * *



にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ フィリピン旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

本日も "ポチッ" よろしくお願いします。 m(_ _)m






facebookフィリピン雑貨のセレクトショップ、Filipiniana Select Shop HARANA の新製品情報などをお知らせしています。









  
Posted by harana at 09:44Comments(0)

April 01, 2017

◇ フィリピンのエコバッグ


eco bag-1


*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*


マニラのホテルにチェックインしたら、まず最初にすることは、スーパーマーケット、もしくはコンビニに GO! 滞在中のドリンクを確保して、冷蔵庫に詰め込みます。

特に今回はコンドテルに宿泊したので、空っぽの冷蔵庫を自ら満たす必要がありました。

缶ビール、ミネラルウォーター、そして お気に入りのジュース は必須アイテム。 ドリンクがメインなので、結構な重さになります。

以前、「お買い物袋が紙袋になっちゃったー」、と報告したことがありましたが、その数ヶ月後に訪比したらまたビニール袋に戻っていたので、それ以降安心して手ぶらでスーパーに出向いていたのですが、今回また紙袋復帰。 (>_<)



eco bag-2


ミネラルウォーター 2本、 Four Seasons ジュース 1Lパック 1本、缶ビールは確か 6本。 それから、パン・デ・サール 1袋(12個入り)、パック入りサラダ、ツナスプレッド (パンにも塗れるし、サラダのドレッシング代わりにも)。
この量、紙袋を抱きかかえてホテルまで持ち帰るのは、ちょっと大変。 (>_<)  レジ係りのPナさんが、「エコバックいります?」 と言ってくれたので、もちろん購入しました。 画像の緑のバッグです。 プラス10ペソ(約¥23)で、ずいぶん楽ができました。

その後、別のスーパーマーケットに行く時もこのエコバッグを持参しました。予感的中! もうどこに行ってもほぼ紙袋になっていました。




paper bag-1

高級スーパー, Rustan's も。 庶民派スーパーも。





paper bag-2

テイクアウトの場合でも紙袋。 でも、これ要注意。 

ものによっては液体が漏れます。 はい、漏れました (>_<)





paper bag-3

デパートの紙袋は、手つきなので助かります。





エコバッグの素材も様々。 


eco bag-3

スーパーマーケットツアー に参加した時の Rustan's にて。

布製。 値段が見えないけど確か99.xx ペソ。 約¥230 です。





eco bag-4

左は不職布だったかな、15ペソ(約¥35)

右は、表面をコーティング加工した不職布、35ペソ(約¥80)

 


右の可愛い! 日本でも使えそう! 購入!


eco bag-5

とても便利。 しっかりしたハンドルが2種類。 




eco bag-6

ショルダーにも手持ちにもなります。





eco bag-7


マチも十分! 



P国行きには、この手のバッグが欠かせません。 何よりも軽い、かさばらない。 日本お100円ショップで買った特大サイズを必ずスーツケースの中にいれています。 帰りの荷物のためですが。

話がそれましたが、とにかく、P国のスーパーに行ったら、エコバッグも買っておきましょう。 結構しっかりしているので、滞在中の買出しには何度でも使えます。 帰国してからも使えます。





* * * * *



にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ フィリピン旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

本日も "ポチッ" よろしくお願いします。 m(_ _)m






facebookフィリピン雑貨のセレクトショップ、Filipiniana Select Shop HARANA の新製品情報などをお知らせしています。









  
Posted by harana at 18:48Comments(0)

March 21, 2017

◇ チョイスに迷う PAL (フィリピン航空) のビジネスクラス機内食


pr408-1



*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*



往路: 《 PAL (フィリピン航空) で久々にマニラへ 》 の続きです。




復路: マニラ 〜 関空 PR408便は、ちょっとした手続きでアップグレード。


ビジネスクラスの特権のひとつは、ラウンジの利用です。


mabuhay lounge

渋滞が心配で、早めにホテルをチェックアウトしたので朝食抜き。 

Mabuhay ラウンジで軽いブランチを取り、出発までを過ごします。



* * *


搭乗すると、離陸前に特製ウェルカムドリンクのサービス。

pr408-2

《 マンゴ・スムージー 》

後で見たメニューによれば、他に "オレンジ・ジュース"、

"Mabuhay フルーツ・パンチ" のチョイスもできたみたい。





機内食メニューが配られました。

pr408-5

PAL の機内食には、国内外の有名シェフが起用されています。


和食は1種類だけですが、洋食はメイン料理が2種類。 つまり、合計3種類から選択することができます。

■和食メニュー
 前菜:  七味風味スパイシーチキンと鶏松風 
       (七味をきかせた鶏肉と鶏ひき肉松風焼きの串打ち)

 小鉢:  黒豚、チンゲン菜とほうれん草のロール、
       木綿豆腐、胡麻ドレッシング

 甘味:  いちご大福

 漬け物: 大根、胡瓜、柴漬け

 お椀:  味噌汁

 台の物: 薄焼きビーフ、焼肉ソース、ポテト、ブロッコリー、
       チェリートマト、鮭ご飯と錦糸玉子
       (*英語版メニューの料理名も、Usuyaki Beef でした)


■洋食メニュー
 冷製料理: チキン・シシグのタコス(By Bruce Lim 氏)
        ガーリックヨーグルトソース、野菜のピクルスと共に

 ブレッドボウル: ブリオッシュ、ハードロール、ペストガーリックフォカッチャ

 メインコース:.檗璽テンダーロインのベーコン包み、BBQ ソース
        チェリートマト、ガーリック風味のさやいんげん&マッシュポテト

        ▲船ンパエリア (By Fernando Aracama 氏)
        チキン、マッシュルーム、ゆで玉子、アスパラガス

 デザート: Carmen's Best アイスクリーム、
        マンゴクリーム (By Fernando Aracama 氏)
        (マンゴスライス、レディーフィンガー、クリーム)
        


和食も、洋食も、なんだかチキンが多い、苦手なチキンが・・・・。 う〜ん・・・。 悩みましたが、どちらを選んでもチキンはもれなくついてくるので、PAL マスターシェフのお料理が味わえる洋食にしました。
さてメインですが、メインまでチキンは辛いので、マスターシェフのお料理ではないですが、,離檗璽をチョイスしました。



お料理のチョイスを CA さんに伝えたら、食事の用意ができるまではしばし、おつまみで軽く一杯タイム。 (注文したドリンクが運ばれてこなかったけど。 ま、いいや)


pr408-3

MyPAL を起動



pr408-4

アナウンスでは、予定より 40 分近く早く到着するとのこと。

往路 で最後まで観れなかった映画の続き、観れるでしょうか???



* * *



いよいよお食事タイム


pr408-7

前菜の 《 チキン・シシグのタコス 》 と

デザートの 《マンゴクリーム 》 が一緒に

この状態で運ばれてきましたが、SISIG が見えない。



pr408-8

逆に置いてみました。


チキンと言っても挽肉なので食べられないことはないのですが、

一つだけにしておきました。 ボリューム有り。 3つも多くね?



* * *


pr408-9

《 ポークテンダーロインのベーコン包み 》


チキンパエリアにして、チキンだけ食べなければよかたっかな・・・



* * *


pr408-11

《 Carmen's Best アイスクリーム 》

コーヒーアイスに、キャラメリーゼして潰したカリカリの ピリナッツ 入り。

ローストしただけのものよりも、食感も味もこれが絶対にベターだ!!



* * *



pr408-12

《 マンゴチョコ・コイン 》

食後のホットドリンクには、あの絶品 の新作がついてきま〜す♪



* * *


PAL マスター・シェフのご紹介

今回の機内食には、こちらのシェフがコラボしていました。


pr408-14

《 チキン・シシグのタコス 》 の Bruce Lim シェフ



*


pr408-6

《 チキンパエリア 》、《マンゴクリーム 》 の Fernando Aracama シェフ




* * * * *



無事に映画の続きを観終わった頃、、


pr408-13


「まもなく着陸態勢に入ります。」


あ〜、同時に現実の世界が・・・・・



マニラ滞在中の報告は、また後日(⇒ )。







* * * * *



にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ フィリピン旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

本日も "ポチッ" よろしくお願いします。 m(_ _)m






facebookフィリピン雑貨のセレクトショップ、Filipiniana Select Shop HARANA の新製品情報などをお知らせしています。







  
Posted by harana at 14:14Comments(0)

March 14, 2017

◇ PAL (フィリピン航空) で久々にマニラへ


pr407-1


*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*


諸事情により、フィリピン行きを数ヶ月延期していたのですが、

やっと決行することができました。 利用したのは、いつもの PAL。 


* * *



新サービス!?


pr407-2

水平飛行になり、入国カード、税関申告書と一緒に配布されたのは、

P国で使えるプリペイド式の SIM。時代の移り変わりを感じます。

以前配られていたのは、フリーテレフォンカードでしたから。





pr407-3

Globe の 4G LTE、250MB が3日間フリーで使えます。

Mabuhay Mile メンバーには、マイレージ 500マイル付き。



* * *



では、毎度おなじみ。 機内食の報告です。


往路: R407 KIX - MNL

pr407-4

「メイン料理おあづけ状態の図」 です(笑)


もう恒例のようになっているこの状況。 そう、ノーチョイスな機内食!(前回
2列前の席までは、「■■ or △△?」 という CA さんの声が聞こえていたのに、ひとつ前の席では問いかけはなく、「はい、これどうぞ。」みたいな光景が、前の背もたれの間から見えました。

「えー、またぁ〜、勘弁してよ。」 と思っていると、やはりそうでした。 「チキンしかありません」 とお弁当箱を置かれそうになったので、ダメモトで言ってみました、やや消極的に 「アレルギーなんですぅ・・・」 って。

言ってみるものです。 「他のカートをチェックしてみますね。」 とメイン料理の器無しで、お弁当箱のみ置いて去っていったお優しい CA さん。

「アレルギーなので 『いりません』。」 と言うと、CA さんによっては 「あっ、そう。」 で終わってしまうこともあるので、言い方には要注意。(笑)



pr407-5

「■■ or △△?」 は、「ポーク or チキン?」 だったようです。




pr407-6

ポーク料理は、和風味で温野菜添えでした。 シャブシャブ? 

あとは金平、キューピードレッシング付きサラダ、フルーツ、最中。
 


* * *



食事が終わったら、到着まで 機内エンタテイメントで時間つぶし。

pr407-7

前回 も紹介しましたが、機体によっては持参するデバイスで

"myPal Wi-Fi", "myPal "Mobile", "myPAL Player" が利用できます。





映画や音楽を楽しむためには、専用アプリが必要です。


pr407-10

出発前に、ipad に myPal Player をインストールしておきました。

(iTune、 Google Play からインストールできます。)





pr407-8

「設定」で、「機内モード」 はもちろん 「ON」 です。

「Wi-Fi」 を 「ON」 にすると、ネットワーク myPAL にアクセス。





pr407-9


ホーム画面のサイドメニューから、「映画」、「TVショー」、

「PAL ビデオ」、「オーディオ」、「マガジン」等が楽しめます。




pr407-13

映画の選択肢は豊富




pr407-14

PAL ビデオには、"The Heart of The Filipino" も (ご参考 ⇒




pr407-12

サイドメニューには娯楽アイテムとは別に、「マップ」という項目も。

これをタップすると、出発地と到着地間の機体の現在地が表示されます。 

[「スクショすればいいのに」 という突っ込みは無しね。 (^ ^; もちろん
 気づいたけど、時すでに遅し。 気づいたのは帰り、それも到着間近 (>_<)]



また、どの画面も到着までの時間が表示されるので、とても便利です。

映画を観ている途中で、到着までに最後まで観れないことがわかり、

続きは復路で楽しもうと、キリのいいところで再生をストップしました。



・・・ 続く ・・・







* * * * *



にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ フィリピン旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

本日も "ポチッ" よろしくお願いします。 m(_ _)m






facebookフィリピン雑貨のセレクトショップ、Filipiniana Select Shop HARANA の新製品情報などをお知らせしています。







  
Posted by harana at 16:53Comments(0)

June 15, 2016

◇ フィリピン・ビジネスミッション 2016


phil.business mission 2016_01


*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*


今年も観光客誘致に向け、日本の旅行関係各社に最新のフィリピン観光情報を伝えるべく、「フィリピンビジネスミッション 2016」 が東京、名古屋、大阪で開催されました。

今年の大阪の会場は、ホテルニューオータニ大阪。 観光省大阪事務所よりご招待いただいたので出席してきました。 

プログラムは、例年通り 【フィリピン インフォメーション セミナー】、【トラベルマート】、【カクテルレセプション】 の三部構成です。



【フィリピン インフォメーション セミナー】

phil.business mission 2016_13

会場前では、ここでも 例の PAL のおねーさんがお出迎え。


キリスト教国フィリピンらしく、「フィリピン ビジネス ミッション 2016」 は 「お祈り」 で幕が開きました。
そして、「フィリピン国歌斉唱」、観光省西日本代表、および総領事のご挨拶と続きます。



いよいよ、最新情報満載のプレゼンテーションのはじまり。

phil.business mission 2016_03

発表されたデータで、印象的だった数字がこちら。 『日本からの海外旅行者数は、全体では前年比 96% と3年連続で減少しているが、フィリピンへの渡航者は、連続増加している。 前年比は 2013年度 105.3%、2014年度 106.9%、2015年度106.9% 』とのこと。 確かに近年、フィリピンの認知度が高くなってきていることはひしひしと感じていましたが、なかなかの数字ですね。

またフィリピン側も、渡航者の受け入れには様々な策を練っているようです。 中でも、お国の表玄関ともいえる国際空港が、今後新たな一面を見せてくれそうです。

 

phil.business mission 2016_04

セブの Mactan 空港の 「世界初のリゾート空港」 化



phil.business mission 2016_05

リゾート地として名高いセブを、空港ごとリゾートにしちゃおうという計画!?

2018年には新ターミナルが、2019年には既存ターミナルの改装完了予定。

空港から市街地へのアクセスも便利になりそうで、楽しみですね♪♪




phil.business mission 2016_06

マニラの NAIA (ニノイ・アキノ空港) では、Roxas Blvd. 方面、Makati 方面行きの、エアコン付き、無料インターネット完備の プレミアム空港バス の運行が開始されました。 24時間運行だそうです。

Bohol では Panglao 島に 2017年完成にむけて新空港を建設中。「エコ・エアポート」 のコンセプトの下、太陽光発電システム、海洋汚染防止の装置など、日本の技術が利用されているそうです。 やっぱりね、現 Tagbilaran 空港は乗客数の割りに、施設が小さすぎると思っていました。 需要が急激に増加しちゃった感があります。

変わりつつある国際空港、いい響きです。 ついでに NAIA 2 なんとかして〜。(度々ぼやいております。 最近はここ ⇒




* * *


【トラベルマート】

phil.business mission 2016_02

ホテル・リゾート施設、旅行会社、航空会社、政府機関がそれぞれブースを設けて行う商談会です。 おなじみの企業もあれば、新規参入組も。

「商談」 するわけではないですが、新規参加ホテルを数件回ってみました。 ほとんどといっていいほど、どこもタブレットでご自慢の施設の画像を映し出し、効果的なプレゼンテーションを行っていました。そのおかげで、いちいち魅了され、「行きたい!」 を連発する始末。(^ ^;




phil.business mission 2016_10

もう何年も 「ビジネスミッション」 に参加していると、時代の移り変わりを感じます。 以前は、各企業はプレゼン用にパンフレットを用意していたものです。 帰りにはバッグがカタログで重くなったことを記憶しています。 そのカタログがいつしか CD に、更には DVD にとってかわり、帰りは随分楽になりました(w)。

ところが今回、CD・DVD は少なく、主流は超小型の記録メディアとなっていました。中でも名刺型のメディア。 名刺大のプラスティックカードの一部が、折りたたみ式のメディアになっているものをいくつかいただいたのですが、これは何カードというのでしょう? SD カードとは形が異なります。  USB メモリにも若干幅はせまく、薄さは 2mm 程度。 再生するにはリーダーがアダプターが必要なのでしょうが、メディア名不明で、どうしたものやら。 これって、日本でもポピュラーなのでしょうか??? (IT系はうとくて・・・)

【追記】 マニラのP友に尋ねたら、 "Just insert in yur laptop. USB slot." と返ってきました。 「マジで!?」 ⇒ 結果: おっしゃる通りでした (^ ^;  不思議だ (*_*)


* * *



【カクテルレセプション】

phil.business mission 2016_07

最新の観光情報、ホテル情報をゲットした後は、カクテルレセプション。

乾杯の音頭は、TPB (Tourism Promotions Board) 最高執行責任者 MR. DOMINGO RAMON C. ENERIO III、"Mabuhay!" 




こちらのホテルでの 「ビジネスミッション」 は確か初めて。 フィリピン料理はないかも? とそれほど期待はしていなかったのですが、食事をしている途中でその存在を知りました。 ただ、いた場所から離れたテーブルに置かれていたもので、気づいた時には・・・


phil.business mission 2016_12

    左上: Arroz Caldo (P風お粥 &トッピング)
    左中: Ginataan Baboy (ポークのココナッツ煮)
    左下: Pancit Bihon (焼きビーフン)
    右上: Adobo (ポーク/チキン 煮込み)
    右下: Fruit Salada (フルーツサラダ←デザート)

    あとは、和・洋・中 のブッフェでした。



そろそろ、本国から召集されたアーティスト達の登場

phil.business mission 2016_08

日本の曲も数曲演奏してくれましたが、最後は全員で ♪ ANAK ♪

アーティスト をご紹介 (左から)

Joel Razon / Ann Nicole Tejedor / Francis Anne Virtudazo / Lemuel dela Cruz


左から二人目の彼女、フルートを吹いていますが、実はサックス奏者


phil.business mission 2016_09

若干22歳。 若っ!




* * *


帰りには、今人気上昇中のこれをいただきました〜 (^ ^)/

phil.business mission 2016_11

このサイズ、自分ではなかなか買えません (^ ^; 嬉しい限りです。

お味もいいですが、それに比例してお値段もいいのです。(詳しくは ⇒


* * *

VISIT THE PHILIPPINES

AGAIN

2016


昨年 に続き、今年も 「フィリピン観光年」

再訪はいかが? 

きっとお楽しみが待っていますよ。




* * * * *


facebookフィリピン雑貨のセレクトショップ、Filipiniana Select Shop HARANA の新製品情報などをお知らせしています。






  
Posted by harana at 02:00Comments(0)

June 07, 2016

◇ PAL (フィリピン航空) " 関空-台北-マニラ" 就航記念パーティー


pal-taipei 10


*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

《 ◇ PAL (フィリピン航空) で関空から台北〜マニラへ 》 の続きです。


PAL の 「大阪(関西)−台北(桃園)−マニラ就航 記者会見」 が行われた後、1時間ほどの休憩をはさんで、記念パーティーが開かれました。


場所は、大阪日航ホテル4F 藤の間から、

pal-taipei 11

同ホテル 32F の Sky Terrace に移動




入り口でテーブル番号を渡され、

「え?、どういうこと? 立食でテーブル番号?」

と不思議に思っていたら、


pal-taipei 12

立食とは、私の勝手な早とちり (^ ^;

着席スタイルの立派なフルコースディナーでした。





さすがに台北経由の路線就航記念らしく、

会場内は台湾の赴きを感じさせる演出。


トップ写真のようなテーブルセッティングや


pal-taipei 13

ウエイトレスさんにも、



pal-taipei 14

ウエイターさんにも。



メニューを見るまで、中華料理がでてくるのかと思っちゃいました。



* * *


さて、お偉方さんたちのスピーチあり、

一部記者会見同様のプレゼンもあり、


pal-taipei 15

いよいよ乾杯です。

"Mabuhay!"



* * *


pal-taipei 18

= メニュー =

スモークサーモントラウトのアボカドソース

ホワイトアスパラのポタージュスープ

鯛のポワレ サフランのクリームソース
アスパラとホウレン草添え

牛フィレ肉のグリル
キャベツ入りマッシュポテトとブロッコリー 黄色パプリカ添え
赤ワインソース

マンゴプリン

コーヒー

パン


* * *


お腹もほぼ落ち着いてきた頃、

pal-taipei 19

実力派シンガー、Aicelle Santos 嬢登場。





pal-taipei 20

あとは、例によってみなさんノリノリです。


この流れのまま、無料航空券が当たる恒例の抽選会に突入。


が、またもや、当たりませんでした (>_<)


* * *



さあ、そろそろお開きタイム。 招待客たちがぞろぞろと出口に向かうのを見ながら、「またチケット当たらなかったなー」 とぼやく我々二人。 あ、もう一人は、久々に登場 「フィリピン大好き女子」 です。



と、その時です。 

出口横のスクリーンに映し出されたのは、ミュージックビデオ。


heart of the filipino 1

「え、え、え、サラ姫? サラ姫、なんで? なんで?」

スクリーンの真ん前で、突如 「フィリピン大好き女子」 大パニック!


Sarah Geronimo を 「サラ姫」 と呼び崇拝する彼女は、突然の展開に大騒ぎ。 「あー、そういえば、PAL 創立75周年記念のテーマソングみたいよ〜」 と先日読んだ PAL の機内誌 の受け売りを告げるも、「ヒェー、なんで? なんで? ヒェー」 と彼女の興奮はおさまることはなく・・・



ほらほら、これ。

heart of the filipino 5

機内誌 Mabuhay マガジン 2016年4月号

表紙にまでなっておりました。



heart of the filipino 4

本文


heart of the filipino 3

表紙+本文8ページの特集でした。



航空券が当たらなくても、このミュージックビデオが見れて大満足だったという 「フィリピン大好き女子」 なのでありました。 私は航空券の方がいいけどね。(- -)



heart of the filipino 2
Bamboo / Sarah Geronimo / Lea Salonga

フィリピンを代表するトップスター達による

"The Heart of the Filipino"



The Heart, the Heart of the Filipino
shining through
(Philippine Airlines shining through)
Woohh-ohhh-ohhh




このフレーズとメロディーがいまだに頭から離れませぬ。

(そりゃそうだ。 スクリーンの真ん前で、何度も繰り返されるビデオを二人してずっと見続けていたのだから。 動画撮影までして。)

Youtube にアップされています。 歌詞付きなので、一緒に歌えそうです。 タガログ語をお勉強したい方は是非どうぞ。 日本のおなじみの場所も登場しますよ。



* * * * *


pal-taipei 16

贅沢にも、大阪市内ど真ん中の夜景を一望しながらのディナー。

“Heart of the Filipino” − 今年3月、設立75周年 を迎えた PAL が、5年以内に英国の航空サービス調査会社スカイトラックスの最上級格付けである 「5つ星」 獲得を目指す、そう宣言した際に発表された新ブランド哲学です。 
新路線の発表ばかりではなく、ホスピタリティー溢れる 「フィリピン人の心 (Heart of the Filipino) 」 のこもったパーティーでした。





* * * * *


facebookフィリピン雑貨のセレクトショップ、Filipiniana Select Shop HARANA の新製品情報などをお知らせしています。








  
Posted by harana at 20:26Comments(0)

June 02, 2016

◇ PAL (フィリピン航空) で関空から台北〜マニラへ


pal-taipei 1


*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*


PAL (フィリピン航空) の場合、現在 (2016/6/2 現在) の関空 ⇒ フィリピン路線は、マニラ行き PR407便、セブ行き PR409便が運航していますが、2016年6月25日より [関空- 台北- マニラ] を繋ぐ新路線が誕生します。

これに伴い、先日、大阪日航ホテルにて、「大阪(関西)−台北(桃園)−マニラ就航 記者会見」 が開催されました。


pal-taipei 2

PAL から記者会見にご招待いただいたので、お邪魔してきました。




pal-taipei 3

日航ホテル 4F、藤の間にて、PAL のおねーさんがお出迎え




pal-taipei 5

プレス席には、お茶とお菓子が用意されていました。

"ゴディバ” の文字に惹きつけられたのはいうまでもありません。(笑)





pal-taipei 4

PAL のお偉方が次々に着席、まもなく会見が始まります。



* * *


PAL の台北への初飛行は 1951年11月16日、ダグラス DC3型機であったとのこと。 今年の年末に台北就航65周年を迎えます。 台北はPAL創立10年後に初めて海外に就航した都市のひとつでした。
今回の関空−台北線は、フィリピンが有する 以遠権 (国際航空運輸において、自国から相手国を経由して、相手国からさらに先にある別の国への区間についても営業運航を行なう権利) を使用し、既存のマニラー台北線(PR896便、 PR897便) を関空にまで延長しての路線になる、ということです。

この新路線によって、日本−台北便の選択肢が広がります。 PR897便で台北に到着すると、ナイトマーケットにも充分間に合うそうです。  たとえ本来の目的地が台湾・台北であっても、そこからちょっと足をのばしてマニラを訪れてみる、というのはいかがでしょうか?

関空ーマニラ間は、これで毎日2便となります。 往路を既存のPR407便(関空発 9:55)、復路を新設の PR896便(マニラ発 7:10) で、またはその逆。 あるいは、台北で1泊するというのもいいかもしれませんね。


さて、新路線情報です。(↓)

■スケジュール
【PR897】 関空−台北−マニラ
     関空発 16:50 - 台北着  19:10
     台北発 20:10 - マニラ着 22:30

【PR896】 マニラ−台北ー関空
     マニラ発 07:10 - 台北着 09:25
     台北発  10:20 - 関空着 14:05(*月/火/木/金/日)  
 *水/土の PR896便は、出発/到着ともに、10分早い設定      

■使用機材
 エアバス A321 (199席仕様を使用予定)


■就航記念セール運賃(エコノミークラス)
【関西-台北】往路PR897限定/復路PR896限定 
  運賃:片道6,000円 往復10,000円
  販売期間:2016年4月25日〜2016年6月25日
  旅行期間:2016年6月25日〜2016年6月28日 日本出発分
  有効期間:最低2日 / 最大14日
  予約変更/取消し/払い戻し:不可

【関西ーマニラ】往路PR897限定/復路PR896もしくはPR408
  運賃:往復30,000円
  販売期間:2016年4月25日〜2016年6月25日
  旅行期間:2016年6月25日〜2016年6月28日 日本出発分
  有効期間:最低2日 / 最大14日
  予約変更/取消し/払い戻し:不可

※発券の際に、空港施設使用料、航空保険料等の諸費用が別途加算されます。
※販売する座席数には限りがあります。 
※購入は出発の3日前まで。



* * *


会見は、もちろん 「大阪(関西)−台北(桃園)−マニラ」 就航がメインでしたが、こちら でも触れたように、PAL は今年創立75周年です。 75周年記念に伴う様々な取り組みもここで紹介されました。 このあと、会場を移して新路線就航記念パーティーが開催されたのですが、ここでも75周年を記念するお楽しみが待ってたのでした。



pal-taipei 9

パーティー会場でもPAL のおねーさんがお出迎え



・・・ 続く ・・・






* * * * *


facebookフィリピン雑貨のセレクトショップ、Filipiniana Select Shop HARANA の新製品情報などをお知らせしています。






  
Posted by harana at 16:21Comments(0)

April 19, 2016

◇ PAL (フィリピン航空) 創立75周年


PAL75-1


*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*


まず初めに、

この度の九州地方の震災により被災された方々には、心からお見舞い申し上げると共に、一日も速い復興をお祈り申し上げます。

* * * * *


さて、P国のナショナルキャリアであるフィリピン航空は、先月3月15日に創立75周年をむかえたということです。 
これを記念して、日本発着路線 (マニラ・セブ直行便) の往復チケットが3月15日〜19日の間、プロモーション特別価格 (エコノミー ¥27,500、ビジネス ¥117,500) で販売される、という情報を得たのは先日のマニラ行きチケットを購入した後のこと。 早まったか? と思っていたら、このプロモーションチケットの搭乗期間は 2016年9月1日以降という条件付きであることがわかり、ちょっとホッ。 かといって、9月1日以降の予定など先過ぎてわかるわけもなく、購入することはなかったのですが。



で、関空発マニラ行き PR407 便に搭乗してみると、創業75周年記念イベントは、チケットの特別料金だけではないことがわかりました。


機内誌 Mabuhay には

PAL75-5

本国で行われた記念イベントの模様等、創立75周年を特集




機内デューディーフリー誌でも、

PAL75-6

75周年記念企画を掲載




PAL75-7

75周年を記念したオリジナルグッズの目次です。




PAL75-8

特に注目したいのは、機体模型。



ちょっとわかりにくいと思いますが、

PAL75-9

A330-300 と B777-300ER は75周年記念仕様。 

機体に 75周年のロゴ入りです。


あとでわかったことですが、模型だけでなく、実際の機体 (一部) にも75周年記念ロゴが塗装されているようです。 しまった、空港では気づかなかったよ。 (>_<)
興味のある方、「フィリピン航空 創立75周年記念機体」 でグッグって更に 「画像」 をクリックしてみてください。 飛行機マニアの方達他が投稿されたロゴ入り機体写真が数多くヒットします。



そして、これも75周年記念の一環なのでしょうか?

PAL75-3

機内サービスに新システムが導入されています。

・myPAL Player : 機内エンタテイメント(音楽や映画) が、搭乗者所有のデバイスで楽しむことができます。 但し、事前に App. Store 又は Google Play からアプリをダウンロードしておく必要があるようです。

・myPAL Mobile : ローミングにより携帯電話で通話、テキストメッセージが送信できます。

・myPAL Wi-fi : その名の通り、機内で Wi-fi にアクセスできます。 料金は三種類。
 (1) 1時間、または 35MB まで US$10
 (2) 全飛行時間、または 150MB まで US$40
 (3) 全飛行時間、または 150MB まで Mabuhay Miles のミリオンクラス所持者は無料


PAL75-4

別途 myPAL システム利用のしおりが用意されていました。



搭乗機内にもサインが

PAL75-2


おっと、ここでお気づきでしょうか? 
あのとき、そう 2013年10月 から、前回2015年10月までの間に渡比した際、それまでの機体 Airbus A330-300 (ビジネスクラス 42席、エコノミークラス 260席)ではなく、まるで国内線みたいな左右席+中央通路のみの Airbus A321、Airbus A320-200が続いていたのですが、今回、A330-300 に戻っていたのです! しかも上記のような新システムまで導入されて。
あの左右3席ずつの国内線みたいな機体ではなんだか狭苦しく、特にカーテン一枚で仕切られただけで、エコノミー席より若干広いくらいのビジネスクラスなど、ビジネス料金を払うだけの値打ちはない! とウンザリしていたので、今回はエコノミー席であったにもかかわらず、機内では少々ゆったりした気分で過ごすことができました。


ところで、設立75周年をむかえた 3月15日、PAL は5年以内に英国の航空サービス調査会社スカイトラックスの最上級格付けである 「5つ星」 獲得を目指して (現在は 「3つ星」)、機内サービスの向上、路線網拡大、機体の更新をしていくと発表したようです。

そこまで言うなら、ついでに、PAL 専用ターミナルである NAIA (ニノイ・アキノ国際空港) ターミナル 2 もなんとかしてほしいものです。 ターミナル 2 は、別名 Centinnial Terminal なんてかっこよく呼ばれてはいますが、以前にも何度か愚痴ったように、まあオペレーションがお粗末、それに乗客数に比べ搭乗ゲート付近の椅子が少なすぎ。
今回、高齢者のみが入れる椅子が用意された一角があり、これはこれで良い取り組みであると感心しましたが、多くの一般乗客がゲート前に立ったまま搭乗を待っているので、各ゲートの便名やらのサインが見えなくなるほどです。 
チェックインを早目に済ませると、その際にボーディングパスに記載された搭乗ゲートから、実際の搭乗ゲートが変更になっていることがあります。
今回もそうでした。 ボーディングパスに記載されたゲートに行ってみると異なる行き先の便名が表示されていたのですが、変更後のゲート番号がわかりません。 放送されたのかもしれませんが、聞こえにくいし、気づかない場合もあります。
通常、世界各地どこでも空港内にはあちらこちらに各便のゲート番号が一覧できる電光掲示板が設置されているので、移動中に何度も確認することができるのですが・・・。NAIA 2 にはそれらしきものがありません。 (あるのかもしれないけど、目に触れない)。 
KIX 行き PR408便のゲートを探そうにも、各ゲートの前は人だかりで、便名が見えない。 更に、便名表示にも問題。 便名表示はゲートのカウンター頭上の電光掲示板でなく、カウンターの上に便名を記載したボードが置いてあるだけ、従って乗客の壁で余計に見えない (>_<)
で、どうしたかというと、たまたま人が少なかったゲートに近づくと成田行き、そこでKIX 行きのゲートを尋ねました。 地上スタッフが PC のキーボードを叩いて調べてくれるのかと思ったら、手段はトランシーバー。 どこかに問い合わせくれて、やっとゲート番号が判明したわけです。
あー、今回もまた愚痴ってしまった・・・

“Heart of the Filipino” − 「5つ星」 獲得を目指す、そう宣言した際に発表された新ブランド哲学だそうです。 実現を期待します。 




* * * * *


にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ フィリピン旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

本日も "ポチッ" よろしくお願いします。 m(_ _)m




フィリピン料理モドキや、フィリピン食材を使ったレシピを投稿 ⇒ 
(いつの間にか、【レシピブログ】に移行されていました・・・)


   
Posted by harana at 11:58Comments(0)

April 13, 2016

◇ とりあえず PAL (フィリピン航空) の機内食


pr407


*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

フィリピンに行っていました。 そのため (でもないかな?) しばらく更新が滞っていましたが、フィリピン滞在記を含め、また少しずつ更新していきます。 

取り急ぎ、 PAL の機内食のみ、アップしておきます。




往路: PR407 KIX - MNL

pr407-1

またもや、ノーチョイス! (>_<) でした。 が、・・・

まだ新人っぽいPノイ CA が、テーブルにトレイを乗せながら、「フィッシュですが、いいですか?」 と申し訳わけなさそうに言うのです。
元々チキンとフィッシュの2択だったようですが、ラッキーにも、残ったのはフィッシュ。 好都合ではないですか! もちろん、若き CA には "No Problem!" とにっこり微笑んで答えましたよ。 (^ ^)





PR407-2

    ・野菜&海草サラダ、キューピー焙煎ゴマドレ付き 
    ・蒸しサーモン&野菜、味噌風味ソースがけ /ご飯 
    ・卵焼き / 炊き合わせ 
    ・フルーツ パイナップル&グレープフルーツ
    ・デザート 水ようかん
 
今回初めて体験する出来事が。 たいしたことではありません。 (^ ^; 
CA から 「お箸がいいですか、スプーン&フォークがいいですか?」 と尋ねられました。 いつもならどちらか、または両方がトレイにセットしてあるのに。  これも経費削減、資源節減の一環なのでしょうか?  いいシステムであることには違いありません。



* * *


復路: PR408 MNL - KIX

PR408-1

帰りは チョイス可! でした。 wwww

「チキンとエビのナントカ (聞き取れず。 想像もできず。)」 または、「フィッシュフライ」 の2択。 大好物のエビに一瞬、心がゆれましたが、チキンと一緒では多分無理。 やはり無難なフィッシュに。



PR408-2

    ・ペンネサラダ
    ・白身魚のフリッター、野菜とペンネ添え
    ・パン&バター
    ・デザート カステラ生地にクリームとフルーツジェリーのせ

お気づきかと思いますが、ペンネがかぶってます。(>_<)  ありえないわ、こんなメニュー。
この時は、自動的にナイフ、フォーク、スプーンのセットがついてきました。 お箸が必要が尋ねられるのは、和食を選んだ場合だけのようです。 「チキンとエビのナントカ」 は、和食だったらしく、往路のようなお弁当風に提供されていて、これを選んだ前席の人は、お箸かフォークか聞かれていました。

ちなみに、ビールはハイネッケンでした。 San Miguel 社が手を引いてしまった今、もう あのサービス にはお目にかかれません、残念 (>_<);


★ 過去の機内食は → こちら




* * * * *


にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ フィリピン旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

本日も "ポチッ" よろしくお願いします。 m(_ _)m




フィリピン料理モドキや、フィリピン食材を使ったレシピを投稿 ⇒ 
(いつの間にか、【レシピブログ】に移行されていました・・・)



  
Posted by harana at 16:39Comments(0)

December 03, 2015

◇ "フィリピン・ラム" をお探しですか?


tanduay rum

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

先週末から 「フィリピンのお酒、ラム」 や 「フィリピン ラム」 というワード検索でのアクセスが目立ちます。 どこかで話題になったのでしょうか?

フィリピンのラムについては、こちら で触れたことがありますが、先日のP行きで新たな情報を入手しました。 丁度いい機会なので、本日のネタにします。




こちら で話題にした Tanduay の Asian Rum


rum 1

PAL の機内誌 Mabuhay の広告だったり、




rum 2

PAL の機内 Duty Free カタログに掲載されたり、

トラベラーを意識したアピールが目立ちます。



前回 復路 PR408 の機内 Duty Free で買い損ねたので、今回は往路 PR407 ですでに買う気満々。 ターゲットは Asian Rum "Silver" だったのですが、 搭載していたのは "Gold" のみ。 まぁ、いいや Gold だけでも買っておこう。 帰りの便にあるとは限らないからね。



rum 3

Duty Free カタログをよく見ると、 オマケ付きみたいじゃないですか♪





rum 4

カタログに書かれていたように、ラムの箱に同梱されていました。





rum 5

Asian Rum のミニボトル?

本体と同じ、アラベスク柄まで描かれてます。





rum 6

USB メモリーでした♪





rum 7

Gold
Tanduay
Asian Rum

とプリントされています。 

Silver を買ったら Silver のミニボトルなのかな???

残念ながら往復路ともに、 機内に Silver はありませんでした。



* * *


【 Tanduay Asian Rum をゲットする方法 】

フィリピン・ラムのメーカーとしてポピュラーな Tanduay ブランドは、P国内のスーパーマーケットでも、コンビニでも簡単に購入できますが、この Asian Rum は巷では販売されていません。 (アメリカは別かも)
知る限りでは、PAL の機内と、空港の免税店、少なくてもマニラとセブの空港免税店では販売されています。 (他の国際空港、および国内線は確認していないのでわかりません)

100% 確実とはいえませんが、もうひとつ方法があります。
PAL (フィリピン航空) を利用する場合、中5日以上あれば、往路で注文をしておくと帰りの便で受け取れるとのこと。
例えば 12月1日に往路を利用する場合、12月7日以降の復路であれば受け取れるということになります。(ただし、搭載されていない場合もよくあるみたい)
中5日っていうのも、どうかと思ってしまいます。 P国行きに6泊7日って、普通のパッケージは3泊4日か4泊5日じゃない?  PAL さん、、もっと短くしないと意味ないような気がしますが・・・


確実に購入したい場合は、往路で在庫があれば、買っておく、または
復路の機内 Duty Free には期待せずに、帰りの便に搭乗する前に空港免税店で買う。

あ、ちなみに機内と空港免税店では価格が異なります。
機内では US$23 ですが、空港免税店では US$29 でした。

次回はなんとしてでも Silver をゲットするぞ!



*註:オマケ、単価は 2015年10月現在のものです。



* * * * *


にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ フィリピン旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

本日も "ポチッ" よろしくお願いします。 m(_ _)m




世界の家庭料理レシピサイト タベラッテ


↑ フィリピン料理モドキや、フィリピン食材を使ったレシピを投稿





  
Posted by harana at 11:34Comments(0)

October 25, 2015

◇ ついつい突っ込みたくなるフィリピン旅行から戻りました


PAL


*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*


Malunggay 観察記録も放ったらかし、ブログ更新も滞ったまま、フィリピンに行っていました。(^ ^; 

毎度のことですが、ついつい突っ込みたくなってしまうP国です。 PAL も同様、今回も行きも帰りも突っ込みどころ満載でした (笑)。  でもね、 あれだけノーチョイス続きだった機内食 が、今回は往復共に無事 (笑)、チョイスができたのが不思議!!


しかし・・・、関空で搭乗する前から、突っ込みたくなりましたよ。 搭乗口で、「イエローカード(合ってるかな? 健康チェックの黄色の書類)」、「税関申告カード」、「入国カード」 を一枚ずつ取って搭乗するように、ってアナウンスしているにもかかわらず、一番重要な 「入国カード」 のケースが空っぽ!  機内で配布するからとのこと。 ま、いいや。 「イエローカード」 と 「税関申告カード」 の2種類だけとって機内に。


搭乗後配布されたのは、不足していた 「入国カード」 だけではなく、「イエローカード」、「税関申告カード」、「入国カード」 の3種類1セット。 当然、「イエローカード」 と 「税関申告カード」 は2枚ずつあることになります。



「イエローカード」

PAL 3

搭乗前に取ったのと、機内で配布されたもの。

あれ、なんだか違うような・・・???



PAL 2

裏面はそれほどでもないのですが (でも細部は異なります)



搭乗口でピックアップした表面

pAL 4

一番下の行が切れてる!?

え、しかも上下が逆!?




機内で配布された表面

PAL 5

左上が折れていて印刷されてないし (^ ^;

たまたまかと思ったら、お隣のも同じでした (>_<)


現地の新聞にはよくあるけど、まさかイエローカードまでとは。

日本なら、印刷ミスとして世に出ることは絶対にないよね。

ま、どちらを提出しても大丈夫そうなので、たいした問題ではないですけど。



* * *


では、チョイスできた機内食、いってみよう!



往路 PR 407 《Chiken or Pork?》

PR407-1

メインはポークのすき焼(?)風。 日本発はお米が美味しいですね。 

ポークもビックリするほど柔らか。 もみじ饅頭ははじめて。



PR407-2

写っていないけど、サラダにはキューピーのゴマドレが付いていました。



* * *

復路 PR 408 (Beef Stroganoff? or Pork SHOUGAYAKI?》


PR-408

"Pork SHOUGAYAKI" には一抹の不安があったため、ビーフストロガノフを選択。

正しい選択であったかどうかはわかりませんが、失敗でなかったとこは確か。



復路も突っ込みたいところですが、長くなるのでこの辺で。




P国滞在記は、近いうちに・・・







* * * * *


にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ フィリピン旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

本日も "ポチッ" よろしくお願いします。 m(_ _)m




世界の家庭料理レシピサイト タベラッテ


↑ フィリピン料理モドキや、フィリピン食材を使ったレシピを投稿





  
Posted by harana at 23:55Comments(0)

July 24, 2015

◇ フィリピンのお酒 - 「ラム」


tanduay 6


*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*


サトウキビの生産国であるフィリピンでは、それを原料とした上質のラム酒が製造されています。

ン十年前、マニラの空港免税店で出国時に、お土産用にとラムを2本買ったことがありました。 アバカらしき素材で編んだネットに包まれていて、エンブレムもついていました。 随分立派な外観にもかかわらず、確か 1本 $1.50 でした。 1本は知人へのお土産にし、もう1本は長期間、多分10年くらい自宅に放置したままでした。 ある時、保存状態もよくないし、もう味が変わって飲めないだろうと想像し処分しようとしたのですが、念のためにちょっと味見をしてみたところ、これがなんと美味い!  長期放りっぱにしたのがよかったようで、トロリとして深い味わい。 しばらくの間、ロックでちびりちびりと楽しんだことを覚えています。

さて、数ヶ月前のこと、なじみのバーでオーナーさんと話しているとラムの話題に。 さすがにプロだけあって、フィリピン製ラムの存在をご存知でした。 世界的なコンテストで何度も受賞しているからでしょうか。 一度飲んでみたいと思っているということだったので、先日渡比した際にお土産として持ち帰ることにしました。




で、お土産がこの2本。

tanduay 5

どちらもP国内ではお馴染み、創業1854年の Tanduay ブランド。

左:海外市場向けにブレンドされた "Asian Rum" の Gold (Silver もあります。)
右:一番スタンダードな "Tanduay 5 Years Fine Dark Rhum" の 250ml 瓶 




"Asian Rum" シリーズ

tanduay 2

往路 PR407便機内の免税品カタログに掲載されているのを見つけ、




tanduay 4

アラベスクが浮き彫りになったボトルに一目ぼれ。 

よし、絶対に復路で買おう!  

とは思ったものの、一抹の不安が・・・。 機内免税品のカタログに掲載されているからといって、必ずしも帰りの便にあるとは限らない。 そうだ、万が一に備えてスーパーで何か買っておいた方がいいかも。 でもそれだと機内持ち込みができない。 750ml のボトルをスーツケースに入れるのは、これはまた別の意味で不安。(← 漏れたり、割れたりしたらどうしよう・・・)




スーパーに行く度にお酒売り場を物色

tanduay 1

巷で売っているラムは、ほとんどが Tanduay (あとは Don Papa ブランドもちらほら)、しかも "Tanduay 5 Years Fine Dark Rhum" ばかり。 とはいえ、250ml, 375ml, 750ml, 1L とバリエーション豊富。 容量によってボトルのサイズ、形がちがいます。 これはスーパーの陳列棚ですが、コンビニでも売っていて簡単に入手できます。 しかもお安い。

結局、予備としてスーツケースにいれても破損率が少なそうな "Tanduay 5 Years Fine Dark Rhum" 250ml を購入。 あとは帰りの便に望みをかけることに。





tanduay 3


結論から先に言うと、復路の PR408便に "Asian Rum" は搭載されていませんでした。 ではどうしたかというと、NAIA 2 の免税店で販売されているのを見かけたのです。 機内で Gold と Silver の2本を買う気満々だったので、免税店で2本も買って出発までウロウロするには邪魔になる。 それでなくてもかさばるハンドキャリーが他にもあるのに。 「免税店にあるということは、機内にもあるにちがいない、今買わなくっていいや。」 と都合のいい脳内変換をしたのが大間違い。 機内で事実を知った時のショックといったら・・・

で、帰国後、同時期にマニラに滞在していて、セブに移動したばかりのご近所のPノイ君のことが浮かんだのでした。 彼はセブから直行便で関空に戻る予定。 「NAIA にあったから、セブにもあるはず、買ってきて」 と即お願いメールを送信。 さすがに2本とは言い辛く、Gold 1本だけお願いしました。 というわけで、これはセブ空港で買ってきてもらったもの。 Pノイ君ありがとう m(_ _)m


後日2種類のラムを携えて、件のバーへ。 早速オーナーさん、スタッフさん達で2本の飲み比べが始まりました。 やはりプロの目 (舌?) はさすがで、"Asian Rum" の方は、色も味も自然に近い、それに比べ "5 Years Fine Dark Rhum" は、カラメル分が多い、とのこと。  同じ種類のグラス2個に両方を注いで見せてくれました。 ホントだ、"5 Years Fine Dark Rhum" の方が色が濃い。 カラメルで濃く見せている、ということになりますね。 味見をすると、確かに違う。 そりゃそうだ、お値段が10倍以上違うのだから。 "5 Years Fine Dark Rhum" 750ml はスーパーで79ペソ (約¥230)、"Asian Rum" は機内免税カタログで US$23 (約¥2,900)、空港の免税店では US$29 (約¥3,700)。 でも彼ら曰く、どちらも悪くない「出来栄え」だそうです。 




さて、こちらは自宅で温存中の1本、"Tanduay Rum 1854"

tanduay 7

設立150周年を記念してリリースされた15年物。(モンドセレクション金賞)

ちなみに、トップ写真に写っているのは設立160周年記念の広告。 ということは "Tanduay Rum 1854" がリリースされて10年は経っているということに。 
自分用の "Asian Rum" が買えなかったので、これをそろそろ開けようかと思案中。



追記 (2015.12.3) : フィリピン・ラムに関する最新情報はこちら ⇒ 

追記 (2016.8.29) : フィリピン・ラムに関する最新情報はこちら ⇒ ★★


追記 (2017.8.26) : フィリピン・ラムに関する最新情報はこちら ⇒ ★★★



* * * * *


にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ フィリピン旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

本日も "ポチッ" よろしくお願いします。 m(_ _)m




世界の家庭料理レシピサイト タベラッテ


↑ フィリピン料理モドキや、フィリピン食材を使ったレシピを投稿


  
Posted by harana at 11:14Comments(0)

July 02, 2015

◇ フィリピン観光年 2015


visit ph01


*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*


今年も半分過ぎてしまったのに、今さら何だ? って言われそうですが、まだブログネタにしていなかったので、遅ればせながら "Visit The Philippines Year 2015 " (フィリピン観光年 2015) のご紹介を。

もうすでにおなじみ "It's more fun in the Philippines " (もっと楽しいフィリピン) のスローガンに加え、 2015年はフィリピン観光年として、国内外でフィリピンの魅力をアピールする様々なイベントが開催されています。

ちょっと驚いたのは、日本でのイベント。 札幌雪祭りに参加し、雪のマニラ大聖堂は建設しちゃうわ、その前で民族衣装を身にまとった本国の舞踏団が伝統的ダンスを披露したり・・・。 真っ白な雪のマニラ大聖堂の前で踊るダンサーたち、見ごたえがあっただろうな、と想像します。 ( Youtube にアップされています。→

更には JR山手線の車両で 「フィリピン観光年」 の広告をしたり、 JR山手線、都営地下鉄の車内ビジョンでは観光年のコマー シャル映像まで流れているそうです。(→




visit ph02

先日の「フィリピン・ビジネスミッション 2015」 においても、当然ながらスピーチやプレゼンテーションの中で話題にされ、あらゆるものに "Visit The Philippines Year 2015 " ロゴがつけられていました。



visit ph03

インフォメーションセミナーで配布されたビールペンにも (メチャ書きやすい!)




日本向け専用リーフレット

visit ph04

<表>



visit ph05

<裏>





本国の "Visit The Philippines Year 2015 " サイト

visit ph07


アート、カルチャー、アドベン チャー、ビジネスなど、カテゴリー毎、月毎に用意されたイベントを検索することができます。 (カテゴリー毎にロゴのデザイン、カラーが少しずつ異なっていて、これもまた楽しい♪)

本国サイトにアクセスしなくても、観光省の日本語サイト (Premium Philippines) には "イベントカレンダー が掲載されています。


ほかにも、

・ "Visit The Philippines Year 2015 "  プロモーションビデオ(英語) 

・ "Visit The Philippines Year 2015 "  プロモーションビデオ(日本語) 

英語版と日本語版では、テキストの内容が異なります。 両方見くらべてみて!


・"Visit The Philippines Year 2015 " Facebook 

そして、昨年のビジネスミッション 2014 で予告された通り、フィリピントラベルガイドアプリ がすでに完成済み。 フィリピン旅行に是非お役立てください。





visit ph06

It's more fun in the Philippines!

今年の夏休みは、フィリピンで "もっと楽しい" バカンスを!






* * * * *


にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ フィリピン旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

本日も "ポチッ" よろしくお願いします。 m(_ _)m




世界の家庭料理レシピサイト タベラッテ


↑ フィリピン料理モドキや、フィリピン食材を使ったレシピを投稿


  
Posted by harana at 13:40Comments(0)

June 29, 2015

◇ フィリピン・ビジネスミッション 2015



business mission 01


*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

毎年のことですが、今年も観光客誘致に向け、日本の旅行関係各社に最新のフィリピン観光情報を伝えるべく、「フィリピンビジネスミッション 2015」 と称して、本国から官民合同で観光産業関係者の代表団が来訪しました。  大阪の会場は、6月22日、ヒルトン大阪。 今年も観光省大阪事務所よりご招待いただいたので出席してきました。 ”ざっくり” ですが、報告しておきます。



business mission 02

受付に向かっていると、その手前で PAL のおねーさんがお出迎え



 さてプログラムは、

  1. フィリピンインフォメーションセミナー
  2. トラベルマート
  3. カクテルレセプション

 という例年通りの三部構成でしたが、何やらいつもと違う雰囲気も。



* * *

【フィリピンインフォメーションセミナー】

business mission 03


・お祈り 

・フィリピン国歌

・開会の挨拶 
  フィリピン観光省西日本代表 Ms. Maril Leona D. Nepomuceno

・プレゼンテーション
  フィリピン観光推進局 最高執行責任者 Mr. Domingo Ramon C. Enerio
  フィリピン退職庁 ジェネラルマネージャー Mr. Valentino L. Cabansag
  フィリピン航空 
  セブパシフィック

・フィリピン代表団紹介
   
・セミナー閉会の辞 
  

フィリピン国歌の前に 「お祈り」 って、今回初めてじゃない?  キリスト教国なので不思議ではないですが。 また、開会の挨拶をされた観光省西日本代表は、つい数ヶ月前に着任されたばかり。 なんだかこの辺りから、新たな動きを感じます。


訪れる度に、発展し続けるこの国の勢いを実感させられるわけですが、それは明らかに数字にも表されます。 プレゼンテーションでは、ツーリズム関連の前年比や経済効果が数字やグラフをもって示され、また今後の更なる成長を垣間見るように、数年先までオープンが予定されているホテル情報、日本−フィリピン間の飛行機の増便等が発表されました。



business mission 04

こちらはほんの一部。 撮りきれなかったけど、まだまだオープン予定。




business mission 05

PAL 関空―セブ間増便!



* * *


【トラベルマート】


business mission 06

ホテル・リゾート施設、旅行会社、航空会社がそれぞれブースを設け、商談形式で自社のアピール。 配布用のカタログ、DVD は年々デザインも質も優れたものが多くなり、それらは手にした瞬間、つい引き込まれそうになります。 



* * *


トラベルマートが開かれている間、別室ではお偉方を囲んでの 【メディアブリーフィング】 が行われていました。


business mission 07

右から
 フィリピン観光推進局 次官補 Mr. Arturo P. Boncato Jr.
 フィリピン観光省西日本代表 Ms. Maril Leona D. Nepomuceno 
 フィリピン観光推進局 最高執行責任者 Mr. Domingo Ramon C. Enerio
 フィリピン退職庁 ジェネラルマネージャー Mr. Valentino L. Cabansag
 
錚々たる肩書きをお持ちの皆様、さぞ堅苦しい雰囲気かとお思いでしょうが、いやー、なんとも和やかな会談でした。 質疑応答の最中もジョーク連発、フィリピン人気質全開。 メディア側参加者は大手新聞社、TV局の方々がほとんど。 通訳さんがスタンバイされていましたが、全員が英語で自己紹介するほどなので、ジョークが発せられると同時にどっと笑いの渦に。

観光推進局 最高執行責任者 Mr. Domingo Ramon C. Enerio と、退職庁 ジェネラルマネージャー Mr. Valentino L. Cabansag は、随分前になりますがそれぞれ観光省東日本、西日本の代表を務めておられた方々。 もう長年に渡り面識があるお二人なのですが、お二人同時にまたお会いできて、懐かしくまた喜ばしく思いました。  現西日本代表 Ms. Maril Leona D. Nepomuceno が、「現在こうして日本からの観光客や語学留学が増え、両国間が良好な関係にあるのは、お二人が種を蒔いてくださっていたのが実を結んだということ。 花が咲いた今、お二人のおかげで私としては任務が大変務めやすい、お二人に感謝している。」 と述べられたのが印象的でした。

 

* * *


【カクテルレセプション】


business mission 08

いよいよお待ちかね、カクテルレセプション。  在大阪ー神戸フィリピン領事館総領事 Ms. Maria Teresa L. Taguiang も祝辞を携えてご参加。 そして、フィリピン観光推進局 次官補 Mr. Arturo P. Boncato Jr. の掛け声と共に「乾杯!」





business mission 09

ミニショーエンタティーメントのはじまり〜




business mission 10

スタッフさん、客席もノリノリかと思っていたら



スタッフさん、ステージに登場。

business mission 11

これもこの日のお仕事の一部だったのですね。

これまでは本国からミュージシャンが招かれていましたが、今回は日本在住のPさん達が、エンターティナ―に。 歌や踊りにかけてはP国人には朝飯前。 プロでもあってもなくても、この分野においては誰もがそつなくこなします。 当然観客側も、音楽がなれば自然に体が動く・・・のですが、新任西日本代表までもがステージ前で踊りだしたのには、ビックリしました。 メディアブリーフィングの時から気さくな方だとは感じていましたが、ここまで庶民的だったとは。 今後、彼女の采配下で企画される観光省西日本の活動が楽しみです。



あ、ノリノリにつられて、お料理が後になってしまいました。

business mission 12

 上左: Kilawin (魚の酢〆) P版セビーチェってとこでしょうか。
 上右: Ukoy (P版かき揚げ)、スウィートチリソース添え。
 下左: Bistek Tagalog (フィリピン風ビーフステーキ)
 下中: Sinigang (酸っぱいスープ) 何故かオクラばっかり。w
 下右: Pansit (フィリピン風焼きそば) でも日本風な味付けだったような。
 




business mission 13

 上左: 鶏胸肉のヴァプール。ピーナッツ風味のバナナソースかけ、だそうです。 
     (P料理ではありません)残念ながらチキンは食べられないので、お味は不明。
 上中: キャラメルスウィートポテト・Pandan(ニオイアダン)風味。
 上右: Adobo (国民的代表料理)それっぽく見えないけどね。 (^ ^;
 下左: Leche Flan (P版カスタードプディング)話題のココナッツをトッピング。
 下右: Fruit Salad (ナタデココ入りデザート) サラダではありません。

これで全てではありません。 P国らしいお料理、P国特産品を食材としたお料理をピックアップしました。





本国から来訪された官民合同の代表団の皆さんで記念撮影

business mission 14

お疲れ様でした。 来年もお待ちしています。


(・・・ 続く ・・・)





* * * * *


にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ フィリピン旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

本日も "ポチッ" よろしくお願いします。 m(_ _)m




世界の家庭料理レシピサイト タベラッテ


↑ フィリピン料理モドキや、フィリピン食材を使ったレシピを投稿


  
Posted by harana at 20:05Comments(0)

May 29, 2015

◇摩訶不思議な PAL (フィリピン航空) のコードシェア便


pr408-4


*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

久々にフィリピンに行っていました。



往路 PR407便 KIX - MANILA

pr407-1

えっ??????????

チェックインカウンターの表示に (*_*)

PR407 NH5329 って何よ!?

ANA (NH) が羽田―マニラ便を就航しているのは知っていましたが、これってどう見てもコードシェア便 (共同運航)扱いの表示じゃない?
予約する時には気づかなかったけど。

ANA (NH) はスターアライアンスメンバーなので、ANA で予約すれば同じスターアライアンスのタイ航空のマイレージになるかも! それならラッキー、とチェックイン中にグランドスタッフに聞いていました。
 「ANA との共同運航なのですか?」
 「そうです。 ANA マイレージクラブが使えます。」
 「スターアライアンスのマイレージはどうですか?」
 「PAL の Mabuhay か、 ANA マイレージ だけです。」

なーんだ。じゃ Mabuhay マイレージでいいや。

更に質問してみました。
 「いつから共同運航になったのですか?」
 「もう随分前からです。」
 「随分前っていつ頃ですか?」
 「・・・、2,3年前です。」

そんなはずはない!!!  まぁ、いいや。




* * *

満席でした。 機内食はまたノーチョイスかも (詳しくは →


pr407-2

いえいえ、「ビーフ or フィッシュ?」 

前列までまだCAの声が続いていました。



pr407-3

無事 「フィッシュ」 を選択することができました。 ホッ。 (*^_^*)



* * * * *



復路 PR408 MANILA - KIX

pr408-1

チェックインカウンターにはNH の表示無し。 

ってことはこの便は共同運航ではないの?




pal

出発まで、最近やっと簡単になった WIFI にアクセスしていると、出発便のアナウンス。 確かに NHxxxx 便 と言ってるような。 (後で調べたら NH5330)
でも出発ゲートの表示は PR のみ。 (NH で予約した人、お気の毒〜。 わかりずらいよ、これでは)

まぁ、いいや。



* * *


信じられないことに、時間通りに搭乗開始。

またもや満席 → またノーチョイスなのか?

pr408-2

「ビーフ or チキン?」

何故だか 「チキン」と答える声が圧倒的。



pr408-3

無事ビーフをゲット、 味は別として。 (^ ^;



* * * * *


ところで ANA との共同運航便ですが、帰国してから調べてみました。 往路 PR407便との共同運航便 NH5329 でググると確かにヒットしました。 「全日空 NH5329便(コードシェア便:フィリピン航空)は、関西(大阪) - マニラ区間で運航されているフライトです。」 と記載があります。


ところが、ANA の国際線予約サイトで KIX - MANILA を検索すると、

ANA

KIX からの直行便はヒットせず、羽田経由!? 

  NH094 07:00 大阪(関西) - 08:10 東京(羽田)
  NH869 09:55 東京(羽田) - 13:30 マニラ

  NH870 14:35 マニラ - 19:55 東京(羽田)
  NH3829 21:30 東京(羽田) - 22:45 大阪(関西)

すべて自社便(国内線NH3829 を除く) でヒットするようなシステム???


でも ANA マイレージクラブの 「提携航空会社一覧(マイレージ提携)」 というページには、確かに 「フィリピン航空」 の名前がありました。 (「※提携開始:2014年10月26日〜」 の記載も)

ANA にしても、 PAL にしても、共同運航をあまり表だってアピールしていない様子。 これって意味あるの???

まぁ、いいや、どうでも。 今回は往復共に機内食が「ノー・チョイス」ではなかったことだけでも、めでたし、めでたし。

現地での報告は、また後日・・・



* * * * *


にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ フィリピン旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

本日も "ポチッ" よろしくお願いします。 m(_ _)m




世界の家庭料理レシピサイト タベラッテ


↑ フィリピン料理モドキや、フィリピン食材を使ったレシピを投稿





  
Posted by harana at 11:28Comments(0)

November 18, 2014

◇フィリピン・マニラのホット・スポット 2014/10


ucc1


*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*


《 ◇フィリピン・マニラで晩ごはん - 3日目・ピザ 》 でアップした カスタムピザの Project Pie は、マニラに7店舗あるうちの Macapagal Ave. 店。 Blue Bay Walk 内にあります。



Blue Bay Walk のパーキングからは、

bluebaywalk 1

"UCC"、"Yamato Bakery Cafe"、"Mitsuyado Seimen"、3軒連続で日本名!?

ピザの後、お茶する場所を探してウロウロ。 さっきの Yamato Bakery Cafe を覗いてみると、店内で左側の UCC につながっていました。 あとでわかったことですが、どうやらこの3軒は同じ系列 (オーナー?) のようです。



流れのまま UCC に吸い込まれ

ucc7

結局 ここでお茶することに。




ucc2

飲み物と P チャンのデザートを選び、2階席へ。




ucc3

無機質&ナチュラルウッドの落ち着いた雰囲気。 やけに壁が時計柄で埋め尽くされていると思ったら、ここはただの UCC Coffee ではなくて、UCC Clockwork というブランド(?)名らしいです。 (あと UCC Vienna Cafe やら UCC Cafe Terrace やら、コンセプトの違うショップがいくつかあるけど、どう違うのかはちょっと? です。)





ucc4

1階を見下ろしてみても、洒落た造りであることには間違いない。




ucc5

P チャンがオーダーした抹茶味の Sans Rival 登場

近頃来日する外国人のお土産として、ダントツ売れているのは Kit Kat をはじめとする抹茶風味のお菓子だとか。 P国でも抹茶はかなり人気。

あ、ちなみに Sans Rival (サン・リバル) とは、メレンゲに砕いたカシューナッツを混ぜてオーブンでシート状に焼いたものと、濃厚なバタークリームを何層にも重ね、トッピングにもカシューを散りばめたフィリピンでは伝統的な定番スウィーツのひとつ。 直訳すれば、「無敵」。 他の追随をゆるさないほどの逸品ってこと。 (こちらこちら にも登場しました。)





ucc6

ビーカーを器として利用する (このままトレイに乗って、グラスのカップと一緒にでてくる。) とか、流行りのプレゼンテーションをかなり意識している様子。

インテリア然り、外見には気合がはいっているのはよくわかるけど、はっきり言ってオペーレーションが・・・・なのが残念。 あまりにも・・・・な数場面を目の当たりにしてしまって、(P友たちも)ドン引き。  開店したばかりだからっていうのならまだわからないでもないけど、どうもそういう問題じゃなかったよな。 日本企業も名前を使わせるなら、名に恥じないように、マニュアル込みじゃないとマズイよ。 既にマニュアル込みであるのなら、実行されているかどうか監督しておかないと、ああいうことになっちゃうよ。




ucc8

開店のお花。 マジ開店5日目だったらしいけど。


* * *


ところで、 Blue Bay Walk というホットスポットは、EDSA 終点からMOA (Mall of Asia) に向って Roxas Blvd. を越えた右側に位置しています。 



bluebaywalk 7

Roxas Blvd. を越えると MOA のシンボルが見えています。

え、見えない? 


bluebaywalk 8

では拡大図をどうぞ。




famima

近くには、P国で増殖中のファミマもあります。




bluebaywalk 3

この辺り一帯は、Metropolitan Park という名で開発されているようです。





bluebaywalk 4

M看板があるのが、Macapagal Ave. 
その手前右側が Blue Bay Walk の敷地。




bluebaywalk 9

翌日も花輪が新開店を物語っていました。





bluebaywalk 5

レストラン群の裏側には、ショップ通り。 




bluebaywalk 6

そのまた裏側は、解放感のある空間。

BGC の High Street のイメージが頭をよぎりました。 



しかしまあ、よくこれだけ次から次へと開発が進むものですね。 特にこの辺りベイエリアの開発は目を見張るものがあります。 町中あっちもこっちも道路と施設の工事中だらけ。  P国の建設ラッシュは、とどまるところを知らないようです。






* * * * *



にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ フィリピン旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

本日も "ポチッ" よろしくお願いします。 m(_ _)m




世界の家庭料理レシピサイト タベラッテ


↑ フィリピン料理モドキや、フィリピン食材を使ったレシピを投稿





  
Posted by harana at 13:43Comments(0)